最近のコンデジやデジタル一眼カメラには、ハイビジョン動画の撮影機能があります。
マクロ撮影機能も駆使して脱皮、前蛹化、蛹化を動画撮影しました。
羽化にはまだ少し時間がありますので、途中経過ですがご紹介します。


脱皮はタイミングが掴みにくく以前の飼育でも見落としておりました。
今回はじっくりと観察してようやく撮影することが出来ました。
透けて見えることで気門から気管に続く管も脱ぎ捨てられるのが良くわかります。



アオスジアゲハは帯蛹になります。
尾端と背中に回した糸で体を保持します。
背中に回す糸を紡ぐ様を御覧下さい。



いよいよ蛹になります。
尾端に皮を押しやる時、体側に現れる白い線は気門から気管に続く古い管。
頭部の皮の緊張が高まると、中にあった蛹の角が皮を切り裂き、頭部がいよいよ現れます。
皮を尾端に押しやり、最後に糸の台座から尾端を外して古い皮を脱ぎ捨て、再度台座に尾端を絡めると皮の塊を振り落とします。

羽化までまだしばらくかかりますが、追ってご紹介するつもりです。
ご期待下さい。