浅間大社青年会が発足したのが昭和49年1月。

発会当初は最年少会員だった私も、とうに定年を迎えて卒業し、会員も二世の時代となった。



今年35周年を迎え5月25日に記念式典が行われた。

浅間大社宮司あいさつ。

浅間大社青年会の名誉会長だ。







式典を終え記念講演に移る際に会場設営のため小休止があったので、窓から湧玉池を見ていたら蛇が池を泳いでいるのを発見。悠々と泳いで池北側の森に消えていった。

そういえば昨年の梅雨明けの日に境内を散策していたら、池の畔で涼んでいた人たちが蛇が泳いで森に渡ったと話していた。参集所前の小島では蛇の抜け殻がよく見られるらしい。なんでも2メートルぐらいあるとか。





富士常葉短大教授の山田先生の記念講演はなかなか興味深かった。

富士山周辺の生き物事情、魚のこと、蛍のこと、蝶のことなど。

ヒメボタルのデータを集めていらっしゃるとか。

昔のデータが見つかれば協力できるかも知れない。











浅間大社青年会の活動はなかなか充実している。



・新年の拍子木授与

・節分祭

流鏑馬祭

・湧玉池清掃

・お田植え祭奉仕

・その他燈回廊や浅間大社境内での催しに協力

・富士宮囃子の保存伝承



浅間大社青年会のページ







この夏35周年を記念して囃子奉納登山が計画されている。

30周年にも参加したので、今回も登るつもりだ。

年をとって5年前より足腰は確かに弱っているが、70才以上の高齢者登山の例も多い。充分な余裕を見て挑戦するつもりだ。



関連ページ

富士山頂の祭り囃子-3