へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

富士宮口

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

新鳥居見に富士登山(富士宮口登山道)2017.7.20

新たな鳥居の渡り初めが21日に行われるというのを聞き、昨年撮れなかった山頂の星空と新鳥居を見に登りました。


PNTX8352+800

先ずは新五合目で1時間ほど散策して、体を馴らします。
ここから見た、富士山麓のわが郷土富士宮市です。
画面中央に見える白い大きな建物群2つは、医療機器メーカーの建物。
左側の建物群上にある森が、どうやら浅間大社の森のようです。
その森の右寄り上側に中央図書館と市民文化会館、我が家はその間にあります。
残念ながら、レンズがもっと望遠でないと形までは判りませんね。




2017-07-27-22-11-20

五合目売店の所で富士山保全協力金を投函し、領収書と小冊子と缶バッジを貰いました。



PNTX8361-800

富士宮口の登り始め地点は標高2,400mです。
平成29年7月20日午前7時23分



IMG_6587-800

六合目到着は、7月20日午前7時53分で所要時間は30分でした。



2017-07-27-22-09-39

小冊子の行程表によれば、この間は20分となっているので私の場合は1.5倍時間がかかっているようです。小冊子の表によれば、全行程休みなしで4時間20分かかるとのこと。5割増しだと6時間30分、6個所で休憩を10分ずつ取ると7時間30分ですか。昨年は新七合目から雨に降られて10時間でしたっけ。
昨年より少しでも短縮したいと思いながら、登りました。



IMG_6588-800

新七合目到着は7月20日午前10時01分
六合目からは2時間8分かかりました。行程表だと60分だから倍の時間がかかってます。
これは前途多難です。



IMG_6590-800

標高3,000メートル地点
元祖七合目まであと標高で10メートルです。
7月20日午後12時05分



IMG_6591-800

元祖七合目は7月20日午後12時15分
新七合目からは2時間14分かかりました。行程表だと50分だから3倍近い時間がかかってます。
ここの親父さんは消防団時代の顔見知りなので、会えるかと思ったら残念!就寝中でした。
少し休憩してトイレを借りました。出発は12時30分頃かな。



IMG_6592-800

八合目は7月20日午後14時07分
元祖七合目からは1時間37分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍近い時間がかかってます。



IMG_6593-800

八合目少し上で八合目を振り返ると、山室のスタッフに付き添われて登る91歳の老婦人が見えました。今日は九合目泊まりだそうです。この日はご高齢の登山者を何人も見かけましたが、91歳は中でも最高齢じゃなかったかな。
7月20日午後14時22分



IMG_6594-800

九合目は7月20日午後15時52分
八合目からは1時間45分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍以上の時間がかかっています。
八合目も九合目も、山室直前の登りがきつくて何度も休みましたからその所為でしょうか。



IMG_6595-800

九合五勺は7月20日午後17時02分
九合目からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。



IMG_6597-800

山頂手前で見上げると、同じ釜の飯を食ったかつての消防団仲間が待っていてくれました。
彼は、登山シーズンには毎年仕事で登っています。
7月20日午後18時07分



PNTX8394-800

富士宮口山頂奥宮に到着。渡り初め前のまっさらな鳥居が迎えてくれました。
7月20日午後18時12分
九合五勺からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。
登り初めからは10時間49分と昨年雨の中を登った時より49分も時間がかかりました。
天気は良かったのに時間はかえって余分にかかってしまいました。
荷物の重さも昨年とそんなには変わっていないと思いますので、リュックを背負ってのトレーニングが足りなかったのでしょうか。


この時間になると他に登る人はありません。
宿泊所の山室では17時にはもう夕食となり、19時には消灯就寝となります。
16時頃には到着していないと宿泊さえ出来ない場合があります。

私の場合山室でないところにお邪魔させていただいたので、迷惑をおかけしますが予め遅くなる事の了解を得ていました。それでなければ、9合目で宿泊するくらいが妥当だったでしょうね。

その夜は晴れ、多くの星を見る事が出来ました。
その星空は、またあらためてご紹介します。

富士山頂滞在記 雨

日程が選べるものなら、富士登山は雨を避けた方が良い。実感です。
天気予報で雨マークなので覚悟はしていましたが、こんなに降るとは思いませんでした。

登り初める前に新五合目で1時間歩き回って体調を整えます。



PTX50750

富士山保全協力金に1,000円を投函し、冊子と缶バッヂ、シールをもらいました。



そろそろ登ろうかと車に荷物を取りに戻ると、登り口で同級生に遭遇。
登山者への案内をしているとの事。
無理せず時間をかけて登るつもりだと答えたけれど、まさかあんなにかかるとはこの時は思っていませんでした。



PTX50752

富士宮口を登り始めたのが7:25でした。




PTX50757

新六合目手前で、コンビニで買ったおにぎりを車に忘れてきたのに気付きました。
明日下りる頃には傷んでしまうでしょうが、取りに戻っていたらただでさえかかる時間がもったいない。食事は山室でとる事にしておにぎりはあきらめました。




PTX50764

新六合目までは距離が近いのでわりと順調でしたが、新七合目までは時間がかなりかかりました。
元祖七合目の手前で雨が本降りになったので、食事休憩をとって合羽を着込みました。
ここですでに4時間、当初予定の8時間からみて半分ぐらいでしょうか。

ここでスナップ用のコンデジもバッグにしまい込み、ビニールでくるみました。

八合目過ぎで親切な方にザックの口が開いていると指摘され気付いた時には、カバーはあってもすでにかなり雨が入り込んでいて衣類には雨が浸みています。でも幸いデジタル一眼カメラと交換レンズ類はそれぞれチャック付きビニール袋に入れてありましたので、水濡れは避けられました。衣類もビニール袋に入れときゃ良かったのですが。

数歩進んでは息を整えながら少し休み、すれ違う人たちには道を空けてじっと待ちます。
九合五勺からの胸突き八丁急坂は、ゴールの鳥居が見えていてもなかなかたどりつけませんでした。




PTX50766

雨が止み、やっと山頂にたどり着いたのは17:25。登り初めの看板のところが7:25でしたから、ちょうど10時間です。
撮影機材と土産で膨らんだ重いザックは、年寄りにはやっぱり無理があったのかも。
でも無理せず息を整えながら登ったためか、意外とダメージが残りませんでした。
やっぱり事前のリュックを背負っての白尾山通いは、無駄じゃなかったみたいです。

ふと思う事です。
天気が良くて必要最小限の荷物なら、どのぐらい時間を短縮出来るんだろう。
撮りたいものを撮り終えたなら、シーズンの最後に一度挑戦してみたいものです。





富士山頂滞在記 目次 : へんぽらいの祭り談義

富士山山開きの朝 浅間大社より

7月10日は富士山富士宮口の山開きです。
心地よく晴れた朝、富士山はくっきりと顔を見せていましたが、だんだん雲の帯が太くなりました。

PNTX7282-800

浅間大社後背林越しの富士山です。
雪は見えなくなりましたね。



PNTX7293-800

祈祷殿前から見た本殿屋根と富士山です。



PNTX7306-800

ふれあい広場の築山から。



PNTX7308-800

神田川より富士山を望む。



PNTX7317-800

神田川より富士山を望む。



PNTX7318-800

御手洗橋より富士山を望む。


富士登山一番バスの到着前に一度雲隠れしてしまいましたが、到着時にはちょっと顔を見せました。


雨上がり 見えた様な見えない様な : へんぽらいの祭り談義

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ