秋祭りも間近に迫る10月23日花の湯でワイズメンズクラブの大会があり、懇親会場で囃子を披露する事になった。東日本地域の大会のようで、各地から集まっているようだ。富士宮まつりの広報にはうってつけの機会だ。


 



ダブルブッキングで2区に声がかかってしまい、話し合って両区で出演する事になった。


発表形式を関東ブロックと同じにして、ビデオで祭りのシーンを流しながらナレーションで解説を付け、交互に囃子を披露することにした。


 


懇親会場という事もあり、囃子だけを静かに聴いてもらうというわけにはいかなかったが、忙しく写真を撮る方もあり、祭りの紹介には十分な効果があったと思う。


 








湧玉宮本による「にくずし」の披露








湧玉神立による「屋台」披露






時間に多少の余裕があったので、太鼓を向け合い「競り合い」を再現した。


 



湧玉神立の囃子方


 



湧玉宮本の囃子方


 


祭りまであと10日ほど、練習も重ねたこの頃が発表にはよかった。