今日は富士宮市立郷土資料館リニューアルオープンでした。


 



場所は富士宮市民文化会館内で以前と変わりませんが、スペースを150%に拡大したとの事。


 



後藤清吉郎資料室と郷土資料館を兼ねます。


以前は文化会館内とは言え、オープンなスペースだったので貴重な展示物の保管には心配もつきまといましたが、鍵のかかる展示室になったので展示内容も以前より変わるかも知れません。


 



今日の式典には関係者が招待されました。


 



市長、教育長の挨拶に続きテープカット。


 



展示物の大日如来座像。


写真では何度も見た仏像なのだが、直接見てなんだか惹かれた。姿形が整っていて美しいのだ。


本来展示品の撮影は遠慮するのだが、今日は新聞各社が入って撮影していたので聞いてみたところ、今日に限ってということで了解を得た。


 



場内の展示風景だ。


 



こちらは後藤清吉郎氏の展示だ。


 



後藤清吉郎氏の日本画。


 



富士山模型


 



剥製


 



埋もれ木、溶岩、火山弾など。


 


富士宮市民文化会館南東の一角にあります。


ご来場の際には覗いてみてはいかがでしょうか。