へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

SNS

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

=拡散希望= ”コピーして拡散”にだまされるな!!

IMGP7076


最近facebookのニュースフィードに見かける「シェアでなくコピーで拡散を!」という投稿、信用して拡散している人、だまされてはいませんか?

私が先ず感じるのは、「嘘くさい!!」ということ。
何でコピーなのか?
出所を追跡出来ないのでは、出所も情報の真贋を確かめられません。
そもそも、それが目的の大嘘なのでは?

書かれている内容は確かに恐ろしいものです。
「 Facebookに新しいハッカーが現れました。貴方のコメントの間に入り込み攻撃的なコメントを入れます。」

でも、なりすました上で悪意ある荒らしコメントを書き込むという手法は以前からあって、なにも今に始まった事では無いそうです。


「シェアでなくコピーで拡散を」と言う言葉を、疑いもせず拡散する事は出所を隠し嘘やデマを拡散させる片棒を担がされているのでは無いでしょうか。
また、疑いもなくデマや嘘を拡散する情報弱者としてリストアップされている恐れもあります。
むしろその方をお気を付け下さい。


嘘情報の拡散を喜ぶただの愉快犯なのかも知れませんが、悪意あるものが行っているのなら、嘘情報に躍らされて拡散の手助けをしたあげく、だまされやすい人にリストアップされ悪意ある攻撃のターゲットにされる可能性だってあります。

「 Facebookに新しいハッカーが現れました。貴方のコメントの間に入り込み攻撃的なコメントを入れます。」
まさにこんな事を、このデマを拡散したあなたを標的に行うつもりかも知れませんよ。


どんなに刺激的な内容でも、情報源や情報の真贋を確かめるのが先決。
鵜呑みにせず、よく確かめてから行動することが必要です。

あなたがデマの拡散者や被害者にならない事を祈ります。


=参考リンク=
Facebookに新しいハッカーが現れました。 シェアでなくコピーで拡散を!はデマなのか?

偽アカウントのグループ参加、友達申請にご注意!!

女性の名前で複数の管理グループに参加申請があったと思ったら、今度は友達申請が届きました。
グループの参加申請の際は、チェックしようとしたらすでにアカウントが削除されていたので不審に思っていたもの。

一見もっともらしい自己紹介がありますが、カバー写真もプロフィール写真も良い感じではあってもぷんぷんと臭います。
そこで新たなタブでGoogleの画像検索を開き、プロフィール写真とカバー写真をドラッグして放り込んでみました。

偽アカ

プロフィール写真はいろんなサイトに使われている写真です。


パクリカバー

カバー写真も又同様で、ぱくりと思われます。


自己紹介がこちら。
=============================================================================
スマホ1つでできるビジネスで人生が変わりました‼今は世界を飛び回る自由な生活を送っています(^-^)💕稼げる女性になりたい‼人生変えたい方はこちら‼LINEID「@********」
Self-employment
出身校: Universite Paris-Sorbonne
Aichi-gun, Aichi, Japan出身
=============================================================================

嘘くさい!!
とにかく実在が疑われます。

以前から、他人の写真を使った架空アカウントによる不正行為は頻繁にありました。
偽アカウントはブロックしよう!!」で注意を促したこともあります。
友達申請の範囲を、友達の友達までとして限定していた時にはさすがにありませんでした。
ところがそれを解除してみたら、ぼちぼちと舞い込み始め、このところ少し増えたように思います。

グループの参加申請も、基本データが無いものについては実在が確認出来ないので不承認ですが、プロフィールやカバー写真もチェックの必要がありそうです。

何を企んでいるか判りませんが、くれぐれもお気を付け下さい。


へんぽらいの祭り談義 : 気をつけて!! - パスワード盗用の手口

メンバーが5,000名に到達しました

Facebookに「富士・富士宮」というグループを運営しています。
https://www.facebook.com/groups/fuji.fujinomiya/
郷土の素晴らしさを発信したいということで、富士宮、富士、富士山と西麓南麓地域の魅力を発信し、交流と活性化を模索する公開グループで、随時更新の写真や動画なども使った地域ガイドブックをめざしています。
それに共感してくれる人とグループを作り、メンバーがその素晴らしさや現在の状況を発信して行ければ一人でやっていることの何倍もの効果が上がります。

地域の魅力を発信する人は当然必要ですが、情報を受ける人もまた必要です。温かく見守って頂ければどなたでもお仲間で、メンバーはこの地域の人に限りません。富士山西南麓の発展のために多くの皆様のご参加をお願いしています。




5000

メンバーが4,000名に到達してちょうど1年、一進一退、あるいは三歩進んで二歩下がるというようなわずかな増加と減少を繰り返し、グループメンバーが本日やっと5,000名に到達しました。
そう書くといっぺんに何名かがグループを抜けてしまいそうなので、少し余裕が出来た所で御報告させていただきます。


このグループの一番の特徴はこの地域を発信することで、インターネットに広く地域の魅力を紹介することを目的にしていますので、投稿内容や書式はある程度限定されます。
この「富士・富士宮」グループの趣旨「富士・富士宮・富士山の魅力を発信する。」のために、広く五千名のメンバーに地元の魅力を伝え、情報や話題を投げかけるというガイドブック的な視点が必要です。
誰しも参加者の多いグループで主張したいものでしょうが、目的を持ったグループでは投稿やコメント内容もグループの趣旨に沿わなければなりません。

それでは不自由だとお考えの方には、同じ地域のテーマでトーク中心に楽しむ兄弟グループ「富士山おしゃべりクラブ」があります。
https://www.facebook.com/groups/fujitalk/
こちらは自由にトークを楽しむのが目的ですので、投稿の自由度は高く、よほどのことがなければ削除されることはありません。両方に参加して使い分けて下さい。

富士・富士宮グループは、これからも地域のさらなる発展を目指して行きます。
見守っていただけましたら幸いです。



以下メンバーの推移です。
===========================================================
◎2011 夏  グループを立ち上げました。
◎2012.5.30 グループメンバーは176名に達しました。
◎2012.7.1  グループメンバーは500名に達しました。
◎2013.12.26 グループメンバーは700名に達しました。
◎2014.3.26 グループメンバーは1,000名に達しました。
◎2014.5.13 グループメンバーは2,000名に達しました。
◎2014.7.19 グループメンバーは3,000名に達しました。
◎2015.3.6  グループメンバーは4,000名に達しました。
       へんぽらいの祭り談義 : グループメンバーが4,000名に達しました
◎2016.3.6  グループメンバーは5,000名に達しました。


※富士山の写真などに憧れてか、海外からも参加申請があります。
公開グループなので閲覧は自由に出来ますが、グループへの投稿やコメントには趣旨の説明を理解していただく必要があるので、日本語の説明を理解出来そうな方のみ承認しています。




FacebookへのBGM付き動画投稿

スライドショーやインターバル撮影、音の無い動画を見てもらおうと思うと、無音では少し寂しいものです。それでBGMを付けようと思うわけですが、楽曲の使用には著作権者の了解を得なければなりません。
以前富士山の写真で作ったスライドショーに、同名の歌を添えYoutubeにアップしていたことがありました。直接使用許可を得る方法や手立てが判らなかったので、楽曲の詳細な紹介と入手方法まで添えて著作権の侵害行為では無く楽曲の好意的な紹介であることを示したつもりでした。


PNTX4252

ある日チェックした所、著作権を所有するレコード会社からのチェックが入ったとの記述がありました。それまでにも著作権者の申し立てにより、楽曲を使用したスライドショーが削除されたりYoutubeのアカウントが削除されるケースを何度か見かけましたので、そのようなことがあればそれまでに私がアップした100を超える動画も消えてしまいます。
やむなく富士山のスライドショーを削除しました。

著作権に留意するのは写真にしても同じ事なので、それからは動画編集アプリに同梱されている音楽に頼ることにしました。




Youtubeでは問題なく投稿出来ていますが、FacebookではBGM付きの投稿は必ずはねられます。
たとえそれが著作権フリーで使用に問題が無くてもです。
BGMが使用されていると言うだけで投稿が受け付けられたとたんに削除されているので、機械が判断している物か人が機械的に判断している物か実験を試みました。

著作権フリーのBGMを付けたタイムラプス動画に、使用BGMが著作権フリーであることと作者の紹介を添えた所、問題なく受け付けられました。
やっぱり人が判断しているようですね。



「富士山宮おどり」と言う楽曲に私の撮影した写真と動画を配した作品です。
詩曲と歌の著作権者とのコラボと言うことを説明に書きましたので、これもFacebookでスムーズに受け付けられました。

どうやらBGM付き動画の投稿には使用に問題ないことの説明があれば良さそうなので、著作権フリーBGMを使用規定にのっとって使わせていただくのが手っ取り早そうです。

とりあえず、動画イメージに合うBGM探しですね。


Facebookページの投稿仕様変更か?

いつからなったものかは判りませんが、Facebookページへの投稿で気付いたことがあります。

52のコピー

Facebookページ「あいらぶ富士宮」にブログ記事をリンクしていた所、ブログからピックアップされた画像が表示されますが、それに画像を追加出来ることに気付きました。画像は投稿後の閲覧画面です。追加した画像も並んで表示され、隠れている部分を「<」「>」でスクロール出来ます。


他のFacebookページではどうかと「へんぽらい」にブログ記事を投稿してみました。

43のコピー

これが投稿画面です。
下の小さな写真が写真投稿スペースで、左端はブログから自動でピックアップされたもの。
右の枠内の「+」をクリックしてPCから写真2枚を追加した所です。
上にも並んで表示されました。


11のコピー

これが閲覧画面です。


複数写真を表示出来るので、案外便利かも知れませんね。


パクリツイートは画像を削除されました


ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、単純な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。








昨日報告させていただいたとおり、この写真(ビビのダイソンくぐり)に対する3件の無断使用ツイートの内、2件がまだ残っておりましたので、昨夜から個別に著作権に関する申し立てをして、該当ツイート3件はすべて写真を表示出来なくなりました。

今までうまく伝わらなかったような所もありましたので、著作権に関する申し立てから言葉を選び丁寧に説明した所、どちらも速やかに処置していただく事が出来ました。

削除結果


ツイッターサポート様にはお手数をおかけしましたが、心より感謝申し上げます。



平気で写真をパクる人はたかが写真と思ってのことなのでしょうね。
でもそのたかが写真でも、撮るためにはそれなりに手間がかかっているものです。
無断使用に対しては断固とした態度をとりますが、正規の手続きから使用することは認めています。
むしろそうしていただいた方が私にとってもプラスになります。

パクリはたとえ営利に使用しないと言っても、撮影者が写真を撮るために割いた時間・技術・思いに対するみじんの感謝もありません。

facebookなら「シェア」、Twitterなら「リツイート」で写真に対し自分なりのコメントを付与することだってできます。もちろん無料で。
写真使用にあたっての最低限の礼儀と言えば、撮影者名表記と元写真へのリンクでしょう。
「シェア」も「リツイート」もその必要最低条件を備えています。

誰はばかることなく気に入った写真を使うなら、正規の手続きさえ踏めば良いのです。
それに少しの感謝でも添えたなら、どちらにとっても気持ちの良いふれあいが出来ます。

DSCF9352

そう思いませんか?

グループメンバーが4,000名に達しました

グループタイトル節分祭27

Facebookグループ「富士・富士宮」は富士山、富士、富士宮地域のローカルな情報を投稿し合おうと、2012年初め、あるいはその少し前頃開設したグループです。

◎2012.5.30 グループメンバーは176名に達しました。
◎2012.7.1  グループメンバーは500名に達しました。
◎2013.12.26 グループメンバーは700名に達しました。
◎2014.3.26 グループメンバーは1,000名に達しました。
◎2014.5.13 グループメンバーは2,000名に達しました。
◎2014.7.19 グループメンバーは3,000名に達しました。

当初の目標は中身の濃い1,000名ぐらいで、とりあえずは500名をと勧誘に励みました。
500名を突破してからは自然増にまかせておりましたが、1,000名を超えてから3,000名までは凄い勢いで増えました。その後増加ペースはスローダウンしましたが、本日2015年3月6日にメンバーは4,000名に達しました。
2015-03-06-20-47-50


自称へんぽらい(変わり者)の管理者としては、オリジナリティーを大事にしています。
以前の投稿にリンクをつけたら、グループはガイドブックにも百科事典にもなり得ると、いろいろ工夫して目次を作りました。

・祭りと催し 
・お店紹介(食事) 
・社寺・史跡・文化財
・富士山ビューポイント 
・名所紹介
・空からの眺め 
・古写真
・2014ホタル情報 
・話題 ゆで落花生、方言など 
・郷土史、伝説
・生き物図鑑(虫) ・生き物図鑑(脊椎動物) 
・各種活動 
・質問
--------------------------------------------------------
こうして作った目次ですが、グループのファイルでは、残念ながら画像を表示することが出来ません。
メンバー個人のファイルですと画像が使用出来ますので、案内も写真から惹きつけることが出来ます。
◎祭りと催し

どうしても画像ファイルを使用したい時は、管理人のファイルを使用することになります。

このように目的を持ったグループですので、投稿内容には制限も有ります。
公開グループなので、メンバーで無くても閲覧は出来ます。外国の方の参加申請も多々ありますが、注意事項もありますのでそれを理解出来ることが参加の条件となります。
このようにメンバーを厳選した上での4,000名到達ですから、感慨深いものがあります。

内容充実にはげまなくてはね。

メールのリンクに気をつけよう!!

「【Facebooksよりお知らせ】友達リクエストが届いています」
というタイトルのメールが本日届きました。
怪しいなと思いながら、Facebookを開いてリクエストをチェックして見ましたが、リクエストはありません。
それもそのはず、「Facebook」ならぬ「Facebooks」なのでした。

「【NAKANO】様からFacebooksの友達リクエストが届いています。「*****@************.jp」様へ。」
に続いて書いてあるURLは、
「Facebooksチーム こちらをクリックすると、このリクエストを承認するか、または相手に知られずに拒否することができます。」
「======================================このメッセージは貴方様宛てに送信されました。今後Facebooksからこのようなメッセージを受けとりたくない場合は、購読を停止するには以下のリンクをクリックすることができます。」
それぞれに続いて書いてあるURLは同じ。
つまりどれをクリックしても同じ所に飛ぶわけです。

長ったらしいURLの末尾に「****.html?pp=Ve57BHpqVeBjFsYQj7eiYA==」とあるのがくせ者。
以前似たようなURLをクリックしたところ、「いきなり注文を受け付けました。」と言うメールが送られ慌てたことがありました。
URLに仕掛けられた自動送信らしく、それに慌ててメールなど送ると深みにはまるという寸法。
その時は経緯を整理し保存した上で無視したところ、その後何もありませんでした。
ともかく何らかの意図のある引っかけです。
メールのリンクはうっかりクリックしないようにお気をつけ下さい。

今日、もう一つありました。
「佐川から*****@***********.jp様に不在通知」
というもの。
急送便会社の名前を騙るフィッシングメールです。
「↓確認は下記から↓」
「↓↓送付停止はこちら↓↓」
これに続くURLも「****.html?pp=Ve57BHpqVeBjFsYQj7eiYA==」
あらら、まったく同じだ。

http://*****.********.asia/as/member/main/Top.html?pp=Ve57BHpqVeBjFsYQj7eiYA==
http://*****.********.asia/as/member/main/Top.html?pp=Ve57BHpqVeBjFsYQj7eiYA==

書かれたジャンプ先ですが、先のがFacebooksで、後のが佐川を騙っているもの。
***で書かれたところは文字列が違いますが、どうやら同じ者の仕業ですね。

「君子危うきに近づかず」
こんなメールが来たら、削除に限ります。
お気をつけ下さい。

やっきりしちゃう!

DSCF3285

ホタルが舞い始めました。2014.5.29 星山浄化センター付近にて

「富士・富士宮」グループの説明も読まずに自分勝手な投稿をする人が多いので、明らかに自分の個人ウォールと間違えたような投稿は問答無用で削除するにしても、微妙なものには注意しなければなりません。
このグループが目指すのは情報や話題を求めて訪問する「地域のガイドブック」です。
参加者それぞれが「自分が何をした」と書いていたら、求める情報に行き着くことが出来ません。
説明に「私的投稿は禁物」と書いてあるのはそのためです。

「どこどこで何を食べた。」という投稿がよくあります。
自分の個人ウォールやブログにどうぞ。
せめて「何処にある○○というお店で食事をして、大変美味しかったのでおすすめします。」ならグループウォールへの投稿として少しは許せます。
所在地が無かったら補足したり、判らなかったら投稿者に聞いてみます。


写真投稿については何度も説明を表示させていますが、なかなか読んでもらえないようです。

写真投稿について------------------------------------------------------------------ここから
「富士・富士宮」グループは地域の魅力をインターネットに発信するガイドブックを目指していますので、魅力を伝える写真の投稿を歓迎します。
投稿に際しては、魅力を伝えるという観点で投稿者本人が撮影した写真を使用し、「いつ」「どこで」「何を」「どう感じて」といった必要最小限の情報を必ず添えて下さい。
●なんだか判らない情報の乏しいもの、投稿意図のわからないもの、私的な物事や考えなどはガイドブックにふさわしくありません。
また、他人の撮影した写真を無断で投稿することは絶対におやめ下さい。
このグループの充実にご協力いただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------ここまで

画像ばかりがいくつも並ぶものは、スマホからの投稿でしょうか。
こういったものには説明が不足しがちです。
ガイドブックへの投稿としては情報や話題を投げかけるといった視点が必要ですが、投げっぱなしで説明不足がほとんど。投稿数の多いグループですから、以前の投稿を探す際、ウォールをスクロールさせての検索では時間も手間もかかりすぎます。こんな時、投稿に写真が添えられていた場合には、写真を探すことで見つける手間が大幅に軽減されるものですが、そこに判りにくい写真がむやみに放り込まれていたらとても邪魔です。

多くの方がコメントを寄せた投稿でも、やがてはウォールを押し流されて行きます。
興味深い投稿でも投稿自体にリンクを貼ることはできません。
でも、一つの写真だったりPCからアルバムの形で投稿された複数写真だったら、投稿に寄せられたコメントも含めてリンクからたどることが出来ます。スマホからの複数写真一括投稿ですと、個々の写真にはリンクを貼ることが出来ても、元投稿に寄せられた説明やコメントまでは見る事が出来ません。
流されたら消えるしかありませんね。

事細かに説明を書けば読んでもらえず、やむなく投稿にお願いを書いて注意喚起をしていますが、あらためてグループウォールを見ると、私の書いたお願いや注意書きばかりが目立ちます。
正直言ってやっきりしているところですが、趣旨が多くの方に理解されるまでは続けなければと思います。


へんぽらい写真日記 : Facebookのグループ管理

誤解

_DSF3257

Facebookの受信箱へのメッセージはアイコン表示で到着が知らされます。一方で、友達でも友達の友達でも無い方からのメッセージは「その他」のボックスに送られます。スパムメールを防止するためなのでしょうが、そのために気付かれぬまま放置される事が多いようです。

たまにはチェックしなければと開いてみて、抗議のメッセージがあるのに気付きました。

*****************************************
特に入会もいいねもしていないのに、承認などがきて記事がアップされていますので、今後一切のコンタクトはやめてください。
******************************************

多分グループ関連の事で
「参加申請をしたおぼえも無いのに承認の通知が送られ、グループへの投稿がお知らせで届くから迷惑だ。」
という事なのでしょう。

いくつかのグループを管理運営しておりますので、それぞれのグループメンバーからその方の名前を探しましたが見つかりません。ご自分で退会処理をされたものと思われます。
しかし誤解されているようなので、釈然としません。
管理グループのメンバー承認はほとんど私が行っておりますが、グループメンバーなら誰でも承認が可能です。でも承認通知が届いたと言うことなら申請があったと言うこと。誰かが勝手にメンバーに加えたわけではありません。
考えられるのは、ウォールで表示される「おすすめのグループ」の参加ボタンを誤ってクリックあるいはタッチしてしまったものでしょう。

返信で説明を送るのも、言い訳みたいなのでやめておきます。
不審を感じている方には、つきまといやストーカー行為にしか見えないでしょうから。

それにしても、嫌な感じは解消されません。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ