へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

健康

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

雪化粧

ここ数日体調を崩し、外出もままなりませんでした。ようやく動けるようにはなったけど、まだまだです。
今朝方富士山の雪化粧がきれいに見えたので、近くの富士宮市中央図書館駐車場から写真を撮りました。



PNTX1205-2-800

空は晴れ、好天の模様。



PNTX1207-800

陽射しがあたれば水蒸気が上昇し、雲となります。



PNTX1210-800

むくむくと頭をもたげた雲に、見る間に覆われてしまいました。


隣に出かけたぐらいで息切れとは、なかなか体長が戻らぬのはけっこう老化が進んでいるのかな。





冷え込む秋 - タヌキ続報 : へんぽらいの祭り談義

黒酢ショウガのおかげかな 血圧改善

近年血圧が上がり気味でしたが、本日の特定健診で数値の改善が確認されました。

昨年より上で10以上減っていて、二度計っても同じ数値。
緊張性の私は、病院やこう言った場所では自宅で計るよりどうしても高くなってしまいます。でも同じ条件ですから数値の改善は素直に喜べます。

「黒酢ショウガのおかげかな?」

そう言ったところ、血圧を計っていた看護師さんが「やってみようかな」と言ってました。
薬に頼らず、食べ物で改善出来ればそれに越した事はありません。

この黒酢ショウガはテレビで紹介されたものを見て、作り方をネットで探したものです。

・黒酢100ccにハチミツを20cc
・ひねショウガのみじん切りを100g

image

これをまぜて冷蔵庫で保存し、毎食時に茶さじ1杯程度を摂ります。
汁物に混ぜたりドレッシングと一緒にかけたりすれば、特に違和感も無く摂る事が出来ます。

効き目を実感出来たのは、10日目ぐらいからだったかな。

血圧が気になられる方は、お試し下さい。




症状がゆっくり出ると重いのかな? : へんぽらいの祭り談義

閃輝暗点(せんきあんてん)=偏頭痛オーラ

IMGP6960

長年悩まされてきた視野に現れるギザギザと、言葉でしか知らなかった「閃輝暗点(せんきあんてん)」が今日初めてくっつきました。

偏頭痛になる前に見える視覚現象、「偏頭痛オーラ(閃輝暗点)」を絵で表現 : カラパイア
閃輝暗点(せんきあんてん)は、別名「偏頭痛オーラ」とも呼ばれ、偏頭痛の前兆現象として現れることが多いのだそうです。

文中最初に表示されている絵がまさに私の見る視野のギザギザで、このギザギザにプリズムを通したスペクトルのような光が見えるものです。
これが出ると仕事にならず、目を閉じて横になり安静にしているしかありませんでした。



2011k

毎年欠かさず撮っている富士宮まつりの平成23年登山道整列です。
この前年の22年が欠落しているのですが、朝からの曳き回しから帰った際に閃輝暗点が起こりしばらく休んでいたため撮れなかったのです。



昔、父親が現役で撮影していた頃の事です。
いきなりピントを見ろと言われ、代わってピントを合わせた事がありました。
父親は糖尿病でしたので、眼底出血などの視覚異常か?と心配しましたが、そうでは無かったようです。体質が似ている息子は、あれも閃輝暗点では無かったかと今にして思います。


一方で閃輝暗点と言う言葉も、何度か耳にしたことがあります。
これは親しくしていただいた神主さんから伺った話ですが、浅間大社を参拝された老婦人を案内していた時にこう言われたそうです。
「この神社はご祭神の格が高いから、光が見える。」
その光のことを「閃輝暗点ではないか」とその神主さんが話してくれました。

芥川龍之介もこの症状に悩まされていたようで、作品『歯車』の中で触れているそうです。


とにかく安静にして休むのが対処法でした。
先日、このまま観察したらどうなるのだろうと横にならずに不調をこらえながら様子を見ていると、しばらくして症状が消えました。
視界が損なわれるのは困りもので、安全を確保して視界が戻るのを待つしかありません。
でも、いたずらに恐れることもありませんね。

持病は持病として、うまく付き合っていく事でしょうか。





=参考リンク=
Wikipedia(閃輝暗点)

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ