水鏡
12月23日のオープンを前に、これをネットに広くお知らせしようと動画を作成しました。
建物外に広がる水面に逆さ富士や建物が映る事で様々な効果が得られています。


イメージ 1
逆円錐形の木格子は逆さ富士を模したものと言われます。その向こうには雪化粧した富士山が見えます。


イメージ 2
水鏡に映る富士山が明瞭なのは、水盤の排水により波立つほどの水深が無いため。



イメージ 3
夜間はライトアップされ、カラーチェンジがあったり楽しめます。



イメージ 4
南から見た富士山世界遺産センターの眺めです。右の鳥居は富士山本宮浅間大社の大鳥居で間の空には富士山が姿を見せています。



イメージ 5
カラーのライトアップ



イメージ 6
スーパームーンが大鳥居の脚の間に昇りました。



イメージ 7
大きな水盤の意味がよく判る写真です。
水面に映るのは、まるで上空から雲海の上に顔を出した富士山を見下ろしているかのようです。

11月中に何とか工事も終わり、あとは12月23日のオープンを待つばかりです。
まだ中には入れていませんので、紹介する写真は外から見た物ばかりです。
興味を持っていただければ幸いです。