へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

ヒメボタル

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

ヒメボタルと満月

7月19日に富士登山して山頂で2-3日滞在し、写真を撮ってきます。



DSCF0624

7月20日は満月だそうで、天気さえ良ければ月明かりの山頂風景がものに出来るかも知れません。
写真は平成24年7月31日のもので、水ヶ塚駐車場から撮影したものです。
月明かりが明るいので、登山者のライトの光跡が目立ちません。
でも、月の明るい夜なら夜登るのも良いかなと思ったものでした。




NKN_2508-2-800

月が暗ければ登山者のライトが光跡を描いてきれいなものです。
平成27年9月4日撮影 水ヶ塚駐車場から撮影



DSCF4308

浅間大社青年会の囃子奉納登山が7月30日に行われます。
後発部隊が登るのが夜とのこと。
月が明るければ心強いでしょうが満月から10日過ぎたらそれは期待出来ません。ライトだけは忘れずにね。




DSCF2450-800

そんな事を重いながら、平成23年満月の夜を思い出しました。
満月の富士登山とヒメボタル : へんぽらいの祭り談義を御覧頂ければ、満月の富士登山風景と遊歩道の木立に降り注ぐ月明かりとヒメボタルの光跡が楽しめますので御覧下さい。



DSCF2457

夜の遊歩道は真っ暗で足を踏み入れるのを躊躇するものですが、月の夜でしたら木々から漏れる月明かりが案外心強いものですから、遊歩道の少し奥まで行けそうな気もします。
この年は7月15日と少し時期が早かったためかヒメボタルの数も少なかったのですが、20日頃でしたらもう少し数が見られるかも知れません。

山開きと天の川

幾日も雨続きで閉口していましたが、静岡県側の富士山山開きの7月10日は好天に恵まれました。
山室の灯りと星空を撮ろうと西臼塚駐車場まで出かけ、星空と山室に灯りの点る富士山を撮ってきました。

PNTX8052-120

月明かりはありませんが、山室の灯りが富士山を示します。


PNTX8054-1200




PNTX8062-1200

富士山の左に北斗七星


PNTX8065-1200

空には天の川

PNTX8066-1200

ここからの夜の夏富士はヒメボタルも見る事が出来、とても楽しみです。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ