神田に稲の苗を植え豊穣を祈る浅間大社御田植祭は毎年7月7日に行われます。


梅雨明け前のこの頃は雨に降られる事も多く、今日も天気が危ぶまれていました。


 



参集所から拝殿まで、直行すればほんの2-3分ですが、神田川に沿って南下し、正面参道に向かいます。


 



神田橋手前にさしかかりました。


 



正面参道を進みます。


 



石鳥居を通過する行列。


 



恒例の記念撮影。(サブカメラの画像)


撮影が終わると雨が本降りになった。昨年は撮る寸前に雨になり、雨のかからない楼門前で撮影しました。並べたひな段も無駄にならずに済み、幸運でした。


 



私がかつて在籍した会、浅間大社青年会員の記念撮影。


 



御田植祭が始まりました。


 



額に面を着けているのが田代役。


 



雨は本降りとなった。撮影が済んでいて本当によかった。


 



早乙女たちが田長に合わせて拝礼します。


 



青年会員が祭田奉耕者に合わせて拝礼します。


 


昨年に続いての雨の中を、この後隊列を組んで神田の宮に向かい、田植え舞を奉納して御田植え神事を行いました。