へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

大丈夫か?ヤモリ

生まれた時からここ富士宮市に住んでいます。
でも子供時代からヤモリを見た記憶はありませんでした。

初めてヤモリを見たのは平成13年、我が家と地続きの叔母の居宅でした。
この年に癌で亡くなり、仕事場を東京に持ちっていたので荷物をこちらに運び整理していたときのことです。南のガラス戸にトカゲのような影が見え、近寄ると指先の太い独特なシルエットでヤモリと判りました。あっという間に姿を消したので写真も残ってはいませんが、あの姿は脳裏に焼き付いています。
 その後も何度か姿を見たり、猫に狩られた死骸なども目にしましたが、はっきりとした写真を撮れたのは平成26年7月5日の事でした。
イメージ 4





イメージ 1
そしてこれが今年姿を見せたヤモリです。
少し小さく、網戸の内側に止まっていました。


イメージ 2
これは網戸の外側から撮影したもので、ヤモリの腹側が網越しに見えます。


イメージ 3
ガラス戸を開けてカーテンだけにしたり、網戸をずらして出られるように模してみたのですが、それから4日間この網戸に居て外に出られないのではと心配になりました。
このままだと飢えて乾涸らびるのではと思い、上から追って下でノートで受け、室外にそっと放しました。今日は多少気温も上がり、動作も機敏に動けたみたいです。

それからちょっと珍しい事が起きました。
蚊柱を作るような小さな羽虫の大群が庭を覆い、体や服、洗濯物にまでにまとい付きました。
刺すわけではないのですが、強く払えばつぶれるしちょっと煩わしいやつです。

4日間の断食で空腹となったヤモリが、まさか呼び寄せたわけではないでしょうが・・・。


富士宮まつりのお知らせ

11月3日から5日にかけて行われる富士宮まつり公式サイトが更新されました

イメージ 1
平成29年富士宮まつりのポスターです


イメージ 4
平成27年11月4日富士宮まつり

 静岡県富士宮市で毎年11月3日から5日まで行われる富士宮まつりは、富士山を神体山、コノハナサクヤヒメノミコトを御祭神と祀る富士山本宮浅間大社の秋季例祭に、氏子町内が富士宮囃子を囃しながら山車屋台を曳き廻すお祭りです。


イメージ 6
平成25年11月3日富士宮まつり宮参り
浅間大社境内に祭典実施区が参集し、豊年の感謝と祭典の無事を祈念します。

イメージ 5
平成27年11月4日本宮
浅間大社周辺に山車屋台を集結し、式典の後会場内各所にて競り合いや踊りの競演を繰り広げます。








=参考リンク=
まつり見学の参考にして下さい。

平成29年鹿沼秋まつり見学報告「ぶっつけ」

イメージ 1
揃い曳きを見た後、市内を見て歩きました。
歴史を感じる某町内会所です。

食事を取り、しばし休憩。


イメージ 2
そして夕刻、「ぶっつけ」が行われる会場へ。




イメージ 3
揃い曳きを見た、石橋町交差点には7台の屋台が整列して開始を待っていました。


イメージ 4
照明に彫刻が映えます。

イメージ 5
「ぶっつけ」が終わり、打ち上げ花火が上がりました。


平成29年鹿沼秋まつり見学報告「揃い曳き」

平成29年10月8日に富士宮まつり青年協議会の研修会に参加して、鹿沼秋まつりを見てきましたので御報告します。


平成29年鹿沼秋まつり揃い曳き
到着し、先ずは屋台が曳き回されている石橋町交差点で、次々にやってくる屋台を見ていました。
これが「屋台揃い曳き」だそうです。

イメージ 1
びっしりと彫刻で飾られた屋台が行き交います。


イメージ 2
屋台屋根前面に横に並ぶ女子の屋根方


イメージ 3
屋台屋根に縦に並ぶ男性屋根方


彫刻で飾り立てられた屋台は、日光東照宮に近いという土地柄からでしょうか。


イメージ 4
お囃子で地元富士宮市との違いは、曲の違いはもちろんの事ですが長胴太鼓が左端だということ。富士宮では右端です。そしてほとんどが立って囃しています。
囃子の位置が屋台の中央で、囃子方の顔が見えない事。

参考までに地元富士宮ばやしではこうなります。
イメージ 5
囃子の位置は山車や屋台の前面で長胴太鼓は右側、笛と鉦以外は例外なく座って囃します。

似た感じのお囃子も聴かれましたが、所変われば囃子も変わるもののようです。

平成28・29年富士山頂写真レポート総目次

平成29年富士山頂滞在レポート目次

NKN_4502-800
年輪 - 富士山頂鳥居建て替え 2017.7.11
76年の歳月と風雪に削られた奥宮の鳥居が、建て替えられます。



IMGP8208-800

富士山に登ります 2017.7.19
テレビのニュースを見て、建て替えられた鳥居の渡り初めを取材に登る事にしました。



IMG_6597-800

新鳥居見に富士登山 2017.7.20
21日の新鳥居渡り初めを見に、20日に富士宮口から登りました。
各号目の室ごとに写真を撮り時間を割り出しましたが、足の弱い年寄りが写真機材を欲張って持っていったのでそれは時間がかかりました。



PNTX9749-800

御来迎(ブロッケン現象)に遭遇 2017.9.3
仕舞い支度の富士山に再度登りました。
九合目で遭遇したブロッケン現象の事です。



PNTX9880-800

富士山頂夜明け前 2017.9.5
昨年撮れなかった富士吉田口登山者の灯りを狙うべく、早朝より起き出しました。



我が家

富士山頂から我が家が撮れた
9月4日に富士山頂馬の背からデジタル一眼カメラに70〜300丱此璽爛譽鵐此△海譴2xのテレコンバータを使用しました。



PNTX9798-800

山頂の夜は氷点下 2017.9.9



image

富士閉山に思う 2017.9.12
昨年撮れなかった写真をいくつか撮る事が出来ましたが、まだやり残した事も多くあります。



= 写真アルバム =


PNTX9620-800
眺め(富士山と富士宮)
富士山からみた富士宮と富士宮から見た富士山



PNTX8476-800

富士山頂奥宮鳥居渡り初め



PNTX9765-800

平成29年富士登山終盤



PNTX8379-Pano800

富士山パノラマアルバム



PNTX9736-800

御来迎(ブロッケン現象)


PNTX9874-800

富士山頂夜明け前 2017.9.5




PNTX8419-800

富士山頂の星空 2017.7.20



======================================================================

以下は平成28年富士山頂レポートの総目次です。

富士山頂に滞在した10日間に撮影した写真と、ブログに投稿した記事へのリンク集です。

◎アルバムより(faccebook)

富士山頂にて 2016.7.19
 8年ぶりの富士山頂です。夕刻見た剣が峰の虹色のガスは、向こうから見ていたら御来迎に見えたんじゃ無いかな。

御来光から満月の出まで 2016.7.20
PNTX7999-Pano640

この日は満月だったので、朝は御来光を撮影し夕方には満月の出を撮影しました。

富士山頂上滞在3日目 2016.7.21

富士登山 2016.7.26
翌日の奥宮竣功奉告祭を取材するために、この日は自力で登りました。
五合目の看板から奥宮の鳥居まで丁度10時間はかかりすぎだけど、天気が悪くて荷物も重かったので足の弱い年寄りだから仕方ないかな。

奥宮竣功奉告祭 2016.7.27
PNTX8217-800



富士山頂奥宮・久須志神社例祭 2016.8.15
PNTX8596-800

山頂で行われる例祭に参列する役員さんに同行し、取材しました。
1時間遅れで行われる久須志神社までの移動が、なかなかきつかったです。

お鉢巡りと台風接近 2016.8.16
久須志神社から奥宮まで反時計回りにお鉢を移動。
台風が接近していましたが、下界がよく見えました。

台風去って 2016.8.17
今度は時計回りにお鉢巡り。夕刻月の出を待つも、ガスに覆われ断念。

山頂の峰と満月の出 2016.8.18
朝から三島岳、朝日岳周辺を廻りお鉢の峰を見回しました。夕刻満月の出を待ちましたが積乱雲が発達しガスも出て、一旦は引き上げたのですが、雲の中から満月が顔を出しました。
この状態では星空や夜景は望めそうも無い感じでしたが、夜中に目覚めるとなんと!!

滞在最終日初めての好天 2016.8.19
PNTX9195-2-800

山頂滞在最終日で、いよいよ下山するその日です。
前日の満月が昇る頃は、雷鳴が轟き雲も空を覆っていました。
だから正直あまり期待はしていませんでしたが、2時半頃目覚めると外は皎々と月明かりが照らしています。撮影機材のリュックを担いで飛び出しました。
月明かりがあるとは言え星も意外に見え、下界の街明かりもしっかりと見えました。
白み始めた空から御来光が昇るまで、そして満月が沈もうとする雲海に富士の影が映るのも見届けました。
最後の最後に濃縮された時間をプレゼントされた感じがします。
ただただ感謝申し上げます。

◎ブログより

・7月19〜21日と7月26〜27日の滞在について

浅間大社奥宮
PNTX7969-2-800

富士山の八合目以上を所有する浅間大社の奥宮は、夏の登山期間のみ開かれます。 拝殿と本殿の改修が3年がかりで行われました。竣工祭が7月27日に行われます。 白木のまぶしい奥宮にどうぞお参り下さい。

剣が峰
富士山最高地点で、富士山測候所のレーダードームがあったところです。 富士山レーダーは役目を終えドームはなくなりましたが、あのドームを懐かしむ声もよく聞きます。

御来光
早朝晴れていれば、雲海の上に昇る朝日を見る事が出来ます。 この感動を味わうために登る人も多いと聞きます。

お鉢巡り
富士山の火口の縁をまわります。 天気の良い日なら、短い時間で周囲の景色を楽しめます。 裾野で一周することを思えばこれもなかなか素敵です。

満月
わざわざ富士山で月の出を見ようとは、誰も思わないでしょうね。 7月20日の満月が昇るのを、今朝御来光を見た場所で一人待ちました。

竣功奉告祭その1
奥宮前

震災による損壊以前と全て解体しての大造営完了後でどう変わったかの比較です。

竣功奉告祭その2
明治以来百余年を経た富士山頂奥宮本殿以下全ての社殿を解体しての大造営が竣功しました。 竣功奉告祭当日の記録です。

鳥居
風雨にさらされ長い年月を経た鳥居、鬼気迫ります。


富士山頂では水が貴重です。

郵便局
来年には奥宮建物に戻るそうです。

公衆トイレ
山頂の公衆トイレをレポート。


雨の登山はなかなか辛いものです。条件が許せば天気の良い日に登りたいもの。


・8月15〜19日の滞在について

下山報告

お鉢からの眺め
PNTX8772-2-800

 下界が晴れていれば、2時間足らずのお鉢巡りで富士山周囲のさまざまな景色を楽しめます。

満月の富士山頂
 満月が照らす富士山頂の風景です。

富士山頂満月の星達
 月が無ければ星は数え切れないほど天を埋めるそうですが、月の夜でも明るい星はやっぱり見えています。

御来光 星空から日の出まで
 いつもと違うのは満月の夜だったこと。オリオンが昇る頃、東の空は白み始めきれいな御来光が昇りました。

富士山頂から我が家は見える?
PNTX8761-800

 上が白尾山、左がイオン、下がテルモで真ん中は浅間大社です。

富士山頂の愛すべき怪獣達

山頂の雲

鳥の目で見る富士山頂

月夜の富士登山

富士山頂火口周囲の峰々

剣が峰と馬の背
PNTX9087-800


浅間岳

三島岳

駒ヶ岳

朝日岳

白山岳

久須志岳

成就岳

伊豆岳

富士山頂に水音を聴く


本日閉山

天女が口づけた - 御来迎の裏側

富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21

富士山頂満月の徘徊 その2 2016.8.18-19



富士閉山に思う

image

9月10日で富士山も閉山となり、11日にお世話になった登山靴をしまいました。


9年前に囃子奉納登山で膝を痛め登山からは遠ざかっていたものですが、申年小縁年の昨年は奥宮の大修復が完成し奉告祭などが盛大に行われ、体調も整ったので3回登り合計10日間滞在しました。

平成23年の西臼塚付近を震源とする地震で奥宮が大きく損傷したため、5年がかりで修復工事が行われたものです。

PNTX8224-800

2016.7.27竣功奉告祭が行われました。



PNTX7686-800

2016.7.19竣功奉告祭の前週に奥宮前の標柱が設置されました。



PNTX9037-2-800

2016.8.9に申年で建て替えられた岩淵鳥居講の鳥居です。



PNTX9195-2-800

滞在最終日未明の満月明けの山頂夜景です。
月明かりで山頂風景も見え、星は明るい星のみが見えましたが星座は逆に判りやすかったです。
遠くの街灯りはまだ消えず、東の空には夜明けの兆しが。



PNTX9248-800

そして御来光です。



PNTX9263-800

目を月に転じれば、朝陽を浴びた剣が峰の横に沈む満月と影富士が。


平成28年富士山頂滞在写真日記総目次からこの年の写真が御覧になれます。

この年は様々な光景を見せていただきましたが、まだ満天の星や登山者のライトなど撮れなかった物があります。そして山頂から我が家は写真で見えるほどに撮れるのか、という実験もやり残していました。




そして今年平成29年の登山期を迎えました。

PNTX6070-800

7月10日富士山開山



今年は奥宮前の鳥居が新調され、渡り初めが行われたのでこれを取材しました。
PNTX8476-800

7月21日神事の後、渡り初めに先駆けテープカット。



PNTX8479-800

宮司を先頭に鳥居をくぐります。



PNTX8419-800

これは7月20日渡り初め前夜の星空です。



8月15日の例祭は天候も悪く登山を断念。

そして閉山が迫る終盤の9月3日から5日までお邪魔しました。


PNTX9749-800

9月3日に九合目で遭遇したブロッケン現象です。



PNTX9781-1-800

9月4日に馬の背下から望遠で撮影した浅間大社周辺です。
富士宮市中央図書館と富士宮市民文化会館にはさまれた中央あたりに、我が家が見つかりました。



PNTX9873-800

9月5日久須志神社前から見た登山者の灯りです。


PNTX9885-800

9月5日久須志神社前から見た星と街灯りです。



それなりに収穫はあった物の、体調がすぐれず慌ただしく下山した事が残念でした。

来年こそ撮りたいものは、大内院(富士山頂上火口)に現れた御来迎と呼べるブロッケン現象、漆黒の闇夜の満天の星、より高解像の郷土の町並み、虹、月明かりの夜景等々。


課題は機材に負けぬ体力作りですね。

山頂の夜は氷点下

昨年9月にも登るつもりでしたが、所用があったり足を捻挫したりで中止となりました。
今年8月15日前後の例祭の頃は天候がすぐれずあきらめたので、シーズン末期の9月に登りました。

山頂の神主さんからfacebookに山頂冷え込みの書き込みがあり、9月の冷え込みは承知していましたがこうして氷やつららを見ると実感します。


PNTX9771-800

9月4日朝、浅間大社奥宮隣のこのしろ池が結氷していました。
けっこうしっかりと凍っている感じ。


PNTX9770-800

登山客がおそるおそる乗ってみたり割ったりしたのがこれ。



PNTX9774-800

この霜柱は三島ヶ岳下の道路脇にありました。溶け始めであまりきれいではありません。



PNTX9798-800

つららもあちこちに見られます。
夏場水滴が滴っていたところは、みな氷柱です。


この時期になると山室ももう仕舞い支度で、食事の提供を終えていたり休憩スペースを撤去したりしていました。

日暮れ頃この年寄りが一人でよたよたと山頂を目指していると、山室関係者でしょうか心配して声をかけてくれました。
「泊まるところは決まってますか?」と。
確かに夜になれば日照もなく夜風に身は凍えます。
たどり着いたところで泊まるところがなければ、凍えてしまいます。
幸い事前に連絡を取り泊まるところは確保してありましたので、陽の落ちる頃でも暗くなってからでも何の心配もありませんでした。

しかし体一つでも苦しいのが登山。
衣料に撮影機器まで背負い込むと、年寄りには負荷が大きすぎました。
明るいうちに到着しようと出発を早めた物の、着いたのは街灯りが輝く頃。
灯りがとても心強く思えました。

2泊3日の滞在(登り下りでほぼ2日)お邪魔させていただきましたが、お世話になった皆さんにはただただ感謝申し上げます。
ありがとうございました。

富士山頂から我が家が撮れた!!

昨年の投稿で富士山頂から我が家は見える?と言うのがありました。


こんなにはっきりと見えるなら、天気が良い日に富士山頂から望遠レンズで撮影すれば我が家が写せるのでは無いかというもの。



そして、富士山頂の鳥居が見えたでは、浅間大社祈祷殿前から撮った写真に山頂の鳥居が写った事を書きました。

これです。
この鳥居なら家より多少小さいくらい。テレコンバーターで望遠レンズをさらに拡大すれば、我が家が写りそうです。



そして今年9月4日に富士山頂馬の背から撮影したものがこれ。
デジタル一眼カメラに70〜300丱此璽爛譽鵐此△海譴2xのテレコンバータを使用しました。

PNTX9781-1-800

我が家のあたりが画面中心になるように撮影したものです。
青白く霞んでいた物をアプリで軽減させ色を整えました。
ところが写っているはずなのに今ひとつ明瞭でないもどかしさがあります。
高所から見たイメージが、うまく湧きません。



屋根より

そこで思い出したのがこの写真です。
天気の良い日に屋根から写したもので、近所の建物も写っています。
富士山に向けてたどってみると、歯科医院の屋根越しに富士山が見られます。



我が家

そうか、これだったんだ。
図書館と歯科医院の位置から、ようやく我が家が割り出せました。
赤丸で囲んだのが我が家の二階部分です。



PNTX2291-800

そしてこれが、赤い点で示した場所から撮った写真です。
富士山が意外と間近に見えるでしょう。
晴れた日には山肌の色まで見えて、撮影の意外な穴場です。



今年の富士登山は体調不良などで、思ったほどの成果は上げられませんでした。
でも、こうして富士山頂から我が家も写す事が出来たので、良しとしましょう。


富士山頂夜明け前

昨年撮れなかった富士吉田口登山者の灯りを狙うべく、早朝より起き出しました。

PNTX9874-800

蛇行する登山道をざわめきながら光が登ってきます。


PNTX9876-800

登山シーズン終期とは言え、おびただしい数に圧倒されます。


PNTX9880-800

登山者の灯りと街灯りです。


PNTX9885-800

ふと見上げれば空にはオリオン、久須志神社前に到達した登山者は静かに御来光を待ちます。

御来迎(ブロッケン現象)に遭遇

9月3日今年2度目の富士登山で富士宮口から登りました。
支度で前夜11時までかかり、睡眠は3-4時間。
ただでさえ体力が無いところに寝不足は体に応えました。

閉山まで残り1週間となり各山室も閉山準備を始めています。

PNTX9710-800

新七合目少し上から見上げた物で、上辺に見えるのが八合目の境内地を示す鳥居と衛生センター、八合目の山室で、一段下がったところが元祖七合目です。



PNTX9712-800

元祖七合目に着いてみると、下から見上げた時に見えていた休憩用の椅子はもう撤去されていました。
この室では食事の提供も終わり、着々と閉山準備が進んでいるようです。



九合目の山室に近づいた時、東側に滞留したガスを見つめる人たちが居ました。
「ブロッケン現象ですか?」
下りてきた人に聞くと
「はい、良いものが見られました。」
嬉しそうにと答えてくれました。

九合目に到着しガスはと見れば、寄せては引きを繰り返しているようです。
幸い背側には太陽があり、待っていれば見られそうでしたのでしばらく待ちました。

PNTX9736-800

ガスが押し寄せ、そこに私の影が写ったところです。
影の周りに虹色が輝いています。



PNTX9741-2-800

手を振れば影も動き、何者かが反応しているかのようです。
その神々しさゆえに、信心深い人の眼には虹色の光背を背負った神仏の出現と思われたのでしょう。



PNTX9749-800

昔の信仰登山では、山頂火口に向けて祈り賽銭を投げました。
その祈りの場にこの様な光が現れれば、その感動は喩えようもありません。



PNTX7823-640s

これは昨年7月に登った初日の夕刻、剣が峰を見ていた時の光景です。
剣が峰を越えてきたガスに夕陽があたり、手前のガスに稜線の影が写っています。
こんな時にあの稜線に自分が居たら火口側にこの御来迎を見る事が出来たのではないでしょうか。

何度もお鉢を巡っていれば、いつかはそんな事にも出会えるかも知れませんね。


記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ