紫外線を照射することで励起された光を発するものを蛍光物質と呼ぶのだそうで、鉱物にも蛍光性を持つものがいくつもあります。



以下は趣味で集めた蛍光鉱物で、Yahoo!のオークションと、富士宮市内の鉱物を扱っているお店アラジンで購入した物です。



「蛍光」の名前はこの蛍石から来ているとか。

蛍石は色の種類も多いのですが、すべてが蛍光を示すわけではありません。

写真は蛍光性の強いもので、このような青色の蛍光が見られます。

より強い蛍光を示す物は、晴天時の空からの紫外線にも反応します。





ソーダライトのオレンジの蛍光。

ソーダライトの白色部分が蛍光を示すことがあります。

この写真は特に強い蛍光を示すもの。





レッドカルサイトと言うことで購入した物。

マンガンカルサイト系かな?





3種類の鉱物が混じった岩石ですが、2種類の鉱物がピンクと緑の違った蛍光を見せます。





ハックマナイトという石です。

ピンクの蛍光が見られます。





クトナホラ石

ピンクの蛍光が見られます。





スカポライト(柱石)

黄色の蛍光が見られます。





ルビーの蛍光は深い赤色。





ピンクカルサイト(マンガンカルサイト)はピンクの蛍光。





これもピンクカルサイト





ウランガラスおはじきは強烈な緑の蛍光を見せます。





ウランガラスブレスレット



蛍光鉱物やウランガラスなどを使ってアクセサリーを作っています。





手作り蛍光アクセサリー





これも手作り蛍光アクセサリー





透明蛍光インクで書いて、付属の紫外線ライトで照らすおもちゃ。

こんなライトでもけっこう蛍光が楽しめます。





ボールペンタイプの透明蛍光ペンセット





フェルトペンタイプの透明蛍光ペンセット



こんなおもちゃに付属している紫外線LEDライトでも、けっこう蛍光を楽しむことが出来ます。ただ難点は電池を交換しようと思うと、このペンを買うより電池代の方が高くつくことです。