へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

富士山

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

新鳥居見に富士登山(富士宮口登山道)2017.7.20

新たな鳥居の渡り初めが21日に行われるというのを聞き、昨年撮れなかった山頂の星空と新鳥居を見に登りました。


PNTX8352+800

先ずは新五合目で1時間ほど散策して、体を馴らします。
ここから見た、富士山麓のわが郷土富士宮市です。
画面中央に見える白い大きな建物群2つは、医療機器メーカーの建物。
左側の建物群上にある森が、どうやら浅間大社の森のようです。
その森の右寄り上側に中央図書館と市民文化会館、我が家はその間にあります。
残念ながら、レンズがもっと望遠でないと形までは判りませんね。




2017-07-27-22-11-20

五合目売店の所で富士山保全協力金を投函し、領収書と小冊子と缶バッジを貰いました。



PNTX8361-800

富士宮口の登り始め地点は標高2,400mです。
平成29年7月20日午前7時23分



IMG_6587-800

六合目到着は、7月20日午前7時53分で所要時間は30分でした。



2017-07-27-22-09-39

小冊子の行程表によれば、この間は20分となっているので私の場合は1.5倍時間がかかっているようです。小冊子の表によれば、全行程休みなしで4時間20分かかるとのこと。5割増しだと6時間30分、6個所で休憩を10分ずつ取ると7時間30分ですか。昨年は新七合目から雨に降られて10時間でしたっけ。
昨年より少しでも短縮したいと思いながら、登りました。



IMG_6588-800

新七合目到着は7月20日午前10時01分
六合目からは2時間8分かかりました。行程表だと60分だから倍の時間がかかってます。
これは前途多難です。



IMG_6590-800

標高3,000メートル地点
元祖七合目まであと標高で10メートルです。
7月20日午後12時05分



IMG_6591-800

元祖七合目は7月20日午後12時15分
新七合目からは2時間14分かかりました。行程表だと50分だから3倍近い時間がかかってます。
ここの親父さんは消防団時代の顔見知りなので、会えるかと思ったら残念!就寝中でした。
少し休憩してトイレを借りました。出発は12時30分頃かな。



IMG_6592-800

八合目は7月20日午後14時07分
元祖七合目からは1時間37分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍近い時間がかかってます。



IMG_6593-800

八合目少し上で八合目を振り返ると、山室のスタッフに付き添われて登る91歳の老婦人が見えました。今日は九合目泊まりだそうです。この日はご高齢の登山者を何人も見かけましたが、91歳は中でも最高齢じゃなかったかな。
7月20日午後14時22分



IMG_6594-800

九合目は7月20日午後15時52分
八合目からは1時間45分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍以上の時間がかかっています。
八合目も九合目も、山室直前の登りがきつくて何度も休みましたからその所為でしょうか。



IMG_6595-800

九合五勺は7月20日午後17時02分
九合目からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。



IMG_6597-800

山頂手前で見上げると、同じ釜の飯を食ったかつての消防団仲間が待っていてくれました。
彼は、登山シーズンには毎年仕事で登っています。
7月20日午後18時07分



PNTX8394-800

富士宮口山頂奥宮に到着。渡り初め前のまっさらな鳥居が迎えてくれました。
7月20日午後18時12分
九合五勺からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。
登り初めからは10時間49分と昨年雨の中を登った時より49分も時間がかかりました。
天気は良かったのに時間はかえって余分にかかってしまいました。
荷物の重さも昨年とそんなには変わっていないと思いますので、リュックを背負ってのトレーニングが足りなかったのでしょうか。


この時間になると他に登る人はありません。
宿泊所の山室では17時にはもう夕食となり、19時には消灯就寝となります。
16時頃には到着していないと宿泊さえ出来ない場合があります。

私の場合山室でないところにお邪魔させていただいたので、迷惑をおかけしますが予め遅くなる事の了解を得ていました。それでなければ、9合目で宿泊するくらいが妥当だったでしょうね。

その夜は晴れ、多くの星を見る事が出来ました。
その星空は、またあらためてご紹介します。

富士山に登ります

PTX50752-800

昨年の思い出深い富士登山では登り始めたのが、写真のデータでは7月26日の7:25となっています。


PTX50766-800

途中から雨に降られ、雨合羽を着て慎重に登り、富士宮口頂上にたどり着いたのがデータによれば17:25の事でした。丁度10時間です。
そこで待っていてくれた鳥居を見て、ホッとしたのが忘れられません。



NKN_4503-800

この星霜を経た鳥居が、今年建て替えられました。
昨年は東日本大震災で傷んだ山頂奥宮の大改修が完成しましたが、鳥居はまだ古いまま残されました。



IMGP8208-800

(写真=NHKニュースより)
それが今年76年ぶりに建て替えられ、ニュースで報じられました。



IMGP8213-800

(写真=NHKニュースより)
この鳥居に会いに行きます。
ちょっと慌ただしいのですが、20日に登る事になりました。
また1日がかりで登り、鳥居に挨拶して翌21日に下りてきます。

出来れば所要時間の短縮もしたいものですし、好天ならば鳥居と星空の2ショットも狙いたいもの。
軟弱者ですので、こうして宣言でもしなければずるずると登る機会を失いかねません。
老骨に鞭打って、頑張ります。

18日夜の雷雨が梅雨明けの知らせなら、梅雨明け十日は好天と言いますから丁度よいのですが。












年輪 - 富士山頂鳥居建て替え

7月10日の地元紙によれば、富士山頂浅間大社奥宮前の鳥居が76年ぶりに建て替えられるそうです。

NKN_4452-800

これは昨年平成28年7月19日に写したものです。
今年の山開きで登ったfacebook友達によれば、すでに鳥居は撤去され建て替えの準備中だったとのこと。

この鳥居の写真をよく見れば、向かって左の柱に凹凸が目立っています。



NKN_4502-800

ここだけみると割れもかなり目立ちますが、削られてくっきりと浮き出た年輪が見て取れます。



NKN_4503-800

グッと寄ると、まるで立体地図(積層模型)のよう。
誰の仕業かと言えば、風と砂の共同作業のようです。



NKN_4500-800
奥宮にお参りして剣が峰に登る際、奥宮と山室の間を通ります。
ここが樋状になっていて風が強まり砂を鳥居に吹き付けるので、長い年月のうちに柱が削られ年輪が浮き上がった物です。
左側が特に削られているのは、樋を抜けた風が強く当たるからでしょう。



NKN_4506-800

山頂はバクテリアが少なく木が腐りにくいので、ひび割れても削られても76年間頑張ってきたのでしょう。



NKN_4504-800

銘板には紀元2601年に日本電報通信社(今の電通)が奉献したと刻んであります。

新たな鳥居は昔の鳥居と同じ会社が奉納し、製作は浅間大社のある富士宮市の協和産業、12日を目途に同じ場所に建立されるそうです。

新しい鳥居の姿が、明日にも登山者によってアップされるでしょう。
昨年の大改修には間に合いませんでしたが、これでようやく大改修が完成です。



PNTX9291-800

今年はまっさらの鳥居が、登山者を迎えてくれるでしょうね。



鳥居

紅富士の眼差し

IMGP7770-800

今日は気温も上がり風も強く、この時期にしてはクリアーな富士山が見られました。
久しぶりに羽鮒山展望台からの眺めです。



IMGP7778-800

展望台には今八重桜が咲いています。



PNTX3966-800

夕日で町が染まりました。



PNTX3971-800

町はやがて影に飲みこまれます。



PNTX4009-2-800

昨日見られた富士山の眼差しは、今日も見られました。



PNTX4009-800

まさに空に抜けようとする赤富士の紅潮です。
雪化粧が赤く染まるのが”紅富士”で、山肌が赤く染まるのは赤富士と呼ばれるのだとか。
昨日からの気温上昇で、雪化粧が溶け地肌が露わになっております。

紅富士が見られるのも、あと少しでしょうか。








富士山の眼差し : へんぽらいの祭り談義

富士山の眼差し

眼差し

吹き荒れた春の嵐は、雪を溶かし優しげな眼差しを出現させました。


PNTX3942-800

沢筋には雪も残るけれど小高い尾根筋には地肌が見えます。
優しい眼差しは剣が峰から少し下がった少し右に見えています。


PNTX1698-800

月明かりに照らされた富士山に、眠りにつこうとする街を見守る大きな母の姿をいつも感じていました。

今日の優しげな眼差しで、その思いを強くした所です。



富士宮に春が来た! : へんぽらいの祭り談義

夕刻顔を見せて、ちょっと染まりました

2017年3月4日
富士宮市民文化会館駐車場から夕焼けの富士山を見ました。

PNTX2366-800

日中雲隠れしていた富士山でしたが、夕刻姿を見せ少し染まりました。


PNTX2365-800

17:34 全面夕陽を浴びています。


PNTX2367-800

17:39 陽が沈み、赤味は山頂付近を残すだけ。


PNTX2369-800

17:40 夕焼けの昇天です。



夕焼けの化粧直しも飛ばされて : へんぽらいの祭り談義

夕焼けの化粧直しも飛ばされて

PNTX2355-800

あまり焼けなかったけれど、雪化粧はほんのりと染まりました。



PNTX2291-800

今朝の化粧直しした富士山です。



PNTX2357-800

そして夕刻、宵闇が忍び寄る頃です。
尾根筋の雪が吹き飛ばされ、地肌が覗きます。



PNTX2363-800

これから桜の頃にかけては雪質が変わります。
気温の上昇で今の粉雪が水気を帯びるようになり、山肌にべったりとしがみつくとこんなに簡単に化粧がはげることもなくなるかな。

桜咲く日が待ち遠しいです。



早春の浅間大社境内散策 2017.3.3 : へんぽらいの祭り談義

早春の浅間大社境内散策 2017.3.3

昨日の夕焼けで期待したとおり、今朝は富士山がきれいでした。
杉花粉は心配だけど見逃したら後悔すると思い、浅間大社境内を歩きました。



PNTX2319-800

拝殿西の寒桜は咲き始めが早かったためか、もう散り始めています。



PNTX2291-800

浅間大社後背林越しの富士山は中央図書館駐車場から。



PNTX2299-800

祈祷殿前から見た千木と富士山。



PNTX2303-800

風が雪を吹き飛ばしています。



PNTX2313-800

馬場からは富士山が見えにくいものですが、鏡池前からは楼門と富士山が見えます。



PNTX2315-800

楼門内から富士山が見える場所は限られます。
楼門を入って左寄りから見ると、後背林の横からちょっと顔が見えます。



PNTX2332-800

湧玉池から



PNTX2335-800

ふれあい広場から神田川起点の石橋と富士山。



PNTX2340-800

神田川から



PNTX2343-800

御手洗橋から



PNTX2346-800

第二鳥居から



PNTX2351-800

境内駐車場からです。
手前の花は寒桜ですが、その上には桜の木が見えます。
今月下旬には桜も咲き、この景色も賑やかになります。




晩秋の浅間大社散策 青空と冬化粧 : へんぽらいの祭り談義

富士山ビューポイント - 富士宮市中央図書館駐車場

PNTX1721-Pano1200

もう何年経つだろうか。
ある冬の日に、坂道を上る一行が文化会館手前で歓声を上げました。
どうやら雪化粧した富士山が目に飛び込んだようです。
ここに住むものには見慣れすぎて当たり前の風景なのですが、遠来の方にとっては憧れた富士山の姿なのでしょう。
この秀景にとって残念なのは、電柱と電線です。
とは言え、我が家もこの電線群から電気と電話を引き込んでいるので、あまり文句も言えませんが(笑)。



PNTX1729-800

電線や電柱が邪魔しないように前に進めば、そこは富士宮市中央図書館駐車場です。
浅間大社後背林越しの富士山に電線はかからないものの、森越しの電波を捉える高いアンテナはちょっと邪魔でしょうか。



PNTX1733-800

望遠でここまでアップにすれば邪魔者は無い代わりに、アップ過ぎて優美な富士山の姿が判りにくいものです。



PNTX1735-800

アンテナを避けて縦構図にし、森の木を手前に配すればなんとか見られるでしょうか。

我が家と富士宮市民文化会館からいちばん近い富士山の撮影ポイントでした。


PNTX1725-800

表通りに面した旧店舗は閉じ、これからはその北側二階家の二階にて営業を行います。



PNTX1727-800

看板も無いので店舗とは判りにくいですが、景観を損なうようなものなら冒頭の電線や電柱みたいだし、邪魔にならず主張しているようななにかを考えたいと思います。


雪化粧 雨上がり晩秋の白尾山から

まだ師走前だというのに厳冬期のような雪が富士山にも降り、それは見事な雪化粧となりました。
11月25日に先ずは浅間大社を散策した後、白尾山公園へ。

一部工事中で、駐車場から左手に迂回します。
工期は2月28日までとのことなので、まだ当分かかりますね。

PNTX1401-800

グラウンド脇あずまやの横から見た富士山です。
樹木の生長で富士宮市街が見えにくくなりました。



PNTX1402-800

グラウンド脇のあずまやあたりからは、市街の向こうに両側に長く裾を引く富士山が見える絶好の場所です。小学校の遠足で我が家を探したのを、いい年になりましたがまだ憶えています。
富士宮市街が間近に見える眺めの良いところなので、樹木の伸びすぎで視界が遮られぬようこの景観を守って欲しいと思います。



PNTX1403-800

白尾山頂上まで来たら、まだ若いイチョウがきれいに黄葉していました。



PNTX1405-800

白尾山頂上展望台から富士宮市街と富士山を望む。
本来眺望は素晴らしかったはずなのに、展望台から見る市街の眺望は、放置されて伸びすぎた樹木により邪魔されています。



PNTX1408-800

かろうじて浅間大社大鳥居から後背林あたりが見えますが、



PNTX1409-800

かなり標高の低いところまで雪が積もりました。




PNTX1410-Pano1900

白尾山公園頂上の展望台からの眺めです。富士宮市街の眺望が確保されれば素晴らしい展望台なのに、もったいないなぁ。




PNTX1417-800

晩秋の白尾山は落ち葉の盛り、頂上からの帰り道には秋の色が満ちていました。




白尾山 - 故郷の山 : へんぽらいの祭り談義

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ