祭準備の頃から、ポップコーン作りにはまっています。

以前から鍋などで時々やってはいたけれど、ふと思い立ち機械を購入してみました。
購入したマシンはドライヤータイプで、熱風を吹き付けコーンを過熱するもので、コーンがはぜると熱風に吹き飛ばされ、吐出口から出てくるので鍋や器でそれを受けます。
油もいらず掃除も簡単で、1-2人程度なら丁度良いくらいの量が3分程度で手軽に作れます。

はぜたコーンの衝撃で、道連れに飛び出す不発のコーンが案外多いのがちょっと不満。
通販で購入した味付けの各種フレーバーが絡みにくいのは、油を使わないからのようです。

そこで鍋なら解決出来るかとやってみたところ、何回かの失敗を経てようやく不発も少なく焦げないようにできました。これならフレーバーも良く絡みます。

次の狙いはキャラメルコーンを作ることで、ネットで調べてとりあえずやってみました。

image

見た目では良さそうですが、水気をも少し飛ばした方が良かったみたい。

コーンを2圓梁臑泙嚢愼したので、当分練習ができます。

上手に出来たら、また御報告しますね。