へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

催し

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

駿府天下泰平まつり報告

久しぶりに電車で静岡まで行くことになりました。
駿府天下泰平まつりの見物です。


PNTX0129

浅間大社大鳥居
雲が無ければ富士山も一緒に見えるのですが。



PNTX0133

富士駅東海道線下りホームにて



PNTX0138

会場入口の巽櫓



PNTX0141

今日の目的はこれ。里見浩太朗さんのトークショーです。
我が郷土富士宮市それも同じ町内に住んでいたという大スターですから、息子のリクエストに応えての見物です。



PNTX0144

トークショーの会場を確認



PNTX0150

一面に花が並べられた会場も



PNTX0151

今日の主役
駿府天下泰平まつりは家康公400年祭としての催しのようです。



PNTX0155

席の確保で早めに会場を訪れると、ショーが始まっていました。



PNTX0156

静岡のお囃子披露



PNTX0157

この獅子舞は昔氏子青年会の県大会で拝見しました。



そしてトークショーとなりましたが、開始前に写真撮影禁止のアナウンスがあったので残念ながら写真撮影は控えました。
里見浩太朗

母校富士宮第二中学校の記念誌にご投稿いただいたもの。
トークの中でもこの頃の思い出を語られました。




終了後、天守台跡地で「夜の駿府城跡と、浮遊する光の天守」と題したアトラクションが行われていましたので、これを見学。20分はちょっと冗長でしたので、動画は4倍速で5分に短縮しました。



PNTX0159

ねぶた?でしょうか。明かりが入ると映えますね。



PNTX0166

夜空には太り始めた月も出て、なかなか素敵でした。


駿府天下泰平まつりは9月27日まで行われ、動画で紹介した「夜の駿府城跡と、浮遊する光の天守」は日に4回18:15〜、18:45〜、19:15〜、19:45〜行われます。
よかったら御覧下さい。入場無料です。




にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


写真(風景・自然) ブログランキングへ

御神火仲間の熱い夏は終わりましたか

公式映像と言うことで時事通信社が「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」の動画をアップしていました。





PNTX8774

8月1日の富士山御神火まつり終了後、長渕剛のゲリラライブが行われました。
最後の「祭りをやろうぜ」と言う言葉に、御神火神輿が出演するのかと予感していました。


長渕w640s

その後新聞記事で御神火神輿が出演することが判りました。

https://www.facebook.com/nagabuchi2015/videos/1536117496628898/">

長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓 リハーサル最終日!8月22日にオールナイト・ライヴを行う、地元・富士宮の有志の皆様がリハーサルスタジオに駆けつけてくださいました!#長渕剛 #長渕剛アンバサダー #長渕10万人 #リハーサル最終日 #富士の国

Posted by 長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓 on 2015年8月10日

地元有志がリハーサルに駆けつけた時です。
みんな応援してましたから、嬉しそうですね。

御神火仲間の熱い夏は、ようやく終わったのでしょうか。

浅間大社節分祭に鶴竜関土俵入り奉納

IMGP7633


IMGP7635


IMGP7651


2014.2.3撮影の昨年の節分祭豆まきより

今年の節分祭では横綱鶴竜関の土俵入りが奉納されるそうです。

◎富士山本宮浅間大社ホームページより
2月3日午後2時30分頃(浅間大社 馬場)横綱鶴竜の土俵入りが奉納されます。
浅間大社で横綱の土俵入り奉納は初となります。
http://fuji-hongu.or.jp/sengen/festivals/02_09.html

表富士燈回廊

 6月29日(土)の夜、ミス富士山コンテストと表富士燈回廊が行われました。

 

灯火が明るく見える頃、富士山が姿を見せました。

 

今年は風が強いそうで、燈火がよく消えます。

 

比較的風が当たらないのか、ここは良くついていました。

 

ここが燈火のメインかな。

 

川上の燈火

 

川上の燈火の「祝」の文字。

 

 

 

対岸の「花と食の元気広場」では、「ゆかたde宮」 の花火大会が開かれていました。

 

 

浅間大社餅つき大会

毎年1月2日には浅間大社拝殿前で毎年恒例の餅つき大会が行われた。

餅つき大会会場では縁起物の拍子木授与や国旗販売なども行われている。

きな粉餅を食べる参拝者がいる。

 

餅つき大会なので、希望者がいれば餅をつくことも出来るのだが、ほとんどを会員が搗く。

 

餅はきな粉餅とお汁粉にして振る舞われる。

 

お汁粉用の大鍋。

 

飛び入りの外人さん。

 

子供も餅をつく。

 

好天だけれど、風の強い日でした。

 

餅つき前のこね。

 

こちらできな粉がまぶされる。

 

湧玉池上池の底石がきれいになっていた。

風が強いので落ち葉が水面を覆い、水面にさざなみが見られる。

 

アヒルが水に潜る。

 

昨年から溢れていた水がどうやら治まりそうだ。

 

好天だが富士山は雲の中。

 

正面参道には多くの露店が立ち並び、お祭りのようでした。

 

 

 

表富士燈回廊報告

恒例の表富士燈回廊も、桜の燈回廊は震災から日も経たぬ事もあって中止となり、開山前の6月25日は行われたものの、白糸滝の燈回廊は15号台風被害で中止と中止が相次いだために久し振りの感があった。


 



浅間大社楼門前


参道脇に燈火が並ぶ。


 



ふれあい広場の燈回廊


心持ち寂しい感あり。


 



御手洗橋から


 



対岸からふれあい広場を見る。


 



ふれあい広場の燈火は富士山を描いていたのだろうか。


 



ふれあい広場のイチョウが燈火に浮かぶ。


 


 



情趣溢れる川床に燈火も色を添えた。


 


来春こそ桜の燈回廊を見たいものだ。


事故や災害が無く、復興が進む事を祈ります。


 


 


 


 


 


祭だっ!富士宮 会場

祭だっ!富士宮の会場内を写真でご紹介します。


 



入り口のテントとには協賛企業や商店の名前が貼り出してありました。


 



洋菓子店のフルーリスさん


 



山中寿司さんはます寿司を


 



みますやさん


 



こちらもみますやさん


 



飲みんぐモールの会さんのソフトドリンク、さのまんさんの萬幻豚、演ずバーの宮スパが並ぶ。


 



焼き鳥で煙る会場


 



入り口テントでは絆Tシャツを販売


 



 


 



 


 



 


 



 


 



 


 



御馳走酒場う〜


 



御馳走酒場う〜


 



藤太郎


 



渡辺冷蔵


 



ダイニングバーエンズの宮スパを食べてみました。


湯がいた富士宮やきそば麺にミートソースという組み合わせ。


腰のある麺に、スープとかカレーとかいろいろ楽しめそうだ。


そうそう、ポニー牧場エヘガザルもポニーを連れてきて、引き馬で子供を乗せていました。


 



 


 


祭だっ!富士宮 ステージ

9月11日「祭だっ!富士宮」のステージをご報告します。


あちこち走り回っておりましたので、いくつか抜けております。ご容赦を。


 



実行委員長あいさつ


 


 



開会宣言 続いて富士宮囃子演奏


 



幼稚園児の踊り披露


 



バンド演奏


 



チア


 



フラメンコ


 



チア


 



東日本大震災の起きた時刻に合わせて黙祷


 



バンド演奏


 



スイング ジャズ アンサンブル


 



盲導犬


 


その後抽選会などが行われました。


祭だっ!富士宮 富士宮囃子

9月11日に「祭りだっ!富士宮」という催しが行われ、富士宮囃子保存会では趣旨に賛同し場を盛り上げました。


 


 



底抜け屋台の組み立て。本来は太鼓を積んで移動しながら囃す道具ですが、今日は被災地祭り団体支援のためにTシャツを販売します。


 



太鼓をセットします。


 



Tシャツ販売の準備完了


 



開会宣言に続き、お囃子が演奏されました。


 



囃子保存会会長の挨拶。


 



ステージの1番手は富士宮囃子。湧玉琴平が務めました。


 



ステージの合間、入れ替わりと準備の間にラクウショウの下でお囃子を囃す。


囃子の2番手は湧玉福地だ。


 



3番手は阿幸地


 



4番手は湧玉神賀


 



5番手は富士宮囃子同好会


 



6番手は磐穂神田


 



7番手は磐穂常磐


 



8番手は湧玉羽衣


 



9番手は湧玉神立


 


 



10番手は磐穂城山


 


 



11番目は瑞穂


 


 


宮おどり報告-2

平成23年の宮おどりをスライドショーでご紹介しよう。


 


 



 


一般の部が始まるのは小中学生の部が終わった夕刻から。



始まりはまだ空も明るい。


 



参加者もギャラリーもなかなか賑やかです。


 



佳境に入る頃には日も暮れてきました。


 



 


 



 


 



 


 



最後の総踊りは第二鳥居前


 



 


 



 


 


 



記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ