へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

うろこ雲

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

巨大宇宙船発進す!! 調査隊報告


ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、単純な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。



=以下はフィクションです(笑)=


PNTX9796

巨大宇宙船が富士山を覆い隠した時の写真です。

へんぽらいの祭り談義 : 巨大宇宙船、富士山を飲み込む
でお約束したとおり、翌朝調査隊を派遣し記録しました。

ビデオ隊が記録した巨大宇宙船が飛び立つまでの動画です。

空を覆っていた雲が沈むように消えて行き、富士山の上で回転するかのような影が見えます。
陽があたれば半分透過するのは、空に溶け込むための擬態機能なのでしょうか。
青空が覆っている内は富士山の上で待機していましたが、雲が流れてくるとそれに紛れ姿を消しました。



以下スチル写真で説明いたします。
NKN_2576-1200

昨夕周囲に雲を放出し姿を隠した宇宙船が、周囲の雲を押さえ込み姿を現しました。



NKN_2612-1200

離陸し発進しようとしますが、空は快晴であまりに目立ちすぎます。


NKN_2634-1200

機体を透明化させ輪郭をぼかし、どうやら空に溶け込むつもりでしょうか。


NKN_2645-1200

山体に何重かの淡い雲がありますが、浮遊するために発している反重力波の影響でできたものです。


NKN_2689-1200

流れてきた雲の群れに擬態し、宇宙船はその姿を消しました。
まだ反重力波の影響で淡い雲がありますので、飛び立ってはいない模様。


NKN_2724-1200

いよいよ発進です。機体が浮き上がりました。(多分)


PNTX9823

山頂に名残の淡い雲が残りますが、どうやら飛び立ったようです。


PNTX9831

流れてきた雲がこれだけ多ければ、もう擬態した姿を探すことは出来ません。


PNTX9842

この一面のうろこ雲も、宇宙船が姿を隠すために放出したものかもしれませんね。



NKN_2527-800

これは先日の写真ですが、長く伸びた雲の帯に何かが走ったかのような濃淡の痕跡が見えます。
あるいは雲に擬態して姿を消した宇宙船の航跡なのかも知れませんね。

あなたはどう思いますか?


朝陽射す笠雲の下には

へんぽらいの祭り談義 : 朝まで夜更かし 
では残念な結果に終わりました。
思いついて初回で目的を達成出来るとは思いませんが、残念な結果だからこそ今度こそと発憤することができます。

昨日の夕暮れ時には巨大な笠雲が富士山を飲み込みました。

PNTX9800

これがその笠雲です。
富士山に湿気た空気があたると高所の山肌に沿ってまといつき、笠状の雲を作ります。
天候の崩れる兆候といわれますので、今朝の天気が心配されました。

でも、笠雲があるとは言え、台風一過の青空は希望を持たせてくれます。
予報も悪くはありません。
雲があるなら朝焼けも良いし、富士山に射す朝陽も良い。
苦手な早起きをするために、昨夜は早めに就寝しました。

今朝目が覚めたのは午前4時半、窓を開け空を見ると東の空にはまだ雲が多く、がっかりしました。
あきらめて寝直そうかと思いましたが、目覚ましもかけずにこんな時間に起きられたのが奇跡みたいなもの。思い直して眠い目をこすりながら出かけました。
浅間大社祈祷殿前に陣取り、気付いたのはメモリーカードを忘れたこと。
もう1台のカメラはカードもあり、あきらめてその1台で撮ることも考えました。
でも雲が消えかけているのを見れば、なんとしても時短動画で撮りたい。
必死で家まで走りました。

NKN_2576-1200

空を覆っていた雲が消えてゆき、その向こうに笠雲の姿が顔を出します。



NKN_2612-1200

低空の雲が消えると笠雲が露わになり、露わになった笠雲にようやく朝陽が射してきました。


NKN_2634-1200

笠雲にあたる朝陽に、下層の笠雲のシルエットが浮かびます。


NKN_2645-1200

山肌にベールがまといつくような雲が、生まれては昇って行きます。


NKN_2689-1200

笠雲が徐々に薄れ、残りわずか。



NKN_2717-1200

淡いベールのような笠が残るだけです。



PNTX9823

笠雲は消え、頭の上にちっちゃな名残の雲が。


PNTX9831

見上げれば、頭上にはうろこ雲が広がっていました。


PNTX9842

こんなに広く空を覆いました。
見事なものです。


走って取ってきたメモリーカードにタイムラプス(時短)動画で、笠雲が徐々に消える様を消えるまで記録しました。御覧下さい。




これでなんとか前回の雪辱を果たしました。


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ