新しい靴とザックの慣らしを兼ね、荷物を増やして白尾山頂上の展望台まで。
実際の登山を想定して、一眼レフカメラと小型三脚、望遠ズームレンズ1本を追加しました。
息は切れるものの、立ち止まる事もなく何とか登れました。

展望台では三脚を使用して夜景を撮影しましたが、晴れたので夜景が案外きれいに見えました。


IMGP7183-800

展望台からの富士宮市街夜景です。
左上がりの光りの線が国道139号線です。
雑木が視界を遮り手前が見えないのが残念です。



IMGP7187-800

画面左上が国道139号線と富士登山道の交差点です。



IMGP7188-800

視界富士寄りです。



IMGP7189-800

国道139号線と登山道の交差点周辺をアップで。




image

所要時間は1時間20分58秒。
前日より荷物の重量が増えた事と夜景撮影で時間が余分にかかり、足の疲労を実感しました。
首から掛けたカメラが汗で濡れた体と接しますので、汗で濡らさないよう気をつけねば。


登山準備 : へんぽらいの祭り談義