へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

インターネット

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

メンバーが5,000名に到達しました

Facebookに「富士・富士宮」というグループを運営しています。
https://www.facebook.com/groups/fuji.fujinomiya/
郷土の素晴らしさを発信したいということで、富士宮、富士、富士山と西麓南麓地域の魅力を発信し、交流と活性化を模索する公開グループで、随時更新の写真や動画なども使った地域ガイドブックをめざしています。
それに共感してくれる人とグループを作り、メンバーがその素晴らしさや現在の状況を発信して行ければ一人でやっていることの何倍もの効果が上がります。

地域の魅力を発信する人は当然必要ですが、情報を受ける人もまた必要です。温かく見守って頂ければどなたでもお仲間で、メンバーはこの地域の人に限りません。富士山西南麓の発展のために多くの皆様のご参加をお願いしています。




5000

メンバーが4,000名に到達してちょうど1年、一進一退、あるいは三歩進んで二歩下がるというようなわずかな増加と減少を繰り返し、グループメンバーが本日やっと5,000名に到達しました。
そう書くといっぺんに何名かがグループを抜けてしまいそうなので、少し余裕が出来た所で御報告させていただきます。


このグループの一番の特徴はこの地域を発信することで、インターネットに広く地域の魅力を紹介することを目的にしていますので、投稿内容や書式はある程度限定されます。
この「富士・富士宮」グループの趣旨「富士・富士宮・富士山の魅力を発信する。」のために、広く五千名のメンバーに地元の魅力を伝え、情報や話題を投げかけるというガイドブック的な視点が必要です。
誰しも参加者の多いグループで主張したいものでしょうが、目的を持ったグループでは投稿やコメント内容もグループの趣旨に沿わなければなりません。

それでは不自由だとお考えの方には、同じ地域のテーマでトーク中心に楽しむ兄弟グループ「富士山おしゃべりクラブ」があります。
https://www.facebook.com/groups/fujitalk/
こちらは自由にトークを楽しむのが目的ですので、投稿の自由度は高く、よほどのことがなければ削除されることはありません。両方に参加して使い分けて下さい。

富士・富士宮グループは、これからも地域のさらなる発展を目指して行きます。
見守っていただけましたら幸いです。



以下メンバーの推移です。
===========================================================
◎2011 夏  グループを立ち上げました。
◎2012.5.30 グループメンバーは176名に達しました。
◎2012.7.1  グループメンバーは500名に達しました。
◎2013.12.26 グループメンバーは700名に達しました。
◎2014.3.26 グループメンバーは1,000名に達しました。
◎2014.5.13 グループメンバーは2,000名に達しました。
◎2014.7.19 グループメンバーは3,000名に達しました。
◎2015.3.6  グループメンバーは4,000名に達しました。
       へんぽらいの祭り談義 : グループメンバーが4,000名に達しました
◎2016.3.6  グループメンバーは5,000名に達しました。


※富士山の写真などに憧れてか、海外からも参加申請があります。
公開グループなので閲覧は自由に出来ますが、グループへの投稿やコメントには趣旨の説明を理解していただく必要があるので、日本語の説明を理解出来そうな方のみ承認しています。




TVer 大きな一歩

TVerという民放公式テレビポータルの事を昨夜のテレビで見たので、さっそく検索してみました。

サイトの説明はこんな事のようです。
======================================================
民放5局がひとつに!約50番組がすべて無料です!

在京民放5社(日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社 TBS テレビ、 株式会社テレビ東京、株式会社フジテレビジョン)が連携した初めての公式テレビポータル。それは、各局の番組を好きなときに自由に楽しめるようになるキャッチアップサービスです。さあ、あなたも新しいスタイルでテレビを楽しむ、TVer(ティーバー)に!
======================================================

ブラウザで民放各局のピックアップされた番組を、好きな時に無料で視聴出来るサービスということで、iPhoneやアンドロイドでも専用アプリで視聴出来ます。


TVer1

ブラウザ画面です


TVer2

視聴画面


TVer3

フルスクリーン表示も出来ます。


image

TVer用iPhoneアプリ画面
画面が小さいので、スマホで見るのは老眼にはつらいものがあります。


image

TVer用iPadアプリ画面
このぐらいなら老眼でも苦にならないかな。



有料放送のNHKをはじめ民放各局もそれぞれオンデマンドがあり、一部無料の放送もありますが見逃したり見たい番組はほとんどが有料。

TVerは番組数や配信期間など、試験的試みにも思えます。
見たいタイトルや配信期間などまだ十分ではないけれど、これから充実して行く事を祈ります。

でも、民放各局が連携してこうした企画を行う事って、画期的で大きな一歩かな。

料金を強制徴収している有料放送こそ、この様なサービスを率先して行うべきだと思うのですがね。

Amazonプライム・フォト

Amazonからのメールがアマゾンプライムの新特典としてプライム・フォトのサービスを告知していました。
プライム会員なら会費のみの追加料金なしで、写真を好きなだけ保存できるとのこと。
今までも有料のクラウドサービスならいくつもあったけれど、容量によって料金が変わり割高感がネックでした。
容量を気にせずに使えるならありがたい話です。
「個人利用に限定され、業務利用や商業利用はできません。」
とのことですが、個人利用だけでもカメラの高解像化でデータが大きくなりがちな現在、容量の制限が無いのは額面通りなら素晴らしいもの。

プライム

プライムビデオのタイトルもかなりの数が楽しめます。


Amazon Music

プライムミュージックもさまざまなジャンルの多くの曲が楽しめます。


プライムビデオ、プライムミュージック、それに加えて容量制限の無いプライムフォトと来ては、サービスの充実がありがたい反面ちょっと不安を感じてしまいます。
こんなに大盤振る舞いして大丈夫なのかな?
どうぞこのまま続きますように。


へんぽらいの祭り談義 : Fire TV Stick使用記 amazonプライムビデオ視聴

XoopsとGooglemapの連携

故郷富士宮市を発信しようとサイト「へんぽらい」を立ち上げています。
サイトでは拡大縮小、ドラッグによるスクロール、航空写真への切り替えなど地域の名所をご案内するのに便利なGoogleMapを使用させていただいていますが、Xoopsには連携機能がありとても重宝しています。

18のコピー

富士山ビューポイント」での使用例です。
このXoopsと連携したマップ上では複数地点をマークすることができ、下に設置した簡単な案内からリンクをクリックすると、上の地図にその場所を表示させることが出来ます。
その上で地図の拡大縮小やスクロールができますので、場所をおぼえるには大変好都合です。
また、航空写真モードへの切り替えも出来ますので、道路や建造物などの目標に乏しい場所でも手がかりになります。


17のコピー

このページ「明星山」では、上にYoutubeの動画を表示し、下にGoogleMapでその場所を示しています。写真を撮影した展望台の場所をマークする際に明星山としてマークされている場所とは位置が違い、写真モードに切り替えて展望台を探すことが出来ました。


新たに登録しようとして、その手順を忘れているのに気付きました。
思い出すのに一苦労しましたが、この際ですから忘れないうちにもう少し手を入れようと思います。

案内ページのリクエストをいただければ、優先的に作成・更新をさせていただきます。

へんぽらい図鑑」には富士宮市の雑多な紹介が載っていますので、御覧頂ければ幸いです。


Facebookページの投稿仕様変更か?

いつからなったものかは判りませんが、Facebookページへの投稿で気付いたことがあります。

52のコピー

Facebookページ「あいらぶ富士宮」にブログ記事をリンクしていた所、ブログからピックアップされた画像が表示されますが、それに画像を追加出来ることに気付きました。画像は投稿後の閲覧画面です。追加した画像も並んで表示され、隠れている部分を「<」「>」でスクロール出来ます。


他のFacebookページではどうかと「へんぽらい」にブログ記事を投稿してみました。

43のコピー

これが投稿画面です。
下の小さな写真が写真投稿スペースで、左端はブログから自動でピックアップされたもの。
右の枠内の「+」をクリックしてPCから写真2枚を追加した所です。
上にも並んで表示されました。


11のコピー

これが閲覧画面です。


複数写真を表示出来るので、案外便利かも知れませんね。


Fire TV Stick使用記 amazonプライムビデオ視聴

amazonプライムに加入したいきさつは、無料体験会員に登録したこと。
その後解約を忘れていた事に気付きチェックすると、すでに更新されたところでした。機を逸したことにがっかりしながらも、何かメリットはと探すとプライム会員の特典"プライムビデオの見放題"が目につきました。
そのタイトルの多さもさることながら、再放送を望みながらなかなか視聴出来なかったテレビドラマシリーズがラインナップされているのに惹かれました。
ブラウザでいくつか視聴しているうちに、出来ればPC画面より大きいテレビの画面で見たいと思いamazonのFire TV Stickを購入しました。

2015-10-30-11-46-12

画面右側がリモコンで、左側上が本体。
下のコードでコンセントから給電します。


2015-10-30-11-48-57

メニュー画面です。


2015-10-30-11-49-51

ウォッチリストに登録しておけば、視聴開始が手早く出来ます。


プライム

Fire TV Stickでのメニュー表示では表示数が限定されるので、目的のビデオ探しはPCのブラウザ上で行い、そちらでウォッチリストに登録すればFire TV Stickメニューのウォッチリストに反映されます。


Fire TV Stickの使用感は良好。
プライムビデオの視聴ではさくさくと動き、特に引っかかることもありません。
YoutubeやGyaoもアプリをインストールすれば視聴出来ます。
Youtubeの視聴もおおむね良好ですが、Gyaoのアプリは引っかかったりフリーズするのでまだまだ改良の余地ありです。GyaoはPCのブラウザ画面で視聴した方が良いでしょう。


年会費3,900円で見放題のプライムビデオが多くのタイトルを提供しているのも好感が持てます。
TV画面でなくてもよければ、Fire TV Stickが無くてもPC画面で視聴出来ます。

AppleTVとiPnoneかiPadがあればAirPlayでTV画面でプライムビデオを視聴出来ます。
image

”Amazonビデオ”というアプリをiPhoneかiPadにインストールすれば、プライムビデオが視聴出来、これをAirPlayでappleTVに送ればTV画面に表示出来ます。

大きな画面で見たい方、コスト的にはFire TV Stickの方が取っつきやすいかも。

いつか見た光景


ブログランキングに登録しました。
クリックしていただくと素直な筆者は喜びますので、どうぞよろしくお願いします。



ビビ-ぱくり

以前、へんぽらいの祭り談義 : 何が起こった?2年前のツイート
でお伝えしたパクリツイートの件ですが、へんぽらいの祭り談義 : 報告、パクリツイートのその後
でお伝えしたように、元投稿を知る人たちの指摘から、パクリを非難する大合唱が起こりました。


当然私も抗議を返信したのですが、この事態に驚いたパクリ投稿者は記事を削除するのでなく私をブロックしました。
そのため彼のツイートを見る事は出来なくなりましたが残った元記事はリンクから見る事が出来、パクリツイートの大合唱の画面をキャプチャーすることが出来ました。


パクツイ大合唱

これがその画面です。


その後写真の著作権者が私であることをtwitterに報告したので、ツイートは残っていても写真は表示されなくなりました。他2件のパクリツイートも同様に処理出来ました。

これがtwitterの場合でしたが、facebookでも同様の無断盗用常習者がけっこう居るようです。
その代表的盗用者が、こともあろうにfacebookに関する本を出したと言うことをfacebook友達の投稿で知りました。。
副題が「与えよされば与えられん」とは、高潔な人が言うならともかく盗用する人間の言う言葉ではありませんよね。盗っ人猛々しいとはこのことです。

これに憤った方達がamazonのカスタマーレビューで憤懣をぶつけています。

レビュー

異様な事態が判るでしょうか。
星5つの評価が5人、それに対して星1つの評価は14人、最も参考になったレビューは22人中20人が投票した「盗用常習犯」と言うレビューです。
以下星一つの非難のオンパレード。

twitterでいつか見た光景を思い出しました。

このレビューを見て買いたいと思う人はまさか居ないと思いますが、内容では無くあまりにも図々しい著者の虚言に興味を持つ人ならあるのかなぁ。

著者側もサクラを動員して打ち消しにかかるでしょうが、盗用された被害者が全員声を上げたらかなうわけもないでしょう。

さてどうなることやら・・・。

桐谷健太と三線

某携帯電話社のCMで、浦島太郎(桐谷健太)が海辺で乙姫を想い三線を弾きながら歌うと言うものがあります。歌のタイトルは「海の声」で、BEGINの作曲。
そのフルバージョンがYoutubeで公開されていました。




桐谷の三線はCM用の弾いたふりでは無く、昔から愛好し、たしなんでいたものだと言います。

さんまのからくりTVで、三線について熱く語る姿が収められていました。


「三線は青空と心とあと波の音があれば、最高でしょう。」
と言う彼の言葉が、そのままCMになったようですね。

パクリツイートは画像を削除されました


ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、単純な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。








昨日報告させていただいたとおり、この写真(ビビのダイソンくぐり)に対する3件の無断使用ツイートの内、2件がまだ残っておりましたので、昨夜から個別に著作権に関する申し立てをして、該当ツイート3件はすべて写真を表示出来なくなりました。

今までうまく伝わらなかったような所もありましたので、著作権に関する申し立てから言葉を選び丁寧に説明した所、どちらも速やかに処置していただく事が出来ました。

削除結果


ツイッターサポート様にはお手数をおかけしましたが、心より感謝申し上げます。



平気で写真をパクる人はたかが写真と思ってのことなのでしょうね。
でもそのたかが写真でも、撮るためにはそれなりに手間がかかっているものです。
無断使用に対しては断固とした態度をとりますが、正規の手続きから使用することは認めています。
むしろそうしていただいた方が私にとってもプラスになります。

パクリはたとえ営利に使用しないと言っても、撮影者が写真を撮るために割いた時間・技術・思いに対するみじんの感謝もありません。

facebookなら「シェア」、Twitterなら「リツイート」で写真に対し自分なりのコメントを付与することだってできます。もちろん無料で。
写真使用にあたっての最低限の礼儀と言えば、撮影者名表記と元写真へのリンクでしょう。
「シェア」も「リツイート」もその必要最低条件を備えています。

誰はばかることなく気に入った写真を使うなら、正規の手続きさえ踏めば良いのです。
それに少しの感謝でも添えたなら、どちらにとっても気持ちの良いふれあいが出来ます。

DSCF9352

そう思いませんか?

報告、パクリツイートのその後


ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、単純な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。





DSCF9363

2013.5.31撮影
ジャンプ向こう向き

2013.5.31撮影

ようやく狂乱のアクセスも静まってきましたので、御報告したいと思います。


7月20日にこのブログにパクリ騒動を投稿し、それをツイートしたものです。







この元写真と7月20日のこの記事にリツイートがされ、ブログの訪問者はとんでもない数を記録しました。

アクセス

多くても日に100程度のページビューが20,000に達しましたから、反響の大きさに驚いた次第です。
今日現在のこの記事へのアクセス数は26,119となっています。

パクリに対する対応として、私のしたことは次の通りです。
パクリ記事投稿者には、ツイートに返信で盗用に関する抗議をしました。
そして、Twitterには写真削除を申請。

その後返信があり、受け付けたので必要書類を送るようにとのことでしたので、免許証をスキャンしたデータを用意しましたが送り先リンクが設定されていなかったので、送信元に返信でデータ添付で送るも梨のつぶて。

それならと、ご紹介いただいた削除申請アプリで3件まとめて削除申請を送ったところ、1件の削除報告がありました。
削除報告+


その結果、ツイートには写真に替えてこの様な表示が。
削除結果


3件中1つの削除は確認出来ましたが、他2つはまだ残っています。
送信時エラーのため、送れたのは1件だけだったのかも知れません。
そこで再度1件の削除を申請しましたが、
とんちんかん

帰ってきたメールでは削除に該当しないとのこと。
そんなわけは無いので、折を見てやり直してみたいと思います。

今現在、パクリ投稿者のツイートを私から見る事は出来ません。ブロックされたからです。
それが削除申請があって送られる情報からブロックしたものか、パクリツイートに返信で送られる非難の嵐に音を上げたものかは判りません。
でもブロックされていてもパクリの写真自体を見る事は出来、それに寄せられた返信が一覧出来ました。
元投稿を知っている方の指摘から始まって、パクリ投稿には多くの非難が殺到しました。
パクツイ大合唱

これを見て、ちょっと溜飲を下げることが出来ました。


リンク

ブログ閲覧のリンク元です。
パクリツイートに関する興味がこれだけ高いのに、Twitter側の認識は案外低いように感じてしまいます。確かに面倒な問題ではあるでしょうが、パクリしか投稿しないアカウントが平然と存在するのはどう見てもおかしい。
何か対処を望みます。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ