へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

入道雲

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

山頂の雲

雲もさまざまですが、青空に悠然と浮かぶ雲はなかなか素敵です。
形を変えながら流れて行く様は、見飽きません。


PNTX8869-2+800

8月17日朝御来光の時間ですが、雲に遮られ残念な日の出となりました。



PNTX8980-2-800

8月17日午後、朝日岳から見た入道雲です。
馬の背の向こう西の空に、真っ白な入道雲が頭をもたげます。



PNTX8981-2-800

同じく8月17日午後朝日岳から、青空に広がる雲の群れです。
天候が崩れるなどの実害がなければ、こんな雲は見ていてとても楽しいのですが。



PNTX9025-800

8月18日に奥宮火口寄り浅間岳の向こうに入道雲。
雲が下に流れ落ちているようです。



PNTX8551-800

思い出したのが、8月15日に富士宮口8合目から見た雲。
やっぱり下向きに流れ落ちているよう。



PNTX9098-800

8月18日は満月。
奥宮の見えるところで満月の出を待っていましたが、東の空に入道雲がむくむくと大きくなり、やがてガスに覆われましたので断念。



PNTX9111-800

一旦引き上げたものの、少しガスが晴れたので覗くと西空に夕焼けが見えます。
南には入道雲が居座り時折雷光と雷鳴を発しています。
雷鳴を聞きながら月の出を迎えました。

この満月については、満月の富士山頂を御覧下さい。

この後、深夜には雲は晴れました。
富士山頂満月の星達に星空を紹介し、御来光 星空から日の出までに御来光を紹介しています。

台風通貨で風も強まるでしょうが、長期滞在出来れば山頂から見た笠雲や吊し雲など珍しい物も見られたでしょうか。

台風通貨までは、下界から雲を楽しませて貰うことにします。



お鉢からの眺め : へんぽらいの祭り談義

夕焼け入道雲

PNTX9976

夕暮れの富士山はあまり明瞭ではありませんでした。
今日は雲の影に入り、低層の雲も富士山もあまり焼けません。



PNTX0005

富士山の右側に目をやると入道雲が頭ももたげ、夕陽に染まっています。




PNTX0004

低層の雲は影となりますが、高層の入道雲は夕陽に染まりました。



PNTX9998

あの辺りでは雨が降っているのかな。




お願い
コメントやトラックバック、ブログランキング投票など、なにか足跡を残していただくと筆者の励みになります。よろしくお願いします。

ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、素直な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。




写真(風景・自然) ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ