へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

富士宮囃子

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

いつか見た光景

中日(湧玉宮本では最終日)の引き回しを終えて会所前に帰った際、囃子の先輩に会いました。
昨年会った際には病状の悪化が見て取れるほど弱々しく見えたのが今年はずいぶんと恢復し、明朗快活な昔の先輩に戻ったように思えました。

ふと思い出したのは、私がまだ現役の笛吹きだった頃のことです。
T字路の枝道だったから三区の競り合いだったと記憶していますが、まさに競り合いが始まろうという時にバッグを置き忘れたと言って山車に乗ってきたのが囃子の先輩。後にしてと言うも聞かず、競り合いが始まってしまい、仕方が無いのでしゃがんでいてくれと言って競り合いに集中しました。その間先輩は囃子場の中ほど少し後ろに胡座をかき、目を閉じて競り合いを味わうように聴いていました。

私が笛の手ほどきを受けたのが、この先輩でした。
囃子を始めたのはそれより数年前でしたが、この先輩が笛を吹くのを見たのはたったの数回。
当時は気まぐれな笛吹きのために、囃子はほとんど笛の無い状態。

それでも先輩が競り合いで笛を吹いた貴重な8弍撚茲残っていました。

昭和54年頃の松山区との競り合いで、松山の屋台上から撮られたものです。
宮本の屋台の中で笛を吹き、顔こそ見えませんが時折笛の音が聞こえます。
競り合いを終えての三本締めで、初めて画面中央の上辺に先輩の顔が見えました。


その後昭和57年に、屋台は山車に復元されました。
57miyamoto-800

笛を湧玉会の有賀さんにお願いしたのは、笛吹きである先輩がもう祭りに出ない状況だったからなのかな?先輩が競り合いで笛を吹いていた時代は競り合いが自粛されていた時代で、昭和50年頃から自粛緩和の萌しがようやく見え始めたところでした。

せっかく山車が復元されたというのに、山車での競り合いは経験することが出来なかったことは囃子方としてとても大きな心残りだったのでしょう。



PNTX1018-800

今回は競り合い前に山車を下りそびれて、こんなすてきな場面に出会えました。
元囃子方にとって競り合いの囃子場は夢の場所なのかも知れません。
今思えば、先輩が嘘をついてまで乗り込んできたのも判る気がします。

卒業を前に最高の経験が出来ました。


PNTX1179-800

こう言った記念撮影を撮るのも、今年が最後かな。



PNTX1182-800

お姉様方、お疲れ様でした。









湧玉宮本と湧玉琴平 : へんぽらいの祭り談義

湧玉宮本と湧玉琴平


11月4日には本宮会場に向かう湧玉琴平が宮本会所を訪問し、囃子を奉納しそして競り合いを行いました。
PNTX0873-800

囃子方が提灯の影で見えませんが、宮本会所に奉納中です。



PNTX0888-800

そして競り合い。
この後、山車を連ねて本宮会場に繰り込みました。



PNTX0984-800

共同踊りを一緒に踊ります。



PNTX0988-800

大きな輪を作り踊る全景は、山車の上からなら広角でなんとか収まります。



PNTX1003-800

競り合いを前に手順を再確認。



PNTX1005-800

なんと、最初は踊りの競り合いでした。同じ曲を向き合って踊ります。
その躍動感は素晴らしいもの。



間を置かず続けて囃子の競り合いが始まります。山車から降りようとしたのですが、機を逸し競り合いが始まりました。

PNTX1013-800

山車の距離がつまり、琴平の囃子方が見えます。



PNTX1018-800

近すぎて自分の山車がカバー出来ないので、魚眼レンズで撮影しました。
鉦以外はなんとか収まりましたが、向こう向きなので残念ながら顔は見えません。


琴平の皆さん、大事な競り合いに紛れ込んでごめんなさい。
若い時なら山車を飛び降りることも出来ましたが、今では骨折のおそれがありますので。



湧玉宮本と湧玉神立の競り合い : へんぽらいの祭り談義

平成28年富士宮まつりサイト更新

10月1日は衣替え。
今日は雨模様の少し肌寒い日なので、長袖のシャツが有り難いです。
今夜から私の町内ではいよいよ祭りの準備が始まります。
囃子練習の音があちこちから毎夜聞こえるようになるのが、この10月1日なんです。

富士宮まつりは毎年11月3日から5日まで日程は変わらず行われ、市制施行を記念して5年に一度大祭りとして盛大に行われます。昭和17年が富士宮市になった年なので昭和あるいは西暦だと末尾が2または5の年、平成で言うと末尾は4または9の年が大祭りなので、来年はちょっと頑張って備品整備なども進めなければなりません。

とは言っても平年の祭りがささやかかと言えばそうでもなく、昔は自分の町内だけを引き回した物が、今ではたくさんの他町内とも相互に訪問し合い親交を深めていますので、平年の祭りだからと言って大祭りに見劣りすることはありません。
ある人が毎年大祭りをやっているようなものだと、いつも言っていました。

この富士宮まつりの詳細は「富士宮まつり」という公式ページに載っていますので、どうぞ御覧下さい。
昨日ポスターやチラシなど各種データをいただいたので、さっそく公式ページを更新しておきました。


秋宮2016ポスタ-640

平成28年の富士宮まつりポスターです。



チラシ表1200s

富士宮まつりの見所や交通規制などを案内しているチラシです。
協賛企業も紹介されています。



チラシ裏1200s

チラシの裏面には交通規制の案内が載っています。
お祭りの11月3日から5日まで無料駐車場として用意されているのが、貴船小校庭、城山公園、東小校庭で、9:00から21:00までです。
有料駐車場で比較的祭りに近いのは、浅間大社南の身延線南側にある神田川観光駐車場です。

===関連リンク===
平成28年富士宮まつりスケジュール
28協賛企業一覧
祭典実施区域の商店などで協賛しています。
平成28年リーフレット
写真をクリックすると拡大しますので、チラシを大きくして見たい方はどうぞ。
交通アクセス
富士宮まつりへのアクセスです。
富士宮囃子
静岡県指定無形民俗文化財「富士宮囃子」のご紹介です。

富士宮囃子と秋祭り
富士宮囃子保存会による「富士宮囃子」と「富士宮まつり」の資料室です。




平成27年富士宮まつり共同催事 : へんぽらいの祭り談義

思い出の8弍撚茵嵒抻竜椶个笋掘

PNTX9572-800

久しぶりの富士山は朝はうっすらと冠雪していましたが、11時には雪はほとんど消えてしまい、かすかに窪みに残るぐらいでした。積もっては溶けを繰り返しやがて定着しますが、お祭りに雪化粧しているか否かは五分五分くらいかな。希望としてはやっぱり雪化粧が良いのですが。


富士宮市教育委員会が制作した8弍撚茵嵬餌無形文化財 富士宮ばやし」は、私にとっては特に思い出深い映画です。我が宮本区が協力したこともあり、私もいろんな所に顔を出しています。

以前8弍撚茲らVHSのビデオに落とした物をパソコンに読み込み、DVDに焼いた物もありますが、パソコンが代わるうちに最初に取り込んだデータの所在が判らなくなりました。3分割したデータのみが見つかりましたので、Youtubeにアップして誰でも閲覧出来るようにしました。
37年昔の祭りが映っているほどの古い映画ですが、学ぼうとする物には貴重な資料です。


_鮴

冒頭の解説部分を抜粋したものです。解説に続いて富士宮ばやし保存会「湧玉会」による演奏が記録されています。村山浅間神社で冬場に撮影されたそうで、背景の日陰部分には雪が映っていました。
撮影されたのは「富士宮キネマクラブ」の皆さんで、撮影時に会員の息子さんがこのお囃子を録音していましたので、その録音をコピーさせていただき、繰り返し聴いては手探りでお囃子の笛を覚えました。



宮参り

この年、昭和54年は暴力団とテキ屋の抗争により祭りに露店の出店が無かったので、境内の露店の賑わいを楽しむ人たちには寂しい物だったでしょう。宮参りの部分には露店の無い浅間大社境内を進む各区の行列が映っています。そして浅間大社拝殿前での式典と奉納囃子が続きます。



0き回し

引き回し部分を抜粋しました。
宮本区は山車に復元(昭和57年)する前でしたからまだ屋台で、神田区さんも山車の復元は同じ年でしたからこの年はやっぱり屋台です。神立区さんも当時は屋台でした。高嶺区さんは当時も今も屋台ですが、新しい屋台に代わっています。松山区さんも当時は屋台でしたが、その後以前持っていた山車を再入手し、屋台は城山区に譲られました。

長年自粛されていた競り合いが再び行われ始めたのがこの頃で、宮本区と松山区のシンプルな競り合いが記録されています。

締めくくりは踊り。この祭りには欠かせません。


山車屋台の新造などで、不要になった古いものを譲り受け祭りを始めたところも、それを改造したり新たな山車を新造したりして今では20区が引き回しを行っています。
54年の祭典実施区が10区だったことを思えば賑やかになった物で、37年という時の長さをしみじみと感じます。



少年老いやすく : へんぽらいの祭り談義

平成28年浅間大社青年会囃子奉納登山

IMGP7317-800

7月14日囃子の定例練習を早く終え、富士登山の勉強会を開きました。
浅間大社青年会の登山のために、会員で登山ガイドの方が講師になっての勉強会です。
かなり多くの会員が参加していましたので、驚きました。



IMGP7341-800

そして7月15日に定例の囃子練習をして、



IMGP7350-800

太鼓を始め囃子道具などを梱包しました。




image

出来る事なら見届けたいとは思ったのですが、8年前の囃子奉納で現役の足を引っ張ったので同行は無理。先発しようにも目出度い席で囃子披露があったため、奥宮への囃子披露は見届ける事が出来ませんでした。

ところが新郎も浅間大社青年会会員なので、青年会仲間もこれに参列しています。
夜間登山で御来光の頃に山頂に到達し、参拝して囃子を奉納するとの事。
若いとは言え、無理しないで欲しいと思っていました。
7月26日の登山で10時間かかった手前、さすがに同行は無理。
参加者のレポートをおとなしく待っていました。



先発隊で登ったRyoichi君がブログにアップした初日の模様です。
奉祝 富士登山2016 前編
image

下界から見ていた富士山はこんな雲に隠れてましたが、ほどほどの陽射し避けで丁度よかったみたい。



そして2日目。
奉祝 富士登山2016 後編
星空の素晴らしさは山頂ならではでしょうか。
山頂から下界に向かって叩く写真の、下界の眺望の素晴らしさ。
こんな天気に登りたかったと、心底思います。



そして素敵なスライドショーもアップされていましたので、シェアさせていただきます。



確かに会長さんは大変でしたね。
IMGP7316-800

奥宮に囃子を奉納するために未経験の囃子を懸命に練習し、間に合わせた事。
結婚を祝う会の呼びかけ人を務めた後夜遅くに登山を開始し、見事登頂。
奥宮前で囃子を奉納する写真が、Ryoichi君のブログにアップされていました。
そして皆無事に下りてきたこと。
大変なだけに、一生の記念になると思います。

お疲れ様でした。

定例練習と富士登山準備

昨日の練習に続き、今日も練習と登山準備の荷造りでした。

IMGP7341-800

定例囃子練習


IMGP7343-800

昨日より出席者が少ないようです。


IMGP7345-800

本番前最後の練習かな。


IMGP7348-800

練習を終えて拝殿前で拝礼。


当直の神職さんから情報収集したところでは、富士宮口山頂での携帯電話は山室の発電機に電源を依存している関係で、一部つながらない時間帯があるとの事。
AUは24時間使えるけれど、ドコモとソフトバンクは午後8時頃から午前4時まで繋がらないとの事なので、大事な連絡は繋がっている時間に済ませましょう。


IMGP7344-800

囃子練習を終えて荷物を荷造りします。


IMGP7350-800

太鼓を木箱に収め傷まぬ様にクッション材や衣類などを緩衝用に詰めます。



IMGP7351-800

バチや鉦などの囃子道具と床几を梱包します。


浅間大社が山頂に送る荷物と一緒に、19日にブルドーザーで運ばれるようです。
私が仕事で登るのと同じ日です。山頂までブルでこの荷物と同行する事になるのかな。

青年会の囃子奉納登山の日程を聞いたところ、7月30日に登り31日に奉納するとの事。

30日は地元の祭り仲間の結婚披露宴の囃子披露で、笛を吹かなきゃならなかったっけ。
残念ながらこれでは奥宮囃子奉納の取材は無理だと思ったら、新郎は浅間大社青年会員でもあって囃子メンバーの数名も参列すると言います。山頂奥宮への囃子奉納には披露宴を終えてから夜行登山するとのこと。

同行すれば足を引っ張る事になりかねないので、取材は泣く泣くあきらめました。


とりあえず19日に登れば20日が満月なので、天気が良ければ月明かりの山頂風景が狙えそうです。
露出をしっかりかければ昼と見まごうようにも写せますので、人の気配の無い山頂風景が面白いかな。






登山準備 : へんぽらいの祭り談義

富士登山講座(富士宮口):へんぽらいの祭り談義

富士登山講座(富士宮口)

囃子の定例練習を早めに切り上げて、浅間大社青年会の囃子奉納登山参加者に登山の勉強会が行われました。
名前は忘れましたが、講師は青年会会員で富士山登山ガイドをやっていらっしゃる方。
この勉強会の事は知らずに囃子の定例練習に出かけたのですが、今年こそ富士登山をして山頂での写真をと意気込んでおりますのでこれ幸いと拝聴してきました。


IMGP7317-800




IMGP7321-2-640

四つの登山口比較です。
私が登る富士宮口は四つの登り口の中で登り初めの標高が一番高く、駿河湾や伊豆半島の眺望が素晴らしいとのこと。所要時間も一番短く6時間。


IMGP7322-2-640

作っていただいた6時間20分のペース配分です。
20歳から40歳までの青年会用のペースですから、65歳の私はかなり割り増しが必要です。
8年前の登山でも8時間以上かかっていたと記憶します。

大事なのは無理しないこと。時間に追われての富士登山は苦しいばかりですので、二度と登る気にはなれないでしょう。

一方で高齢者登山番付なるもの(平成27年版)には95歳で登られた男性が最高齢で掲載されています。数え年70歳以上の高齢者が登山すると高齢登拝者名簿に記帳出来るのだそうで、これを元に番付が作られるそうです。1年に1,000人近い方が登録されるとか。
無理せずに自分のペースで焦らずに登れば、年とっても登れる山でもあるんですね。

登る前に五合目でまず1時間ほど体を慣れさせる。これは高山病予防に必要。
遡れば登山は前日の充分な睡眠など体調管理からすでに始まっているのだとか。
子供の頃、遠足の前日は興奮して眠れなかったものですが、まだ治ってはいない癖です。気をつけなければ。

登山の必需品
・登山靴
  ごつごつした熔岩にあたるので堅牢なもの、砂が入らぬ様に足首をカバーするもの、
  5年、10年経つと材質が劣化するので、経年劣化に気をつけましょう。
  30人ぐらいのグループだと、一人ぐらいは靴の壊れる人がいるそうです。
  靴が壊れたら登れませんので、チェックは念入りに。

・雨具
  上下分かれたものが良い。ポンチョでは風の圧力をまともに受けてしまう。

・ザック
  レインカバーもあれば、浸みた雨で荷物を濡らす事も軽減されます。

・防寒具
  嵩張らないものを重ね着する。

・帽子
  空気が澄んで光も紫外線も強い。陽射しと雨が直接当たるのを避ける

・トレッキングポール
  登山ストック、金剛杖など
  疲れてくると金剛杖でも重くて投げ出したくなります。できれば軽くて堅牢なもの。

・手袋
  ごつごつした熔岩などから手を守る。
  雨に濡れると軍手は体温を奪うので、雨が浸みない材質が望ましい。
  軍手しか無い場合、炊事用薄手のゴム手袋を軍手の下にすると冷えを多少弱められる。


リスク管理に必要な5つのアイテム
・水
  山では高価なので1リットル程度を持参し、必要に応じて買い足す。

・行動食(塩分・糖分補給)
  塩飴や高カロリーの携帯食
  ◎私の経験です。顔面蒼白となり、ここで断念かと思った事がありますが、
   山室でお汁粉を食べたら見事復活し登頂出来ました。低血糖だったのかな。 

・ファーストエイド
  傷絆創膏や持病薬、包帯・ガーゼなど  

・お金
  宿泊費用はもちろん、トイレにも小銭が必要なので小銭を多いめに。

・携帯電話
  山開き期間中の登山道は、携帯3大キャリアの電波が届くそうです。
  電気は借りられないものとして、バッテリーの消耗に注意しましょう。
  必要な時以外は電源を切る。充電用予備バッテリーを持参する。

※追記2016.7.16
  富士宮口山頂では携帯キャリアはAUは24時間繋がるけれど、
  ドコモとソフトバンクは山室の発電機に依存しているため、
  発電機を止める深夜(20:00~4:00)にはアクセスポイントが使えません。



なくても良いけどあった方が良いもの
・サングラス
  まぶしいですから。

・ザックカバー
  ザックへの雨の浸透を防ぎます。

・富士山マップ 

・日焼け止め
  紫外線が強いです。

・ニット帽
  御来光待ちは、とにかく寒いです。

・タオル
  汗もかくし、雨にも濡れます。
  寒い時には襟巻きにもなります。

・ビニール袋
  濡れたものは周囲に水が浸まない様に、ビニール袋に閉じ込めましょう。


・アイマスク
  就寝用

・ホッカイロ
  山頂は平地と比べ22℃ほど気温が低いので、寒さ対策として。

・耳栓
  大勢の人が同じ部屋に泊まります。イビキ対策として。

・マスク
  埃よけ(息苦しいかも)





下りは3時間ほどですが、登りより下りで足を痛める事が多いので慎重に。

◎8年前大砂走りを下る際に左膝を傷め、宝永火口を一歩下る度に劇痛が走りました。
火口底からどうやって登ろうかと途方に暮れましたが、幸い登りでは激痛は走りません。
新六合まではほぼ平らに移動、だらだら坂をだましだまし下って新五合目で青年会と合流しましたが、かなり待たせてしまいました。

この古傷はまだ時々うずきます。



IMGP7340-800

講義終了
講師の先生、とても参考になります。
ありがとうございました。



DSCF4335-800

8年前の奉納後の記念撮影です。

別行動にはなりますが、何度か登るつもりなのでタイミングが合えば今年も取材出来るかな。
今年の囃子奉納登山も無事に行われる様お祈り申し上げます。

※2016.7.16追記
 囃子奉納登山の日程が判りました。
 7月30日に登山し、31日にお囃子を奉納して下山するとの事。
 日程的に取材が出来ません。残念です。



囃子定例練習と富士登山講座 : へんぽらいの祭り談義

何とか終わりました

富士宮囃子保存会恒例の鎮魂太鼓は、会場のふれあい広場の改修工事で実施を悩まされました。
例年の参加者を収容するにはふれあい広場しか無いということで、日程を変更しなければなりませんでした。

でも工事が完了した頃にいつもの打ち初め(=鎮魂太鼓)では本来の鎮魂太鼓の趣旨が薄れるということもあり、3月11日の震災からちょうど5年目の昨日に有志を募って鎮魂太鼓を行いました。

平日のうえに急な呼びかけでしたから実施が危ぶまれましたが、なんとかメンバーも集まりました。



鎮魂静岡新聞1200

12日の静岡新聞地元版に紹介されていました。





へんぽらいの祭り談義 : 5年目の鎮魂太鼓


へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂太鼓を行います

鎮魂太鼓を行います

PNTX4478

富士宮囃子保存会恒例行事、昨年の鎮魂太鼓開始です。

この前身は阪神淡路大震災の翌年、鎮魂の祈りを籠めて全国で太鼓を打ち鳴らそうという呼びかけに応じたものでした。平成8・9年は個人の呼びかけにいくつかの地域の囃子方が賛同し、震災の起きた日に浅間大社前で鎮魂の祈りをこめお囃子を奏しました。

平成9年に富士宮囃子保存会が発足しました。
会の定例行事として鎮魂太鼓を定着させたいとの要望に、長い目で考えたら会員相互の親睦を図るために集う「打ち初め」なら良いのではとこれを了承し震災の日近くの週末にずっと続けています。
名前は「打ち初め」になったとは言え「鎮魂太鼓」の趣旨はずっと生き続けていました。

平成23年3月11日に東日本大震災が発生し、3月15日には富士宮市を震源とする震度6の大きな地震に襲われ恐怖を我が身に感じたものです。
翌年からは実施日を改め、3月11日に近い週末に日程を変えて行っています。

ところが今年は会場の神田川ふれあい広場が整備工事のために使用出来ません。
IMGP4642-Pano2400

工事が終わるのは3月22日の予定だそうです。

桜が咲くのにようやく間に合う、といったところ。


IMGP4777

会場が使えなければ場所を改めるしか在りません。
そこで、今年は3月11日に保存会有志を募り、小人数ですが浅間大社湧玉池付近で鎮魂を祈り囃子を奏します。雨の場合は祈祷殿前で行います。

14:46 黙祷
    そして鎮魂の囃子を奉奏します。

3月11日、あの日を風化させないために、祈りを捧げましょう。


保存会全体の親睦を兼ねた集いは、4月下旬に整備が整ったふれあい広場で行うべく準備中です。






昨年のブログです。へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂を祈り、平穏を祈願



一昨年のブログです。へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂太鼓 - 花粉症の季節

囃子定例練習2月第二日目

PNTX4934

2月23日富士山の日、朝から笠雲で見えなかった富士山ですが、夜の囃子定例練習には顔を見せてくれました。楼門内では富士山が見られるのはこの場所ぐらい。画面中央から右に寄った樹木の上に雪化粧した富士山がうっすらと顔を覗かせています。



PNTX4936-Pano2400+

楼門と透き塀に囲まれた垣内です。左の授与所で練習をしています。



PNTX4925

寒桜も見頃です。



PNTX4929

囃子練習1


PNTX4931

囃子練習2


PNTX4945

囃子練習3


PNTX4948

囃子練習4


PNTX4953

囃子練習を終え、拝礼。


PNTX4950

満月と拝殿


PNTX4955

帰る際に祈祷殿前から富士山を探しました。
照明が明るくて、かすかな月明かりの富士山が見にくいのですが、これなら夜間徘徊も大丈夫でしょう。


へんぽらいの祭り談義 : 囃子定例練習2月第一日目

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ