「Wikipedia 穢れ」 より抜粋

仏教、神道における観念の一つで、清浄ではない汚れて悪しき状態のことである。

精神的・観念的な汚れのこと。





「祭吉の山車祭り講座 第6回女人禁制」 より抜粋


古くは女性は穢れ(けがれ)ているとされ、清浄を重んじる神社の神事には遠ざけられてきました。

しかし本来、神道(神社の宗教)の考え方では女性だけを穢れとしたわけではありません。
穢れとは気枯れで、健康な状態を元気と言うように、本来あるべき気が枯れてしまった状態が穢れ(気枯れ)なわけです。







= 富士宮秋まつり 11月3-5日 すれ違う山車 =



つまり、穢れとは気が枯れること。



いわゆる血の穢れを嫌うという理由で、女人禁制などを守り伝えているなら、男子といえども怪我や病気による出血などがあれば当然排除されるべきだと思います。でも、男尊女卑思想からの女人禁制の場合には男性に都合よくルールが作られている可能性はありますね。



病気や身内の不幸なども「気枯れ」ですから、「ハレ」の祭りにはふさわしくないと言えます。



富士宮市では宗派にもよりますが、四十九日を葬儀当日に行うことが多いです。

そこには、古くからの浅間大社門前町としての特殊性があるのではないかと言う話を、葬儀社の方にお聞きしました。

服喪中には神社への出入りもひかえなければならず、それが長期にわたれば商売にも差し支える。そこで葬儀当日に四十九日の法要を行うことで、忌み明けとしたのではないかということでした。



その説で言えば、家人の不幸を理由に祭りに出るも出ないも、要は当人の気持ち次第ということになりますね。



日常とは違う特別な日が祝祭なのですから、悲しみを引きずり「ハレ」の日に水を差すような「気枯れた」精神状態だったらやはり出るべきではないでしょう。



故人が祭りを好きだったから出ることが供養だと言う方も居ます。

それなら、「気枯れ」を見せずに率先して祭りの場を盛り上げるのが良いのではないでしょうか。



参考リンク

ふじのみや美図


尾張の山車祭り

富士宮囃子と秋祭り