平成14年は市制施行60周年の大祭りでした。
ある方に我が区のこのお祭りを準備から終わるまでビデオで記録していただき、いただいたビデオを祭り仲間と一緒に昨夜観賞しました。

鑑賞会

この年の記録がWEBサイトに残っています。

川4区

これがその年登山道の勢揃いで、快晴の空に雪をかぶった富士山がくっきりと姿を見せています。
とにかく寒い祭りで、囃子方も山車が止まると囃子の椅子から降り、身を寄せ合って暖を取っていたと記憶します。

syaninmachi

宮本会所前に4区が集結し、「社人町合同催事」を行ったのも懐かしく思い出します。

12年と言えば生まれた子供は今小学6年、祭り参加の子供達がもうお母さんになったりしています。
少子高齢化を地で行く我が町内では、なかなかメンバーは増えず年老いた先輩達は順に旅立って行きました。
構成世帯や参加者が少ないながらも続いて行くのは、何故なんでしょうね。
祭りがそれだけ「楽しいもの」だからなのかも・・・。