お祭り仲間に聞いた話だ。


 



夏の祭りで神輿を担ぎ、休憩で冷えたビールをいただいた。


それは美味しかったそうだが、その後体調がおかしくなり倒れた。


熱中症だったという。


 


暑い季節の炎天下の作業などでは、発汗作用が働くことで体温上昇を抑えているのだが、水分の補給が滞ると汗が出せずに熱が籠もる。体温上昇で様々な不調を催し、意識を失うこともある。


熱に中(あた)ると書いて熱中症。


 


炎天下でのビールは確かに美味いものだろうが、ビールには利尿作用があり、補給したはずの水分は排出されやすい。下手をすれば飲んだ以上の水分が排出されることもあり得る。水分補給どころか下手をすれば脱水症状だって起こしかねないという。


 


炎天下のビールは、水分補給にはならないのだそうだ。


 


私にも熱中症の体験がある。


暑い盛りに投げ釣りに出かけ、釣りをしている内に気分が悪くなった。


炎天下でろくに水も摂らずにいたことで熱中症を起こしたらしい。


車に帰ろうにも動くに動けない。


テトラポッドの陰に潜り込み、アイスボックスの溶けた氷水で体を冷やし、長いこと横たわっていた。


 


水分補給を甘く見てはいけない。


 


私の場合は尿路結石もやっているので、水分補給は常に心がけている。


水分不足で血液が濃くなると、結石が成長するなど危険度が増すからだ。


そのためか、再発は何とか免れている。


 



そうそう、利尿作用と言えばビールの他にもスイカがある。


私の場合はビールよりスイカが効く。


年をとっておしっこに力がなくなったのを感じるが、スイカを食べた時だけは別だ。


含む水分も多いけれど、利尿作用のおかげなんだろう。


 


でもこれ、炎天下でスイカ食べたからと行って、水分補給にはならないって事かしらね。