iPhone3GSとiPadを持ち歩くようになり、出先で自慢の写真を見て頂くことが出来るようになった。動画だって持ち歩ける。


でも本体のメモリ容量には限りがあるので、インターネット上にあるもの置いたものを見られれば、容量など気にせずに無限の画像や動画を楽しむ事が出来る。


 



通常wi-fi電波を使えば、iPadやiPhoneの小さな画面でもwebを見る事が出来る。


iPhoneではWi-fi電波が無くても携帯電話の電波を使用してwebを見る事が出来るが、携帯電話の電波使用料は高額なので、web用のパケット通信の定額制を利用する事になる。このおかげで、料金を気にせずにiPhoneでwebを使う事が出来るのだ。


iPadにも3G対応機種があるが、そのためにiPhone契約に加えて別のパケット定額を契約するほどの余裕はとてもない。


 


そう思っていたらパケット定額に2段階のものができて、iPhoneでパケットを極力使用しない設定だと1029円だという。目一杯使っても上限が4410円でこれは今までと変わらない。


 


家にいる限りWi-fiで繋ぐ事が出来るからパケットは不要だ。


 


ポケットWi-fiという機器がある。3G電波をWi-fiに変換してくれるので、Wi-fi電波がないところでもiPadやスマートフォンなどのWi-fi機器を使う事が出来る。Wi-fi専用タイプのiPadにはぜひとも欲しい機器だ。これさえあれば、携帯用の3G電波があればどこでもインターネットに接続できる。このポケットWi-fi機器の使用料が月に3880円。パケットをほとんど使用しない設定だとポケットWi-fi3880円+iPhone2段階パケット低額1029円=4909円で使用でき、パケット定額上限の4410円とは500円程度の差しかない。パケットは絶対、いや極力使わないことにして、ポケットWi-fiを申し込んだ。


 


出先でiPhoneカメラで撮影したものをwebにアップする時、今まではパケットを使用していたが、これからはポケットWi-fiを起動してアップする事になる。常時携行と満充電を怠らぬよう気をつけねば。


 


スマートフォンの急速な普及は、携帯電波の混雑を加速する。


一方でWi-fi電波を自由に使用できる場所があちこちにあれば、携帯電話回線の混雑は軽減できるはず。人の集まる公共の場所にWi-fiのフリースポットがあれば、スマートフォンからのwebアクセスなどがしやすくなるのは確かだ。


富士宮市役所のフリースポットを以前試した事がある。


メールアドレスを登録すれば、時間制限無くwebに繋げる事が出来るので重宝している。


富士宮市としてもこういったフリースポットを公共の場所に広げていくということなので、大いに期待したい。