へんぽらいの祭り談義 : 富士宮まつり案内
で11月3日から5日にかけて行われる富士宮まつりのご案内をしました。

とかく競り合いばかりが喧伝され、祭りを行う者がこの祭りの美しさに気付いていない事を残念に思います。
PNTX0955

10月12日の富士山と浅間大社本殿です。
11日の雨で雪化粧し、秋晴れの空に凜と聳える姿には感動をおぼえます。

残念なのは、富士山の美しさや気高さを近くに居すぎて気付かないこと。
遠来のお客様は富士山が見えた見えないで一喜一憂し、快晴の青空に雪化粧した富士山が見えようものなら歓喜しますが、麓に住むものは当たり前に見ている光景がどれだけ感動的か忘れがちです。

DSCN6264

山車曳き回しの背景にはいつも神体山富士山が見守っています。

1200余年の昔、鳴動し噴火を繰り返す富士山を鎮めるために、浅間大社はこの地を選んで祀られました。渾々と湧き出る富士山からの伏流水に火を抑える祈りをこめて。

富士山あっての浅間大社、浅間大社あっての富士宮まつりなのですから、この富士山が無ければ富士宮まつりもありません。


h20hounou

浅間大社大鳥居前での囃子奉納です。


川4区

神田川沿いの勢揃いです。


登山道4日1

川沿い勢揃いの背景には富士山がその姿を見せてくれます。


神田川沿い勢揃い

富士山の湧水流れる神田川沿いのこの登山道は、富士山を間近に富士山の声を聞く所なのでしょう。


全国的に火山活動が活発化しています。
富士山も活火山ですからいつまでも平穏で居られるとは限りません。
この美しい姿を失うことが無いよう祈ります。