へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

ツマグロヒョウモン

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

生態観察

ブログネタ
夏休みの自由研究、今の自分がやるとしたら? に参加中!
たとえば昆虫の飼育観察。

640

2014/08/28,13:46
カメラのデジタル化により、いちいち時間を記録しなくてもデータから時間を割り出せます。
コンデジでもマクロ撮影が綺麗に撮れ、おまけにハイビジョンで動画まで撮れてしまうのですから数年前には想像も出来なかったことです。


クマゼミの羽化をマクロで動画撮影したものです。
地上に這い出て歩き回る幼虫を家まで連れ帰り、撮影しました。
殻から身震いしながら抜け出るさまは鳥肌立つような感動です。


ツマグロヒョウモンの羽化です。
セミに比べると蝶の場合は、変化の兆しを掴むのが難しいです。
昔はじっと観察する事が苦手でしたが、歳をとって辛抱強く観察する事が苦にならなくなりました。

比較

今回改めてじっくりと観察し掴んだ、ツマグロヒョウモンの羽化の兆候です。
左が羽化前日の蛹で、右が羽化当日1時間前の蛹です。
・色の黒い蛹でしたので羽化間近の翅の色が見えにくかったのですが、前日に比べれば当日の蛹の
翅は明らかに成虫の翅の模様が透けて見えます。
・前日まではしっかり縮まっていた腹部の節が伸びています。
・背面の突起頭側の5対が前日までは金色に輝いていたものが、当日には青くくすみ輝きが失われて空洞ができはじめています。

IMGP1201-640

2014/08/28,13:22
羽化13分前です。突起の黄金の輝きは消え失せました。
もうすぐ羽化が始まります。
こういった時間の経緯も写真データに記録されていればこそ、後で整理できるものです。

あの頃こんな自由研究が出来たら、みんな驚いたでしょうね。

ツマグロヒョウモンの蛹化と羽化のムービー

IMGP1204

何年か前ツマグロヒョウモンの幼虫を庭でたくさん見つけたので、足りない餌を他所から調達して育て上げ、写真に記録した事があります。

youka-300
その時に撮ったツマグロヒョウモンの蛹化のGIFアニメです。

280uka-1
これは羽化のGIFアニメ。

当時はビデオで撮ろうとは思わなかったというより、民生用ビデオの画質も精細さを欠き、写真の方が画質的に優れていたからかも知れません。


今年も庭を歩く終齢幼虫を見つけ保護したところ、やはり餌が足りません。
近所を探し回って食草のスミレを調達し、蛹化にこぎ着けました。事前に気がつけば写真かビデオで撮れたのですが、気がついた時には2頭が前蛹になっていました。
翌朝気がつくと1頭が蛹化し、もう1頭が蛹化の兆候を示していましたので、慌てて撮影準備に入ると来客がありました。息も絶え絶えの高年のご婦人が車を呼んでくれとの事。医者に行こうと出かけたものの道に迷い、炎天下を歩き回って熱中症を起こしたようでした。医者に行くというので何とかタクシーを呼び送り出しましたが、気がつけば蛹化は終わっておりました。

IMGP1032


でももう1頭少し成長が遅れた幼虫が居りましたので、この幼虫に望みをかけ注視していたところ、なんとか蛹化と羽化をハイビジョン動画に収める事が出来ました。


蛹化のビデオです。前蛹になるところと蛹になるところを撮影できました。

先に蛹化した2つの蛹も、羽化の撮影準備中に雄1頭が羽化してしまい撮りそびれました。
残り1つの蛹を1日注視しましたが、蛹の様子に進展は無くどうやら死んでいる模様であきらめました。


そして今日やっと撮影できた羽化のビデオです。
この蛹もうっかり近くに蚊取り線香を置いてしまい、死んでしまったのではと半分あきらめていたもので、羽化の兆候が見えた時にはほっとしました。

コンパクトデジカメとは言え、マクロ撮影と動画撮影の機能は捨てがたいものがあります。
こんな高精細な動画が2万円もしないコンデジで撮影できるなんて、数年前には思いもしなかった事です。

やっぱり良いな、PENTAX X-5

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ