へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

夜行登山

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

月夜の富士登山

月夜には月明かりに照らされた富士山を撮り歩くのが恒例の行事で、街の夜景と合わせることもあれば月明かりに照らされた富士山だけの事もあります。


DSCF0620-800+1

2012.08.01 00:07 水が塚駐車場より
4年前の写真です。
月明かりに照らされ、夜登山する人たちが疎らですが6-7合目あたりに見えます。
山頂に早く着きすぎたら、真冬並みの寒気の中で寒さをこらえて5時近くの御来光を待たなければなりません。
時間が早いこともあり、あまり高いところまでは登っていないようですね。




PNTX8034-800

2016.7.21 02:10 富士宮口頂上より
今年1回目のチャンスでした。7月20日は満月で、日が変わった21日未明です。
月は見えるもののガスがかかり、この後ガスが濃くなって月さえも見えなくなりました。
この時間に頂上まで登って来ている登山者も数名居ましたが、建物の影で身を寄せ合い風を避けたり、剣が峰を目指して行ったりさまざまでした。
前日の御来光の時間は4時47分頃でしたから、さらに2時間半ほど待たなければなりません。
これだけ寒さをこらえて待てば、御来光の暖かさが身にしみて有り難いでしょうね。



PNTX9165-2-800

2016.8.19 02:56 富士宮口頂上より
好天を待って5日目の満月の夜(未明)です。
三度の登山で滞在日数は10日目、ようやく晴れたのがこの満月の夜でした。
満月が照らす薄雲の下には、駿河湾に面した富士市から沼津市の海岸線の街明かりが見えます。
薄雲の向こうには少し縮んだ入道雲も。
そして9合目、9号五勺からこちら山頂に向かって登ってくるライトが光の線を描きます。
待ち構えるのは、申年で建て替えられたばかりの山頂の鳥居※です。

4年前に月明かりの富士登山を見た水が塚駐車場の場所が、登山者のライト左上に見える灯りでしょう。あの場所からこの光景を見て、同じ思いを抱いた人も居たかも知れませんね。

月は新月を過ぎ星がきれいに見える頃合いでしょうが、台風が災いして登るのを足止めされています。
今年最後のチャンスは、閉山前に巡ってくるのでしょうか。





※岩淵鳥居講によって申年に建て替えられる。

満月の富士山頂 : へんぽらいの祭り談義

ヒメボタルと満月

7月19日に富士登山して山頂で2-3日滞在し、写真を撮ってきます。



DSCF0624

7月20日は満月だそうで、天気さえ良ければ月明かりの山頂風景がものに出来るかも知れません。
写真は平成24年7月31日のもので、水ヶ塚駐車場から撮影したものです。
月明かりが明るいので、登山者のライトの光跡が目立ちません。
でも、月の明るい夜なら夜登るのも良いかなと思ったものでした。




NKN_2508-2-800

月が暗ければ登山者のライトが光跡を描いてきれいなものです。
平成27年9月4日撮影 水ヶ塚駐車場から撮影



DSCF4308

浅間大社青年会の囃子奉納登山が7月30日に行われます。
後発部隊が登るのが夜とのこと。
月が明るければ心強いでしょうが満月から10日過ぎたらそれは期待出来ません。ライトだけは忘れずにね。




DSCF2450-800

そんな事を重いながら、平成23年満月の夜を思い出しました。
満月の富士登山とヒメボタル : へんぽらいの祭り談義を御覧頂ければ、満月の富士登山風景と遊歩道の木立に降り注ぐ月明かりとヒメボタルの光跡が楽しめますので御覧下さい。



DSCF2457

夜の遊歩道は真っ暗で足を踏み入れるのを躊躇するものですが、月の夜でしたら木々から漏れる月明かりが案外心強いものですから、遊歩道の少し奥まで行けそうな気もします。
この年は7月15日と少し時期が早かったためかヒメボタルの数も少なかったのですが、20日頃でしたらもう少し数が見られるかも知れません。


記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ