へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

月・星

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

アルデバラン食と月夜の徘徊

新年月初め : へんぽらいの祭り談義

新年早々月の話題に事欠かない。

金星、火星とのランデブー、月面Xと続き、今度はアルデバラン食。

アルデバラン食

富士宮市宮町自宅庭から、時計が合っていればどちらも1月10日0時0分の撮影です。

左が隠れる寸前で右が隠れた後。
ほとんど続けてシャッターを切っていましたので、一瞬にして消えた感じ。

実はこの夜滅多に出会えない体験をしました。
望遠で月を狙おうと三脚にカメラをセットし、ファインダーで月を探していた時でした。
月を捉えた瞬間、月面を旅客機が横切っていったのです。
左手はカメラとレンズを支え、右手は自由雲台のクランプでしたからシャッターを探す程の余裕もありませんでした。
離発着の多い空港周辺では無く、富士山周辺ゆえ飛ぶ飛行機は多少大いにしても月と重なる事自体が稀な事。
そしてそれが月を捉えた瞬間だというのは、まさに奇跡的でした。


月と飛行機と言えばもう一つ思い出します。
夜、祭り準備で区民館に向かう時でした。見上げれば満月が煌々と照らしています。
その月面に2本の電線(そう見えました)がかかっているのですが、いつも見る電線よりはるかに高く電柱の高さから見てもあり得ないところに見えました。その線をたどってそれが飛行機雲だとやっと気付きましたが、道路脇の電線と偶然平行だったのが飛行機雲を電線と勘違いした原因でした。



月を見るようになったのは月明かりで夜景の背景に富士山が写せないかと思った時です。
満月の師走深夜、近くに民家もなく明かり一つない羽鮒山展望台にでかけました。
山林の中を進むのに、樹間から射す木漏れの月明かりがとても心強く思え、時々ライトを消してみたほどです。

月夜の徘徊が始まったのは、それからでした。



NKN_3360-800

月明かりで見る富士山の姿です。
雪化粧が月明かりに映えます。
2015.11.28 富士山水が塚駐車場より



PNTX3429-2-1200

充分露出をかけると昼間と見間違えるようにも撮れますが、そこはほどほどに。
この写真では虹が見えるように明るく処理しています。滝壺に架かる虹は月光によるもので、月虹(げっこう)と言います。
2015.11.27 富士宮市白糸の滝にて


PNTX1698-800

2017.1.12 満月の夜、久しぶりにこの羽鮒山展望台を訪れました。

満月前後は明かりがなくても足下が見えます。
ライトを消しても不安を感じないほどで、月夜に狸が浮かれ出ると言われるのも判る気がします。

私が月に惹かれるのは、うさぎ年生まれだから?



富士宮には何度も訪れコンサートを開いているソンコ・マージュさんの、歌と演奏「トゥクマンの月」をご紹介します。
アタウアルパ・ユパンキ作詞作曲のフォルクローレの名曲で、多くの歌手によってカバーされています。ソンコ・マージュさんはユパンキの弟子でその高い音楽性を認められ、ユパンキから愛用のギターの名器(ヌーニェス)とともにソンコ・マージュの名を贈られました。

亡くなった叔母が生前親しくしていただき、弟の結婚披露宴でミニコンサートをしていただいたのが良い思い出です。

新年月初め

1月2日の夜夕空を見上げた所、薄い三日月の隣に宵の明星と呼ばれる金星が並んでいました。
翌3日には月の出が遅くなった分金星は離れましたが、月の近くには火星が。
5日には月面Xなる現象が見られ、今年は始まりから天気も良く月が見頃でした。


PNTX1532-2-800

平成29年1月2日の月と金星のランデブーです。



PNTX1546-800

平成29年1月3日は月と火星がランデブー。



PNTX1549-800

平成29年1月3日、月の近くに火星、金星は下に離れました。



PNTX1564-800

平成29年1月5日は月面Xなる現象が見られました。月面明暗の境左から1/4程の所にXの字が見られます。



PNTX1564-2-800

月面Xの拡大写真です。
画面ほぼ中央特に明るく見えるのがそのXです。

月世界への招待 月面Xについてに説明がありました。
上弦のたびに見えるわけではなく、継続時間が1時間程度と短いので大体1年に数回程度しか見られないそうです。

この機会を逃さずに済んだのは、末永さんの投稿があったからです。
ありがとうございました。


十三夜夕景-月と剣が峰 : へんぽらいの祭り談義

富士山頂満月の徘徊 その2 2016.8.18-19

富士山頂で迎えた2度目の満月は8月の18日でした。


PNTX9107-800

夕刻雷雲が頭をもたげ、月の出は絶望的な状況となりました。
いったんは引き上げたのですが、雲が覆い雷鳴が轟くその中で雲間に月が顔を見せました。



PNTX9119-800

雲の合間に月が昇りました。

雷鳴轟くこの状況では、星空や月明かり照らす夜景は無理かと半ばあきらめていました。

明日は下山です。
このまま雲が増えれば、前月のように星空も月明かりの夜景も撮れずにシーズンを終わる事になります。天候の回復を祈りつつ夜中まで休みました。



目が覚めたのが2時半頃、外を見れば月明かりが皎々とあたりを照らしています。
機材を背負って飛び出しました。


◎月明かりの富士山頂

雷鳴を轟かせていた雷雲は遠くに去り、頭上には星空が広がります。
下界の雲も薄らぎ、街明かりがきれいに見えます。
月明かりで山頂の風景もよく見えました。


PNTX9165-2-800

富士宮口頂上から登山道を覗くと、月明かりの中を登ってくる登山者のライトが見えます。




PNTX9167-800

月明かりに照らされた山頂奥宮




PNTX9173+800

月明かりの奥宮と星




PNTX9185-800

剣が峰に登る




◎月明かりと街明かり

PNTX9171-3-800

駒ヶ岳より満月と駿河湾を望む



PNTX9186-800

馬の背より満月と富士市の街明かりを望む



PNTX9192-800

三島岳より駿河湾沿いの街明かりを望む



PNTX9195-2-800

三島岳より沼津方面の街明かりと明け初める空を望む



◎月と剣が峰


IMGP7504-800

三島岳から剣が峰と満月と富士の街明かりを望む



PNTX9223-800

明け始めた空に剣が峰と満月を望む



PNTX9263-800

朝日が剣が峰にあたり満月が沈みかける雲海に影富士が映る



三島岳からの眺めは御来光が見えれば、影富士も期待出来ます。



富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21 : へんぽらいの祭り談義

富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21

7月20日の滞在2日目は満月でした。
この朝御来光を見た朝日岳の周遊道付近で満月の出を待ちました。

PNTX7981-800

月が雲海から昇りました。


PNTX7984-800

満月がいびつに見えるのは、満月のあたりの空気が上と下で屈折率が違うからです。



PNTX7999-Pano640

ワイドで見れば満月も小さい物ですね。



PNTX8003-800

満月もここまで昇るとようやく丸く見えます。




PNTX8024-800

駒ヶ岳の鳥居越しに満月を見る。
天気がこのままなら夜景も楽しめると思ったのですが、少し薄雲がまとい付いているのが気になりました。




DSCF0620-800

空には星が見え、月明かりで景色も見え、登山者のライトが線を描く。
こんな天気を期待していたのですが、残念ながらそうは行きませんでした。




満月の登山道+800

午前2時10分、月明かりはガスがかかって今ひとつ頼りありません。
御来光までまだ3時間近くもあるので登山者の灯りはまだまだ遠くです。
下界の街明かりでも見えれば楽しいでしょうが、雲が蓋をしています。
雲の切れ間に見えるオレンジの灯りが、上の写真を撮ったシャトルバスの発着所水ヶ塚駐車場でしょうか。




PNTX8031-800

月明かりで夜目にも奥宮は見えるけれど、ガスに覆われた空に星は見えません。
月明かりがあってガスが切れれば景色も見えるかと思いましたが、月さえもガスで見えなくなったのでこの夜は徘徊を断念しました。


月夜が好天とは限らないけれど、月の出と夜景が少し見られただけでも良い方だったのかな。

8月18日の次の満月に望みを託しました。






富士山頂滞在記 御来光(日の出)と月の出 : へんぽらいの祭り談義

月夜の富士登山

月夜には月明かりに照らされた富士山を撮り歩くのが恒例の行事で、街の夜景と合わせることもあれば月明かりに照らされた富士山だけの事もあります。


DSCF0620-800+1

2012.08.01 00:07 水が塚駐車場より
4年前の写真です。
月明かりに照らされ、夜登山する人たちが疎らですが6-7合目あたりに見えます。
山頂に早く着きすぎたら、真冬並みの寒気の中で寒さをこらえて5時近くの御来光を待たなければなりません。
時間が早いこともあり、あまり高いところまでは登っていないようですね。




PNTX8034-800

2016.7.21 02:10 富士宮口頂上より
今年1回目のチャンスでした。7月20日は満月で、日が変わった21日未明です。
月は見えるもののガスがかかり、この後ガスが濃くなって月さえも見えなくなりました。
この時間に頂上まで登って来ている登山者も数名居ましたが、建物の影で身を寄せ合い風を避けたり、剣が峰を目指して行ったりさまざまでした。
前日の御来光の時間は4時47分頃でしたから、さらに2時間半ほど待たなければなりません。
これだけ寒さをこらえて待てば、御来光の暖かさが身にしみて有り難いでしょうね。



PNTX9165-2-800

2016.8.19 02:56 富士宮口頂上より
好天を待って5日目の満月の夜(未明)です。
三度の登山で滞在日数は10日目、ようやく晴れたのがこの満月の夜でした。
満月が照らす薄雲の下には、駿河湾に面した富士市から沼津市の海岸線の街明かりが見えます。
薄雲の向こうには少し縮んだ入道雲も。
そして9合目、9号五勺からこちら山頂に向かって登ってくるライトが光の線を描きます。
待ち構えるのは、申年で建て替えられたばかりの山頂の鳥居※です。

4年前に月明かりの富士登山を見た水が塚駐車場の場所が、登山者のライト左上に見える灯りでしょう。あの場所からこの光景を見て、同じ思いを抱いた人も居たかも知れませんね。

月は新月を過ぎ星がきれいに見える頃合いでしょうが、台風が災いして登るのを足止めされています。
今年最後のチャンスは、閉山前に巡ってくるのでしょうか。





※岩淵鳥居講によって申年に建て替えられる。

満月の富士山頂 : へんぽらいの祭り談義

富士山に雨上がりの星を見に行く

定例囃子練習に出かけると、祈祷殿前から富士山に山室の灯りがとてもクリアーに見えました。練習中頭上に見える3つの星をスマホで調べてみると、夏の大三角と呼ばれるアルタイル、ベガ、デネブだと判りました。これだけ星が見える日は珍しくこれを見逃すことはないと、頂上で星を撮る練習を兼ね富士山中腹の西臼塚駐車場に出かけました。

最初のエラー表示で、メモリカードをPCのカードリーダーに差したままだったことに気付きました。
ありがちな失敗ですが、第2スロットに補助記録用のカードがありましたのでこれを初期化して使用。
山頂でなくて良かった。



PNTX9458+800

富士登山もいよいよ終期、富士山には山室の灯りがともり間に登山者のライトが見えます。



PNTX9466-800

富士山の上、斜めにかかるのが天の川です。



PNTX9469+800

頭上の天の川を。



PNTX9474+800

50价云播瀬譽鵐困如△呂ちょう座あたりを狙ったつもりだったのですが。
このレンズは解放値が1.4と明るく、ファインダーで星を捕らえることが出来ます。
活用しなければ。



閉山前最後の機会を何とか逃さぬよう、準備を進めます。
山頂の忘れ物は致命傷ですので、気をつけねば。









満天の星見られるか : へんぽらいの祭り談義

満天の星見られるか

PNTX9235-800

今年 三度目の富士登山は5日間の滞在で、 登る前に撮りたいと希望していた写真は帰る日の未明にまとめて撮ることが出来ました。

心残りは、月の無い夜に星に近い山頂から満天の星を見ること。これがまだ出来ていないことです。
台風一過の好天に星空を見たい。そうは思うものの、何時登ればそれが見られるのか台風事情が大きな障害です。
9月になれば落ち着くのではと思いますが、予想は外れることも多いので

浅間大社奥宮には、長いことお世話になりましたのでお礼参りに行かなくてはと思っています。
この際には必要最小限の荷物で、以前10時間かかった時間がどれだけ短縮できるか試したいと思っています。



PNTX9194-800

でも満点の星空だけは撮りたいから、デジ一に軽量三脚と広角レンズは必要。



PNTX8761-800

新たに思ったのは、山頂から市街を望遠で撮りたいということ。この写真の何倍かに引き伸ばせたら富士山に面した我が家の窓も見えるんじゃないだろうか。となると、堅牢な三脚と望遠レンズが必要です。10時間かかった時より装備の重量がかなり増すのは必定。


今期最後は自分の足で登り、締めくくりたいもの。
でも前回かかった時間は10時間、減らせると思った荷物は逆に増えそうなので今回は2日がかりか?
山室や奥宮の閉山準備も気になるところ。昨年登り損なったのは、次々に襲来する台風で機会を失ったためでした。山頂の天候は思い通りには行きませんが、新たな台風などは発生しないで欲しいものです。



申年小縁年で奥宮の竣功、今年は記念すべき年でした。
この機会に慢性の膝痛や肘痛などが軽快したのは、まるで富士山に誘われたかのようです。

くたびれもうけに終わるかも知れませんが、できたら気持ちよく締めくくりたいと思います。


下山報告 : へんぽらいの祭り談義

富士山頂満月の星達

富士山頂ではきれいに晴れた月の無い夜には、おびただしい数の星が見えるのだと聞きました。
星に詳しいある人はこうも言いました。
「上空は晴れ、中腹あたりにかかる雲が下界の灯りをブロックしてくれるとそれは素晴らしい星空になる。そんな時寝転んで空を見ていると、まるで宇宙空間を遊泳しているような錯覚に陥ることがあるんだ。」
そんな夜に出会いたい物ですが、満月が煌々と輝く夜では星は姿を潜めてしまいます。
それでも月を背にして夜空を探せば、いくつかは見知った星座を見つけることが出来ます。


PNTX9167-800

午前3時頃の満月が照らす富士宮口頂上です。
駒ヶ岳から浅間大社奥宮と剣が峰方向を見ています。
画面すぐ左に満月があるので、見える星は限られます。



PNTX9176+800

浅間大社奥宮から馬の背側にしばらく進み、奥宮越しの空を見ています。
奥宮のすぐ上にオリオン、画面中央の少し上には昴も見えます。
オリオンが冬の星座と呼ばれるのは、冬になれば早い時間に空に昇るから。
この季節では夜明け近くなので、人目につきにくいですね。



PNTX9178-800

馬の背側に少し進み、火口側を見ます。そこそこ星も見られました。
もう御来光待ちで剣が峰に登っている人が居ます。



PNTX9185-800

馬の背下で剣が峰と火口方向を見ています。
登山者のヘッドライトが線を描きます。



PNTX9194-800

三島ヶ岳の鳥居越しに東の空を見ると、夜明けの萌しが空の端に見えます。



PNTX9195-2-800

夜から朝への移ろいの時、空が白むと共に星は姿を消します。



冒頭で聞いたような、月明かりが無い夜に宇宙空間を遊泳しているような星空見物を、一度体験してみたいと思っています。

できれば今シーズンにもう一度登ってみたい物ですが。



満月の富士山頂 : へんぽらいの祭り談義

満月の富士山頂

8月18日
IMGP7497-800

満月のこの日、予定では剣が峰から見て奥宮方向に満月が昇るはずでしたが、夕刻むくむくと雷雲が頭をもたげガスが去来します。
距離を置けばガスの影響も大きく剣が峰からの撮影は断念。
奥宮近くで月の出を待ちましたが、ガスに覆われ一度撤退しました。





PNTX9107-800

気がつけば雲間に月が見えます。
再度カメラを持って出かけました。




PNTX9120-800

雲間に昇る満月です。なかなかすっきりとは行きません。




PNTX9135-2-800

駒ヶ岳の鳥居と満月です。




PNTX9136-800

奥宮の標柱、燈籠と満月です。




PNTX9141-800

奥宮屋根と雲に隠れた満月です。


PNTX9155-800

奥宮屋根と満月ですが、微妙な位置関係などで今ひとつです。


ガスが治まることを祈って、月が昇るまで仮眠。

19日未明
目が覚めたのが午前2時半頃。外に出てみると月明かりが山頂を照らしていたので、機材一式を担いで飛び出しました。

PNTX9170-800

駒ヶ岳から富士市側を見た物
駒ヶ岳からだと位置のために登山者のライトは見えませんが、富士館前から覗くとライトがよく見えます。富士市から沼津市にかけての街明かりが見られます。月が照らす夜空には雲も浮かびます。





PNTX9192-800

剣が峰登り口馬の背下から見た夜景です。
中央の街明かりが富士市、左が沼津市で上には静岡市の灯りも。




IMGP7504-800

夜明けが近づき、空が白み始めました。
剣が峰もうっすら見えています。



IMGP7510-800

空が明るくなると月も街明かりも霞んで行きます。



IMGP7521-2-800

朝焼けの光りに西の空にも朱色が射しました。



IMGP7524-800

御来光に剣が峰が照らされ、伸びた影富士の向こうには光を失った満月がありました。



PNTX9260-800

影富士と満月の競演です。
陽が昇り空が明るくなれば満月は輝きを失い、やがて沈んで行きます。

7月19・20・21日、7月26・27日、8月15・16・17・18・19日と10日間の滞在で、最終日にやっと撮りたかったものの多くを撮らせて貰えました。

この好天は最高の贈り物です。



満月の富士山頂から : へんぽらいの祭り談義

富士山頂で月夜にしたいこと

PNTX6778-1-640c

6月18日に富士ヶ嶺から撮影した写真です。
大きな月を何かと重ねるのが目下の私の課題です。

8月15日に富士山に登りますが、山頂で重ねるとすれば沈む月と剣が峰、昇る月なら奥宮でしょうか。



0815

月の昇る方角を調べたところ、今回登る15日の月の出は16時5分で剣が峰から見ると公衆トイレの方角。お鉢巡りを北に少し移動すれば、奥宮と月を重ねるのは可能かな。



0818

ところが、満月の8月18日では剣が峰から見てちょうど奥宮方向から18時22分に満月が昇るとの事。
これを見逃す手はありません。


前回7月20日に剣が峰から撮った写真と雲海から昇る満月を合成してみました。

奥宮と満月+800

できれば望遠でもっと大きく撮りたいものです。


ところが「二つの台風 日本へ接近の恐れ」で、台風は本州中部方向に進みそうでこの進路では台風の影響は避けられそうもありません。先のことゆえ絞りきれないとのことですが、よほど運が良くなければ台風にぶつかってしまうでしょう。

雲の上が晴れなら問題はありませんが、空が見えないような天候であれば奥宮例祭と先日鳥居講の奉納した鳥居を取材し、月や星は次の機会に望みを託して即日下山となります。

さて、どうなりますか。


3回目登ります : へんぽらいの祭り談義

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ