他区訪問は、祭りの楽しみの一つでもあります。
浅間大社周辺に集結するようになったのが、昭和61年のこと。
同年祭り終了後に秋まつり青年協議会が発足し、翌昭和62年から共同催事が本格化しました。
以来、遠方から共同催事参加のために通過の際立ち寄られる区が増えましたが、この辺が相互訪問の始まりでした。
それまで湧玉宮本は2日間狭い自区内をのんびりと曳き回していたものですが、それ以後は足を伸ばして周辺区を訪問するようになりました。

以来、近隣各区とは相互に行き来して親交を深めています。
訪問して行うのは、囃子と踊りの披露ですが、相手区の都合がつけば競り合いをすることもあります。
披露の後しばし休憩して接待を受け、拍手の中を口々にお礼を述べながら退出します。


11月3日の曳き回しで他区を回った時です。

PNTX1701

湧玉宮本が湧玉神立会所に向け囃子披露

PNTX1703

湧玉宮本が湧玉神立会所に向け踊り披露



湧玉宮本が湧玉神賀会所に向け囃子披露


PNTX1725

湧玉宮本が湧玉神賀会所に向け踊り披露


PNTX1744

湧玉宮本が湧玉福地会所に向け囃子披露


PNTX1754

湧玉宮本が湧玉福地会所前で踊り披露


PNTX1781

湧玉宮本が湧玉貴船会所前で囃子披露


PNTX1794-2

湧玉宮本が湧玉貴船会所前で踊り披露



そして本宮共同催事が行われる11月4日です。

午前中に高嶺区と城山区にお邪魔しました。

PNTX2006

湧玉宮本が湧玉高嶺会所前で囃子披露


PNTX2070

湧玉宮本が磐穂城山会所前で囃子披露


PNTX2081

湧玉宮本が磐穂城山会所前で踊り披露

PNTX2092

磐穂城山がが磐穂城山会所前で踊り披露
城山オリジナルの踊りを見せていただきました。


そしていよいよ本宮共同催事が迫ります。

PNTX2204

湧玉福地が湧玉宮本会所に向け囃子披露


PNTX2206

湧玉福地が湧玉宮本会所に向け囃子披露


PNTX2233

湧玉琴平が湧玉宮本会所に向け囃子披露


PNTX2248

湧玉宮本会所で湧玉琴平と湧玉宮本が競り合う


PNTX2258

競り合い後の判定も和気藹々


PNTX2276

湧玉神立が湧玉宮本会所に向け囃子披露


PNTX2288

湧玉神立が湧玉宮本会所に向け踊り披露


PNTX2302

その後、湧玉琴平、湧玉神立、湧玉宮本の順に本宮共同催事に向けて出発しました。

仲良く祭りを楽しむ上で、相互訪問は大いに役立っています。


へんぽらいの祭り談義 : 27富士宮まつり - 嬉々として踊る