へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

ネジバナ

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

右巻き?それとも左巻? ネジバナ

下から順に咲いてゆくネジバナの花も、螺旋の向きが右左どちらもあって比率はほぼ1:1なのだそうです。螺旋を描かないものもあるとか。

IMGP6903

左の花は左回り、右の花は右回り。


IMGP6904

こちらも同じく左の花は左回り、右の花は右回り。
左の花は赤色が濃く、右の花は少し淡い。



IMGP6907

こちらはどちらも同じ濃さで、同じ左回り。



IMGP6910

特に赤味が濃いもの。



IMGP6911

中間的な赤味。



IMGP6913

赤味が淡いもの。



IMGP6912

先日見かけたネジバナは倒れてました。
開花は頂点近くまで進み、頭が重かったのかな?






へんぽらいの祭り談義 : ネジバナ探し

ネジバナ探し

ネジバナ
ネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis var. amoena)は、ラン科ネジバナ属の小型の多年草。別名がモジズリ(綟摺)
<<Wikipedia(ネジバナ)より>>

昨年はわが家の庭でも咲いていたのですが、今年は見つかりません。
無差別草むしりで消えてしまったのかも。

そこで、浅間大社境内を探した所、見つかりました。

IMGP6673

紫色が鮮やかなネジバナです。
螺旋状に蕾が並び、根元側から開いてゆきます。



IMGP6671

仲良く3本並んでいました。



IMGP6674

同じネジバナですが、こちらは紫色がずっと淡い。


IMGP6677-2

ネジバナのクローズアップです。
やはりラン科だけあって小さなランですね。
ほとんどねじれていないのは、ねじり忘れたのかな?


右巻きと左巻きの両方があり、中には花序がねじれない個体や、途中でねじれ方が変わる個体もある。右巻きと左巻きの比率は大体1対1である。
<<Wikipedia(ネジバナ)より>>


まだしばらく楽しめそうです。



へんぽらいの祭り談義 : 初夏 1

記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ