PNTX4053

亡くなった父親の同級生で、同業の大先輩が呟いたそうだ。
「葬式が晴れで良かった。」
いぶかって誰の葬式かと問うと、自分の葬式だと答えたという。
昨年末から体調を崩し入退院を繰り返しながらも元気に振る舞っていたそうだが、呟いたのが亡くなる少し前だったというから、ご自身では相当の衰えを感じていたのだろうか。
昨日の通夜でその話を伺ったところだった。
ところが、通夜から帰る頃から雨が降り出し、夜間はかなりの降りとなった。
それが今朝になると上がり、見事に晴れている。
まるで、この好天を知っていたかのようで、不思議な感じがする。

PNTX4054

葬儀が行われている時間に撮った写真だ。雪化粧は厚みを増し、青空が広がる。

ひょっとすると、こんな光景を夢うつつで見ていたのだろうか。
親父が逝ってから7年経つが、あちらで再会出来たなら昔話で盛り上がるだろうな。

ご冥福をお祈りします。
                       合掌
2015.1.27