昨日、富士市に住む姉が孫を連れて訪れ、母と一緒に写真を撮りました。

猫を保護したことを話すと、早速猫の顔を見て携帯で写真を撮っていました。姉もかなりの猫好きですが家に居着いた猫を飼い始めたので、これ以上飼うのは無理とのこと。



夕刻姉から電話がありました。

習字の教室に大の猫好きがいて、21年一緒に暮らした猫が先日死んで寂しいので、2匹の子猫を飼い始めたという話は以前聞かされていました。

その方に我が家の子猫の話をしたところ、なんと浅間大社で見かけたその子猫たちを心配して毎日エサを運んでいたのだそうです。





この風車の後ろから黒トラが顔を出したのがきっかけで、3日間見に行っては悩み、保護に至りました。



携帯の写真を見せたら、それぞれの特徴など細かく話してくれたとのこと。

無事に拾われた事を喜んで、やはり子猫を心配していた友人に早速電話していたそうです。





先日の開山祭で会ったのですが、居酒屋の女将さんも気になって植え込みを何度も覗いていたとのこと。

うちで飼っていることを知ってほっとした様子でした。



でも、これだけ大勢の人たちに心配してもらったのだから、ずいぶん幸せな子猫たちです。





最初に風車の後ろから現れた黒トラ。





一回り大きなグレー。

兄貴分といったところか、藪の中で他の猫をかばっていたようでした。





一番臆病な赤トラ。



グレー(オス)と赤トラ(オス)の貰い手を探しています。



グレーは人なつこく、動作は敏捷で活発です。

赤トラは臆病ですが、ようやく慣れてきました。

どちらもトイレはちゃんとできます。



市内在住の方、よろしくお願いします。