へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

占い

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

易 - 2

イメージ 1

そんな簡単に卦を読み解ける訳じゃないけど、こつのようなものを感じながらいろいろ占った。

不思議な事に卦をたてている途中でこれはこの卦じゃないかと思うとまさにその卦だったりした。
だんだん卦を与えている者の正体が見えてきた。
それは自分の中にある潜在意識、まさに自分自身なんだと。

潜在意識というもの、それはたとえば直感という形で現れる。
「直感は過たず」と言う。
意識下の判断はさまざまな要因に影響され、時に誤る。あるいは判断できない。
そんな時にひらめく直感はなんの根拠も無ければ説明もつかないが、当たっている事が多い。

潜在意識というものも単独で存在するわけでなく、通常の意識やその人の経験や思考パターン、精神状態などに影響されている。
だったら未熟なまま占いに頼るのは・・・。


※写真は7月1日の開山祭に行われる手筒花火

易 - 1

イメージ 1

若い頃いろんな占いに凝った。
当たってるとか当たってないとか言いながらいろんなものを試し、最後に行き着いたのが易だった。
得られた卦の判断は卦やコウに対するメッセージが主体だが、卦の表す形からの判断が大事なのだとか。

道具を売っている店も知らなかったので、寿司簾をばらして筮竹にするなど我流ではあったが、徐々に易にはまっていった。
得られた卦やメッセージをノートに書き、本を元にそれを読み解こうと努力した。
最初のうちは当たらなかったが、あとで読み返すと卦自体は明確な答を与えていたのに未熟さゆえの判断ミスだと思い知らされた。

そんな事を繰り返すうちになんとか卦を読むこつのようなものを会得したようだった。

記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ