ニュース記事を見ていたら興味深い物が見つかった。

蛍光と糖尿に関する記事だ。



「ブドウ糖と結合すると、蛍光の強さが増す高分子化合物を開発し、直径約0・1ミリのビーズ状に加工。このビーズをマウスの耳の皮下に数百個注入した後、ブドウ糖を注射すると、皮膚から蛍光を発しているのが観察できた。」



蛍光というのは紫外線を照射されることで発せられる光で、蛍光を発する物質を蛍光物質と言う。



蛍光アクセサリー



蛍光アクセサリー

写真はウランガラス、蛍光鉱物のルビーやピンクカルサイト、蛍光ガラスなどの蛍光ビーズで私が作ったアクセサリーだ。

希望があれば販売もしている。



独特の光に魅せられていまや蛍光マニアなのだが、同時に甘党で糖尿病患者でもある。



ブドウ糖と結合して蛍光性を持つビーズだったら、飲み物がノンシュガーかどうかをビーズにちょっとかけてブラックライト(紫外線ライト)で確かめるなんて事も出来そうだ。



ところでブドウ糖だけなのかな。

他の糖類にはどうなんだろう?