川上りの開始時刻が今年は少し早まったらしい。


近年川岸には早くから観客が陣取り、写真撮影に良い場所も下手をすれば入れない。

1時間前に到着してぎりぎりやっと潜り込めた次第だ。


 


いよいよ夜が更けて、花火を合図に神田川上りが始まった。


川上りの一番手は平成御神会だ。


 



ここの乗り子は綱を持たない。


 



平成御神会の上陸。

水深のある川中から階段を上るのだが、高さの違いでバランスも崩れる。

最大の難所だ。


 



2番手は頭火(とうか)会。


神田川の水は年間通して13℃。富士山の伏流水が湧き出る泉「湧玉池」に湧き出たばかりの水だ。当然透明度も高い。


 



これから上陸。川側と階段側では明らかに高さが違う。


傾いだ御神火台の重さが肩にのしかかる。


 



3番手は守楽。


 


 



上陸します。


 



富士宮市職員


 



見物人がひしめく中を上陸し階段を上る。


立ちこめる湯気が熱気を伝える。


 



翔友会


 



翔友会上陸


 



女神輿「さくや」


 



上陸時のみサポートが入る。


 



般若隊


 



上陸


 



しんがりの富士宮神輿会がやってきた。


 



いよいよ上陸。


 



御神火まつりの川上りが終わる。


 



納火式で須藤市長の挨拶。


 


また来年まで。