へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

夕景

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

橋と富士山

橋から見た富士山の夕方版です。
2月8日の夕刻、紅富士には少し時間が合ったので神田川に沿って歩きました。

PNTX4644

御手洗橋から


PNTX4649

神田橋から


PNTX4650

神田宮橋から


PNTX4654

南神田橋から


PNTX4655

神田川の小径橋から


PNTX4656

身延線神田川橋梁と富士山


PNTX4658

身延線高架と富士山



PNTX4657

大宮浅間橋と富士山



へんぽらいの祭り談義 : 視点探し

夕焼けの色は?

朝はべったりとまとい付くような雲に覆われていた富士山でしたが、昼頃から雲が消え夕刻にはすっきりとした紅富士になりました。少しずつですが日も延びてきたようです。


PNTX4638

16:30 まだ焼ける以前、少し黄色みを帯びてきたくらいの富士山です。




PNTX4659

16:53 うっすらと赤味を帯びてきました。




PNTX4667

17:00 赤味がはっきりとしてきました。




PNTX4674

17:07 赤味だんだんと濃くなりました。




PNTX4684

17:16 紅味がますます濃くなって行きます。



PNTX4691

17:19 朱色がかった赤味も、紫がかった紅味に変わりつつあります。


PNTX4699

17:22 最紅潮を迎えました。



PNTX4700

17:23 紅味が後退して行きます。



PNTX4704

17:24 夕焼けも追い詰められ、影が富士山を飲み込もうとしています。



PNTX4707

17:25 夕焼けが消える時です。

朝から好天に恵まれ、最初まとわりついていた雲も吹き払われましたので、夕焼けを期待して夕刻出かけました。
色の移ろいを記録出来ましたので、ご紹介しました。


へんぽらいの祭り談義 : 紅富士が素面になるまで

紅富士が素面になるまで

前日に比べれば色づきは薄かったけれど、今日も染まるのを見ていました。
PNTX4310

いつもと違う社務所屋根越しの富士山です。


PNTX4312

そして祈祷殿前から。



10秒に1枚のタイムラプス撮影を1/2倍速の動画にしました。

紅潮した雪化粧がやがて影に飲み込まれ、素面になるまでを撮影しました。
もう少し早い時間から撮り始めれば色の移ろいも撮れたのでしょうが、露出も含めて次回撮影の課題ですね。



へんぽらいの祭り談義 : 化粧直しの紅富士を浅間大社より

暖かい雨上がり雪化粧は?

朝方まで激しい雨。
強風で庭の木が倒れるなど、大荒れでした。
富士山もときおり顔を出していたようですが、わが家からは何度見ても雲が邪魔していて空振りです。

PNTX3633

夕刻雲が消えるのを期待していましたが見事に裏切られ、夕焼け雲にのしかかられるが如き富士山でした。


PNTX3635

夕焼け雲の下に右側稜線が少し覗けました。


PNTX3636

宝永山周辺が見えています。


12月9日の富士山
PNTX3611P

9日は宝永山にもまだ雪が残っていましたね。
暖かい雨で、このあたりは溶けてしまったようです。


PNTX3638

空は雨上がり、でも雲はくせ者。


PNTX3639

夕陽に染まる雲と青空です。

夕空

夕焼けに気がついた時には、紅富士も盛りを過ぎていました。

PNTX3611

いつもの場所まで行く頃には紅富士は消える間際。
またそろそろ化粧直しが欲しい頃合いです。


PNTX3612

西の空にはまだ夕焼けが残り、雲を茜に染めています。


PNTX3613



PNTX3614

西の山際近くの空にはひときわ赤く焼けた雲が見えます。


PNTX3615




PNTX3621


しばらく夕焼け雲を眺めていました。



へんぽらいの祭り談義 : 本日も夕焼け

遺伝でしょうか

歯医者さんと内科の予約がダブり、内科医院に30分遅れで到着すると息子と同じようなジャンパーが見えました。あらためて見ると、まさに息子。
隣に座り聞くと、咳がしばらく続いているとのこと。
一度体調を崩すと咳が止まらないのは、私と同じです。

昔は祭り準備中に風邪を引くことが多く、風邪は治っても咳が抜けず咳をこらえながら笛を吹いていたものでした。
虚弱体質が遺伝したものでしょうか。

ちなみに私の内科通院は持病の糖尿病の定期検査です。これは父親と叔母が糖尿病でしたので体質が遺伝したものらしく、私の加齢による血圧上昇も母親の高血圧が関係しているかも知れません。
こちらの体質は息子には遺伝して欲しくない所です。

病院での検査を終えて薬局に立ち寄ると、向かいのスーパーの横に夕陽に染まった富士山が見られました。雲がちょっと残念でした。

image

本日も夕焼け

富士山は少し霞んでいましたが、本日も綺麗な夕焼けでした。
富士宮市中央図書館駐車場から浅間大社の森越しに紅富士を見てきました。

PNTX3575

夕焼けの盛り。


PNTX3576

望遠で山頂部を望む。


PNTX3582

消えかける夕焼け。
こうなると消えるまであっという間です。

強風続きでしたから尾根筋の雪は飛ばされ溶けて地肌が見えていますが、雪が舞い込んだ谷筋はしっかりと雪が残りますので、簡単に全部が溶けることはもう無さそうです。




へんぽらいの祭り談義 : 紅富士 浅間大社より

紅富士 浅間大社より

今日はあまりにもきれいな快晴と雪化粧だったので、紅富士に期待した所きれいに染まってくれました。

PNTX3516

祈祷殿前で染まるのを待ちました。
本殿屋根と富士山です。

PNTX3522



PNTX3524



PNTX3531



PNTX3541

大地の影がここまで覆うと、紅潮は空に抜けるだけ。
まさに消える寸前の紅富士です。



へんぽらいの祭り談義 : 雪化粧定着

赤富士と不思議な飛行機雲

夕空がきれいだったので、浅間大社周辺を散策。

PNTX1430

赤く焼けた富士山がくっきりと見えました。

PNTX1441

雪が欲しいですね。


PNTX1447

雪化粧が染まるなら紅富士なんだそうな。
山肌だと赤富士。


PNTX1476

不思議だったのがこれ。
西空の飛行機雲は夕陽近くを飛ぶと黄金に輝きます。
これは南寄りだったせいか、赤い夕焼け雲並み。
先に飛んだ飛行機の雲は太い航跡で大きく曲がっています。
その上には尾の細く短い飛行機雲。
左側には太い航跡で影のある飛行機雲。


PNTX1475

飛ぶ高さなど気象条件の違いなどがあるものでしょうが、同時に見られた3種の飛行機雲がなんだか不思議でした。

昨日の夕空

10月20日の夕方は霞が強く、富士山はきれいに見えませんでしたが、西空の夕焼けがなかなか素敵でした。

PNTX1192

夕富士


PNTX1191

夕月


PNTX1187

夕焼け雲


PNTX1194

夕空グラデーション



記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ