へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

富士閉山に思う

image

9月10日で富士山も閉山となり、11日にお世話になった登山靴をしまいました。


9年前に囃子奉納登山で膝を痛め登山からは遠ざかっていたものですが、申年小縁年の昨年は奥宮の大修復が完成し奉告祭などが盛大に行われ、体調も整ったので3回登り合計10日間滞在しました。

平成23年の西臼塚付近を震源とする地震で奥宮が大きく損傷したため、5年がかりで修復工事が行われたものです。

PNTX8224-800

2016.7.27竣功奉告祭が行われました。



PNTX7686-800

2016.7.19竣功奉告祭の前週に奥宮前の標柱が設置されました。



PNTX9037-2-800

2016.8.9に申年で建て替えられた岩淵鳥居講の鳥居です。



PNTX9195-2-800

滞在最終日未明の満月明けの山頂夜景です。
月明かりで山頂風景も見え、星は明るい星のみが見えましたが星座は逆に判りやすかったです。
遠くの街灯りはまだ消えず、東の空には夜明けの兆しが。



PNTX9248-800

そして御来光です。



PNTX9263-800

目を月に転じれば、朝陽を浴びた剣が峰の横に沈む満月と影富士が。


平成28年富士山頂滞在写真日記総目次からこの年の写真が御覧になれます。

この年は様々な光景を見せていただきましたが、まだ満天の星や登山者のライトなど撮れなかった物があります。そして山頂から我が家は写真で見えるほどに撮れるのか、という実験もやり残していました。




そして今年平成29年の登山期を迎えました。

PNTX6070-800

7月10日富士山開山



今年は奥宮前の鳥居が新調され、渡り初めが行われたのでこれを取材しました。
PNTX8476-800

7月21日神事の後、渡り初めに先駆けテープカット。



PNTX8479-800

宮司を先頭に鳥居をくぐります。



PNTX8419-800

これは7月20日渡り初め前夜の星空です。



8月15日の例祭は天候も悪く登山を断念。

そして閉山が迫る終盤の9月3日から5日までお邪魔しました。


PNTX9749-800

9月3日に九合目で遭遇したブロッケン現象です。



PNTX9781-1-800

9月4日に馬の背下から望遠で撮影した浅間大社周辺です。
富士宮市中央図書館と富士宮市民文化会館にはさまれた中央あたりに、我が家が見つかりました。



PNTX9873-800

9月5日久須志神社前から見た登山者の灯りです。


PNTX9885-800

9月5日久須志神社前から見た星と街灯りです。



それなりに収穫はあった物の、体調がすぐれず慌ただしく下山した事が残念でした。

来年こそ撮りたいものは、大内院(富士山頂上火口)に現れた御来迎と呼べるブロッケン現象、漆黒の闇夜の満天の星、より高解像の郷土の町並み、虹、月明かりの夜景等々。


課題は機材に負けぬ体力作りですね。

山頂の夜は氷点下

昨年9月にも登るつもりでしたが、所用があったり足を捻挫したりで中止となりました。
今年8月15日前後の例祭の頃は天候がすぐれずあきらめたので、シーズン末期の9月に登りました。

山頂の神主さんからfacebookに山頂冷え込みの書き込みがあり、9月の冷え込みは承知していましたがこうして氷やつららを見ると実感します。


PNTX9771-800

9月4日朝、浅間大社奥宮隣のこのしろ池が結氷していました。
けっこうしっかりと凍っている感じ。


PNTX9770-800

登山客がおそるおそる乗ってみたり割ったりしたのがこれ。



PNTX9774-800

この霜柱は三島ヶ岳下の道路脇にありました。溶け始めであまりきれいではありません。



PNTX9798-800

つららもあちこちに見られます。
夏場水滴が滴っていたところは、みな氷柱です。


この時期になると山室ももう仕舞い支度で、食事の提供を終えていたり休憩スペースを撤去したりしていました。

日暮れ頃この年寄りが一人でよたよたと山頂を目指していると、山室関係者でしょうか心配して声をかけてくれました。
「泊まるところは決まってますか?」と。
確かに夜になれば日照もなく夜風に身は凍えます。
たどり着いたところで泊まるところがなければ、凍えてしまいます。
幸い事前に連絡を取り泊まるところは確保してありましたので、陽の落ちる頃でも暗くなってからでも何の心配もありませんでした。

しかし体一つでも苦しいのが登山。
衣料に撮影機器まで背負い込むと、年寄りには負荷が大きすぎました。
明るいうちに到着しようと出発を早めた物の、着いたのは街灯りが輝く頃。
灯りがとても心強く思えました。

2泊3日の滞在(登り下りでほぼ2日)お邪魔させていただきましたが、お世話になった皆さんにはただただ感謝申し上げます。
ありがとうございました。

富士山頂から我が家が撮れた!!

昨年の投稿で富士山頂から我が家は見える?と言うのがありました。


こんなにはっきりと見えるなら、天気が良い日に富士山頂から望遠レンズで撮影すれば我が家が写せるのでは無いかというもの。



そして、富士山頂の鳥居が見えたでは、浅間大社祈祷殿前から撮った写真に山頂の鳥居が写った事を書きました。

これです。
この鳥居なら家より多少小さいくらい。テレコンバーターで望遠レンズをさらに拡大すれば、我が家が写りそうです。



そして今年9月4日に富士山頂馬の背から撮影したものがこれ。
デジタル一眼カメラに70〜300丱此璽爛譽鵐此△海譴2xのテレコンバータを使用しました。

PNTX9781-1-800

我が家のあたりが画面中心になるように撮影したものです。
青白く霞んでいた物をアプリで軽減させ色を整えました。
ところが写っているはずなのに今ひとつ明瞭でないもどかしさがあります。
高所から見たイメージが、うまく湧きません。



屋根より

そこで思い出したのがこの写真です。
天気の良い日に屋根から写したもので、近所の建物も写っています。
富士山に向けてたどってみると、歯科医院の屋根越しに富士山が見られます。



我が家

そうか、これだったんだ。
図書館と歯科医院の位置から、ようやく我が家が割り出せました。
赤丸で囲んだのが我が家の二階部分です。



PNTX2291-800

そしてこれが、赤い点で示した場所から撮った写真です。
富士山が意外と間近に見えるでしょう。
晴れた日には山肌の色まで見えて、撮影の意外な穴場です。



今年の富士登山は体調不良などで、思ったほどの成果は上げられませんでした。
でも、こうして富士山頂から我が家も写す事が出来たので、良しとしましょう。


富士山頂夜明け前

昨年撮れなかった富士吉田口登山者の灯りを狙うべく、早朝より起き出しました。

PNTX9874-800

蛇行する登山道をざわめきながら光が登ってきます。


PNTX9876-800

登山シーズン終期とは言え、おびただしい数に圧倒されます。


PNTX9880-800

登山者の灯りと街灯りです。


PNTX9885-800

ふと見上げれば空にはオリオン、久須志神社前に到達した登山者は静かに御来光を待ちます。

御来迎(ブロッケン現象)に遭遇

9月3日今年2度目の富士登山で富士宮口から登りました。
支度で前夜11時までかかり、睡眠は3-4時間。
ただでさえ体力が無いところに寝不足は体に応えました。

閉山まで残り1週間となり各山室も閉山準備を始めています。

PNTX9710-800

新七合目少し上から見上げた物で、上辺に見えるのが八合目の境内地を示す鳥居と衛生センター、八合目の山室で、一段下がったところが元祖七合目です。



PNTX9712-800

元祖七合目に着いてみると、下から見上げた時に見えていた休憩用の椅子はもう撤去されていました。
この室では食事の提供も終わり、着々と閉山準備が進んでいるようです。



九合目の山室に近づいた時、東側に滞留したガスを見つめる人たちが居ました。
「ブロッケン現象ですか?」
下りてきた人に聞くと
「はい、良いものが見られました。」
嬉しそうにと答えてくれました。

九合目に到着しガスはと見れば、寄せては引きを繰り返しているようです。
幸い背側には太陽があり、待っていれば見られそうでしたのでしばらく待ちました。

PNTX9736-800

ガスが押し寄せ、そこに私の影が写ったところです。
影の周りに虹色が輝いています。



PNTX9741-2-800

手を振れば影も動き、何者かが反応しているかのようです。
その神々しさゆえに、信心深い人の眼には虹色の光背を背負った神仏の出現と思われたのでしょう。



PNTX9749-800

昔の信仰登山では、山頂火口に向けて祈り賽銭を投げました。
その祈りの場にこの様な光が現れれば、その感動は喩えようもありません。



PNTX7823-640s

これは昨年7月に登った初日の夕刻、剣が峰を見ていた時の光景です。
剣が峰を越えてきたガスに夕陽があたり、手前のガスに稜線の影が写っています。
こんな時にあの稜線に自分が居たら火口側にこの御来迎を見る事が出来たのではないでしょうか。

何度もお鉢を巡っていれば、いつかはそんな事にも出会えるかも知れませんね。

幻の池 トンボの秋

PNTX9667-800

昨日ベタ基礎の立ち上がり部分のコンクリート打ちが終わりました。
夜雨が降ったので、基礎の中はまるで池のようです。



PNTX9674-800

おまけに、猫の足跡が見つかりました。
建物が出来れば隠れるところではありますが、ちょっと残念。



PNTX9675-800

メダカの水槽もかなり水位が上がっていました。溢れなくて良かったです。



PNTX9682-800

基礎のたまり水を池と間違えてか赤とんぼが連結飛行で水面を叩いています。



PNTX9684-800

産卵行動なんですが、この型枠が外れれば穴から水が流れ出て干上がってしまう、言わば幻の池なんです。

以前、餌となる生き物もいないような小砂利だけ入った睡蓮鉢で翌春に見たらヤゴが数匹育っていた事がありました。何食べて活きてきたのかと不思議でしたが、舞い込んだ落ち葉が水中で腐っていくのを餌にケンミジンコが繁殖していました。ほんとに小さな生き物ですが、他に餌となるような物も見当たりませんので、これを捕食してヤゴが育ったのかと思いました。
強い物ですね。



PNTX9685-800

今年は赤とんぼが多いのでは?という声を聞きましたが、そう言われればいつもの年より目につくみたいです。



とんぼ1

先日の浅間大社です。部分拡大して見るとこんな所にもトンボが飛んでいました。

軽井沢にて

姪の結婚式が軽井沢で行われ、その晩は軽井沢で一泊しました。

PNTX9444-800

朝食前に宿舎の周りを散歩しようと出てみると、濃霧に覆われています。
やむなく引き返しました。


朝食の頃は雨、次いでの軽井沢観光が危ぶまれます。
それでも1時間後のチェックアウトには、薄日も射し予報も晴れを告げています。
とりあえず軽井沢駅までタクシーで移動すると、あちこちに警官の姿が見えるので何かあるのかと思っていました。


PNTX9448-800

軽井沢駅で兄弟三夫婦揃って記念撮影。


PNTX9451-800

駅から旧軽井沢まで徒歩で移動中に見かけた、公衆トイレです。
さすが洒落ています。

なおも歩いて行くと、通り反対側の奥に続く道に人だかりがしています。
何かあるのかと立ち止まって見ていると、私服の警察官から声をかけられました。
身分証を提示して「観光ですか?」と聞かれたので、「はい」と答え、通り反対側の人だかりについて聞いてみると、あと15分ほどで天皇陛下ご夫妻が通られるのでそれを待っている人たちだとの事。
御覧になるならあそこなら車も速度を落として通過するというので、こんな機会は一生のうちに一回あるかないかだと皆で移動して待つ事にしました。

警備の警察官から色々と注意がありました。
押し合わない事、後ろの人も見られるように前の人は屈んで手を振る時は他の人の邪魔にならぬよう顔の横で小さく、写真は撮ってもかまわないとのこと。


PNTX9452-800

注意と一緒に説明があって、通過3分前には車の前に「3」と貼られたパトカーが通るとの事。
これがその3分前を告げる車です。


PNTX9454-800

1分前の車。


PNTX9457-800s

そして前後をガードされた車で、天皇陛下ご夫妻がお通りになりました。
天皇陛下はにこやかに手を振っていらっしゃいましたが、皇后陛下のお姿は反対側なので見えませんでした。


PNTX9461-800

そして旧軽井沢銀座通りをそれぞれ分かれて見物です。


PNTX9462-800

入口近くが特に混雑していました。


PNTX9470-800

このバスも良い感じ。


PNTX9471-800

銀座通りを戻ります。


PNTX9472-800

創業112年の写真店。我が佐野写真館より7年早くから営業されているようです。
軽井沢の昔の写真を店頭に多数展示されていました。
何でも庭で記念撮影をして貰えるのだとか。
観光地では、そう言ったお客様もけっこうあるのでしょうか。

我が店は105年目でスタジオを閉じましたが、歴史ある写真店にはぜひ頑張って欲しいものです。

その後合流して一緒に昼食をとり、帰途につきました。
東京駅で弟夫婦と別れ、新富士駅で姉夫婦と別れ、新幹線の連絡も良かったので夕刻5時半に帰宅。
姉に勧められ直前に入ったジパング倶楽部で電車料金も割引され、姪の結婚のおかげで良い夏休みが出来ました。

このポーズ?

百日紅の下を通りかかったら、散った白い花びらが蜘蛛の糸に引っかかっているように風に揺られています。じわじわと動くのをよく見ると、それは蜘蛛の糸をたぐっている白い蜘蛛でした。
カメラを撮って戻ると、蜘蛛はポリバケツの内壁に糸で貼り付き休んでいる様子。

PNTX9112-2-800

この白い蜘蛛の名前を知ろうと検索したところ、アズチグモだと判りました。

=Wikipedia=より
アヅチグモ(安土蜘蛛、Thomisus labefactus)は クモの一種、カニグモ科アヅチグモ属に属し、日本国内の同科の中では比較的大きい。 斑紋には変異があるが全体に真っ白なのが目を引く。また、とんがり眼鏡をかけたような眼域は特徴的である。
時に珍しがられるが、野外の植物の上に住み、それほど珍しいわけではない。

とのこと。

なんだか見たようなポーズだと思ったら、これでした。

PNTX4140-640

平成27年2月3日の鶴竜関の土俵入り奉納です。

新鳥居見に富士登山(富士宮口登山道)2017.7.20

新たな鳥居の渡り初めが21日に行われるというのを聞き、昨年撮れなかった山頂の星空と新鳥居を見に登りました。


PNTX8352+800

先ずは新五合目で1時間ほど散策して、体を馴らします。
ここから見た、富士山麓のわが郷土富士宮市です。
画面中央に見える白い大きな建物群2つは、医療機器メーカーの建物。
左側の建物群上にある森が、どうやら浅間大社の森のようです。
その森の右寄り上側に中央図書館と市民文化会館、我が家はその間にあります。
残念ながら、レンズがもっと望遠でないと形までは判りませんね。




2017-07-27-22-11-20

五合目売店の所で富士山保全協力金を投函し、領収書と小冊子と缶バッジを貰いました。



PNTX8361-800

富士宮口の登り始め地点は標高2,400mです。
平成29年7月20日午前7時23分



IMG_6587-800

六合目到着は、7月20日午前7時53分で所要時間は30分でした。



2017-07-27-22-09-39

小冊子の行程表によれば、この間は20分となっているので私の場合は1.5倍時間がかかっているようです。小冊子の表によれば、全行程休みなしで4時間20分かかるとのこと。5割増しだと6時間30分、6個所で休憩を10分ずつ取ると7時間30分ですか。昨年は新七合目から雨に降られて10時間でしたっけ。
昨年より少しでも短縮したいと思いながら、登りました。



IMG_6588-800

新七合目到着は7月20日午前10時01分
六合目からは2時間8分かかりました。行程表だと60分だから倍の時間がかかってます。
これは前途多難です。



IMG_6590-800

標高3,000メートル地点
元祖七合目まであと標高で10メートルです。
7月20日午後12時05分



IMG_6591-800

元祖七合目は7月20日午後12時15分
新七合目からは2時間14分かかりました。行程表だと50分だから3倍近い時間がかかってます。
ここの親父さんは消防団時代の顔見知りなので、会えるかと思ったら残念!就寝中でした。
少し休憩してトイレを借りました。出発は12時30分頃かな。



IMG_6592-800

八合目は7月20日午後14時07分
元祖七合目からは1時間37分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍近い時間がかかってます。



IMG_6593-800

八合目少し上で八合目を振り返ると、山室のスタッフに付き添われて登る91歳の老婦人が見えました。今日は九合目泊まりだそうです。この日はご高齢の登山者を何人も見かけましたが、91歳は中でも最高齢じゃなかったかな。
7月20日午後14時22分



IMG_6594-800

九合目は7月20日午後15時52分
八合目からは1時間45分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍以上の時間がかかっています。
八合目も九合目も、山室直前の登りがきつくて何度も休みましたからその所為でしょうか。



IMG_6595-800

九合五勺は7月20日午後17時02分
九合目からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。



IMG_6597-800

山頂手前で見上げると、同じ釜の飯を食ったかつての消防団仲間が待っていてくれました。
彼は、登山シーズンには毎年仕事で登っています。
7月20日午後18時07分



PNTX8394-800

富士宮口山頂奥宮に到着。渡り初め前のまっさらな鳥居が迎えてくれました。
7月20日午後18時12分
九合五勺からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。
登り初めからは10時間49分と昨年雨の中を登った時より49分も時間がかかりました。
天気は良かったのに時間はかえって余分にかかってしまいました。
荷物の重さも昨年とそんなには変わっていないと思いますので、リュックを背負ってのトレーニングが足りなかったのでしょうか。


この時間になると他に登る人はありません。
宿泊所の山室では17時にはもう夕食となり、19時には消灯就寝となります。
16時頃には到着していないと宿泊さえ出来ない場合があります。

私の場合山室でないところにお邪魔させていただいたので、迷惑をおかけしますが予め遅くなる事の了解を得ていました。それでなければ、9合目で宿泊するくらいが妥当だったでしょうね。

その夜は晴れ、多くの星を見る事が出来ました。
その星空は、またあらためてご紹介します。

富士山に登ります

PTX50752-800

昨年の思い出深い富士登山では登り始めたのが、写真のデータでは7月26日の7:25となっています。


PTX50766-800

途中から雨に降られ、雨合羽を着て慎重に登り、富士宮口頂上にたどり着いたのがデータによれば17:25の事でした。丁度10時間です。
そこで待っていてくれた鳥居を見て、ホッとしたのが忘れられません。



NKN_4503-800

この星霜を経た鳥居が、今年建て替えられました。
昨年は東日本大震災で傷んだ山頂奥宮の大改修が完成しましたが、鳥居はまだ古いまま残されました。



IMGP8208-800

(写真=NHKニュースより)
それが今年76年ぶりに建て替えられ、ニュースで報じられました。



IMGP8213-800

(写真=NHKニュースより)
この鳥居に会いに行きます。
ちょっと慌ただしいのですが、20日に登る事になりました。
また1日がかりで登り、鳥居に挨拶して翌21日に下りてきます。

出来れば所要時間の短縮もしたいものですし、好天ならば鳥居と星空の2ショットも狙いたいもの。
軟弱者ですので、こうして宣言でもしなければずるずると登る機会を失いかねません。
老骨に鞭打って、頑張ります。

18日夜の雷雨が梅雨明けの知らせなら、梅雨明け十日は好天と言いますから丁度よいのですが。













記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ