本日も風邪は治らず。


鼻水は止まるも、微熱があってだるい。


夕刻になりなんだか熱くなってきたので、熱が出てきたかも知れない。


店番が帰ってきたら休む事にしよう。


 



昨年の富士宮秋まつりスナップのスライドショーだ。


FLASHを使用しているので、未対応の場合は平成22年秋まつりを御覧下さい。


 


私の所属する湧玉宮本の記録で、役員として参加しているため他区の写真を撮り歩く自由はない。 とは言っても、共同催事場内で競り合ったりすれ違ったりする町内はしっかり押さえておくが。


 


去年の祭りと言えば、新年に囃子仲間、10月に踊り仲間を見送り、なんとも寂しい祭りだった。仲間のお宅の前で踊り、家に山車を向けて囃子を捧げた。元々世帯数120の弱小区なので参加人員も知れたものだが、祭りを一緒に背負っていてくれた仲間が二人も亡くなったのは大きなダメージだった。


参加者数は昔とほとんど変わらないと言うが、 顔ぶれだって変わらないからみんな揃って年をとっているという事。先の事を考えれば暗くならざるをえないが、案外悲観はしていない。


 


出来るようにやればいいのだ。少なければ少ないなりに祭りを楽しめば良い。


最後の一人になったって、希望する子供がいれば囃子を教え、太鼓枠に車輪を付けて子供と一緒に町内を練り歩く。


 


山車を引き回して競り合いをするばかりが祭りではない。


形にはこだわらないのが私流だ。


 


囃子の種をまき、育ててきた。


それが全てだ。