へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

富士宮市

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

新鳥居見に富士登山(富士宮口登山道)2017.7.20

新たな鳥居の渡り初めが21日に行われるというのを聞き、昨年撮れなかった山頂の星空と新鳥居を見に登りました。


PNTX8352+800

先ずは新五合目で1時間ほど散策して、体を馴らします。
ここから見た、富士山麓のわが郷土富士宮市です。
画面中央に見える白い大きな建物群2つは、医療機器メーカーの建物。
左側の建物群上にある森が、どうやら浅間大社の森のようです。
その森の右寄り上側に中央図書館と市民文化会館、我が家はその間にあります。
残念ながら、レンズがもっと望遠でないと形までは判りませんね。




2017-07-27-22-11-20

五合目売店の所で富士山保全協力金を投函し、領収書と小冊子と缶バッジを貰いました。



PNTX8361-800

富士宮口の登り始め地点は標高2,400mです。
平成29年7月20日午前7時23分



IMG_6587-800

六合目到着は、7月20日午前7時53分で所要時間は30分でした。



2017-07-27-22-09-39

小冊子の行程表によれば、この間は20分となっているので私の場合は1.5倍時間がかかっているようです。小冊子の表によれば、全行程休みなしで4時間20分かかるとのこと。5割増しだと6時間30分、6個所で休憩を10分ずつ取ると7時間30分ですか。昨年は新七合目から雨に降られて10時間でしたっけ。
昨年より少しでも短縮したいと思いながら、登りました。



IMG_6588-800

新七合目到着は7月20日午前10時01分
六合目からは2時間8分かかりました。行程表だと60分だから倍の時間がかかってます。
これは前途多難です。



IMG_6590-800

標高3,000メートル地点
元祖七合目まであと標高で10メートルです。
7月20日午後12時05分



IMG_6591-800

元祖七合目は7月20日午後12時15分
新七合目からは2時間14分かかりました。行程表だと50分だから3倍近い時間がかかってます。
ここの親父さんは消防団時代の顔見知りなので、会えるかと思ったら残念!就寝中でした。
少し休憩してトイレを借りました。出発は12時30分頃かな。



IMG_6592-800

八合目は7月20日午後14時07分
元祖七合目からは1時間37分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍近い時間がかかってます。



IMG_6593-800

八合目少し上で八合目を振り返ると、山室のスタッフに付き添われて登る91歳の老婦人が見えました。今日は九合目泊まりだそうです。この日はご高齢の登山者を何人も見かけましたが、91歳は中でも最高齢じゃなかったかな。
7月20日午後14時22分



IMG_6594-800

九合目は7月20日午後15時52分
八合目からは1時間45分かかりました。行程表だと40分だから2.5倍以上の時間がかかっています。
八合目も九合目も、山室直前の登りがきつくて何度も休みましたからその所為でしょうか。



IMG_6595-800

九合五勺は7月20日午後17時02分
九合目からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。



IMG_6597-800

山頂手前で見上げると、同じ釜の飯を食ったかつての消防団仲間が待っていてくれました。
彼は、登山シーズンには毎年仕事で登っています。
7月20日午後18時07分



PNTX8394-800

富士宮口山頂奥宮に到着。渡り初め前のまっさらな鳥居が迎えてくれました。
7月20日午後18時12分
九合五勺からは1時間10分かかりました。行程表だと30分だから2倍以上時間がかかってます。
登り初めからは10時間49分と昨年雨の中を登った時より49分も時間がかかりました。
天気は良かったのに時間はかえって余分にかかってしまいました。
荷物の重さも昨年とそんなには変わっていないと思いますので、リュックを背負ってのトレーニングが足りなかったのでしょうか。


この時間になると他に登る人はありません。
宿泊所の山室では17時にはもう夕食となり、19時には消灯就寝となります。
16時頃には到着していないと宿泊さえ出来ない場合があります。

私の場合山室でないところにお邪魔させていただいたので、迷惑をおかけしますが予め遅くなる事の了解を得ていました。それでなければ、9合目で宿泊するくらいが妥当だったでしょうね。

その夜は晴れ、多くの星を見る事が出来ました。
その星空は、またあらためてご紹介します。

富士宮まつり始まる

取り急ぎ昨夕の紅富士と競り合いをアップしておきます。

PNTX0527

思うほどは冷えず朝より雪は薄くなりました。
夕焼けに赤く染まります。



PNTX0589

さの萬での湧玉神立と湧玉宮本の競り合いです。
伝統的な囃子による競り合いでは山車を固定して行います。
そのため、競り合いの最中にこのように山車の迫り上がりが上がることもあります。

平成28年富士宮まつり案内

PNTX0193-800

11月1日夕刻、淡い雪化粧の富士山が顔を見せました。

3日から富士宮まつりです。
昨年は富士山に雪はありませんでしたが、今年の祭りは冷え込みそうとのことですから、今年こそ融けずに残っていて欲しいと思います。


富士宮まつり(公式サイト)に今年平成28年の富士宮まつりが紹介されています。

富士宮まつりについて
 富士宮まつりについての解説です。


平成28年度富士宮まつり実施計画書から「宮まいり」
 11月3日に祭典実施全区が浅間大社に参集し、豊年の感謝と引き回しの無事を祈ります。


平成28年度富士宮まつり実施計画書から「本宮」
 11月4日夕刻より浅間大社周辺に山車屋台を集め、一斉囃子を皮切りに踊りや競り合いを繰り広げます。


祭典実施区一覧
 マップに祭典実施区の会所や区民館の位置をマークしてあります。
 マップ下の実施区名をクリックすると、上のマップにその位置が示されます。
 マップは拡大縮小ができ、ドラッグすれば表示をスライドさせられ、
 モードを切り替えれば航空写真も表示出来ます。
 下に各町内の半纏が表示されていますが、半纏写真の上の町名をクリックすると、
 それぞれの町内の紹介ページにジャンプします。

使いこなして!サイトの高機能に使い方の説明を書きました。



秋宮2016ポスタ-800

ポスター


チラシ表1200s

チラシ表


チラシ裏1200s

チラシ裏


寒い祭りと言えば、平成14年の祭りを思い出します。
川4区800

平成14年11月4日共同催事(今の本宮)登山道勢揃いです。
寒気に覆われ、山車が止まると囃子方は身を寄せ合って寒さをこらえていましたが、富士山はこの上なくくっきりと見えていました。





富士宮まつり案内 : へんぽらいの祭り談義

写真展展示写真紹介

20日から店頭で富士山のミニ写真展を始めました。
A2にプリントした富士山の写真を10余点ほど展示しております。
大伸ばしした写真は迫力もありますので、御覧いただければ実感していただけるものと思います。

でもどんな写真が展示してあるか判らぬまま、わざわざご来店いただくのも気が引けますので展示内容をご紹介します。



夜景パノラマ2+2400

月明かりで撮った写真をパノラマに繋ぎました。
明星山展望台からの眺めと、新東名トンネル上の勘助坂からの眺めです。



パノラマ3枚+2400

月明かりで撮った写真をパノラマに繋ぎました。
田貫湖北岸から見た富士山、白糸から見た富士山、富士桜自然墓地公園の丘から見た富士山です。



PNTX4222

雨上がり風吹き荒れる
浅間大社祈祷殿前から見た富士山は、強風が積雪を吹き飛ばし雪煙を上げていました。



NKN_3655-1200

月明かりの水ヶ塚



NKN_3619-1200

十六夜の勘助坂から
新東名トンネル上の茶畑からの眺めです。



PNTX3429

白糸の滝展望台からは滝と富士山を見ることが出来ますが、滝の飛沫に月の明かりが射すと月虹が現れます。



DSCF0067+

浅間大社祈祷殿前から見た、本殿越しの紅富士です。



DSCF8918

特別天然記念物で日本五大桜の一つ「狩宿の下馬桜」と富士山を眺める狩宿の春
です。



PNTX1239

台風一過強風が吹く快晴の富士山です。この2日後には富士山は雪化粧していました。



台風一過月明かりの富士

10月末に襲来した台風がかすめて足早に遠ざかると、満月の月明かりに富士山が姿を見せました。
見る見る消えて行く雲の下からは、降ったばかりの雪化粧が覗きます。



PNTX6881

西臼塚駐車場からの星空です。月の無い夜には多くの星を見ることが出来ます。


それから羽鮒山展望台からの夜景があります。


PNTX4920

通りから見る事も出来ますので、気が向いたら覗いて下さい。


「へんぽらいの富士山の日写真展」
場所:静岡県富士宮市宮町14-1(富士宮市民文化会館東隣) 佐野写真館店頭
期間:平成28年2月20日〜29日まで
時間:午前9時頃〜午後8時頃


へんぽらいの祭り談義 : 富士山の日写真展

平成27年富士宮市のまつりを振り返る

◎浅間大社節分祭 2月3日

PNTX4223

横綱鶴竜関など力士も参加して豆まきが行われました。


PNTX4140+3-640

鶴竜浅間大社に土俵入りを奉納


PNTX4151+640

記念撮影


◎浅間大社流鏑馬祭 5月5日


古式流鏑馬の記録



神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の記録


◎浅間大社御田植祭 7月7日

PNTX7931-1200

記念撮影の頃から雨が降り出しました。

IMGP2389

神田の宮ではテントの中で田植え舞を奉納し

IMGP2409

田植え神事

IMGP2440

雨のため、帰社しての田植舞は拝殿で行いました。


◎富士山開山祭手筒花火 8月10日

PNTX8043-1200

富士山山開きの夜、浅間大社境内の神田川ふれあい広場で行われます。



手筒花火が披露されました。



◎富士山御神火まつり 8月1日(毎年8月第一土曜日)

PNTX8754


PNTX8774

終了後長渕剛のゲリラライブが行われました。


神田川上りの動画(ムービー+スライドショー)です。


◎宮おどり 8月2日(富士山御神火まつりの翌日)

PNTX8799



PNTX8838



◎神田川精霊流し 8月15日

PNTX9064-800



PNTX9114-800



◎富士宮まつり 11月3日〜5日

PNTX1566

青年長記念撮影


PNTX2021

湧玉宮本第二鳥居前で踊る



宮参りの奉納囃子



湧玉宮本山車を第二鳥居前まで曳き入れて囃子を奉納

祭り写真のスライドショー

PNTX8043-1200

富士宮市の祭りも浅間大社流鏑馬祭や富士宮まつりなど自身が参加しているものもあり、浅間大社近くに家があることもあって、いろんな催しや祭りを見る機会があります。
撮りためた写真も見てもらうことを考えると、スライドショーにしてyoutubeなどにアップするのが効果的に思えました。
しかし、BGMが無いとやっぱり物足りません。

フリー素材からお借りするという方法があります。
素材集の形で販売されているものもあり、Webで公開されているものもあります。
Webで公開されているものは、お借りしたサイト名などを明記するぐらいの条件で使用が可能ですが、BGM用というとなかなか適当なものに巡り会えません。



以前作成した富士宮市の祭り写真のスライドショーです。
スクリーンセーバー画面をキャプチャーしたものに、youtubeの用意した音楽を選んでつけました。
そのために残念ながらyoutubeで見る時には広告表示という制約があり、消せますが邪魔な広告が表示されてしまいますのでご容赦を。



「富士山宮おどり」です。
富士宮市の4大まつりを歌い込んだという歌に、私の写真を添えたものです。
こちらは作者からの提案と言うこともあり、楽曲の使用については問題ありません。
歌詞に写真を合わせるということもあり、材料不足は否めませんでしたが何とか形になりました。
楽しんでいただければ幸いです。


自分でスライドショーに合わせてBGMを作れたら問題ないので、これが出来たら最高なのですが、ちと難しいな・・・。


富士山 宮おどり


平成27年8月1日にデュエットのお二人にご訪問いただき、この歌と私の写真のコラボを打診され作成にかかりました。ようやく完成しましたのでご紹介させていただきます。
この動画には、地元のお友達が多数写真に写り込んでおります。
目を皿のようにして探して下さい。

富士山 宮おどり
唄 デュエット
作詞 大塚幸栄
作曲 大塚香寿彦

写真・PV 佐野雅則


冒頭のタイムラプス動画は、このために撮影したものです。



FH010014

空撮写真は一昔前のもので、浅間大社境内にまだ祈祷殿はありませんし中央公民館がまだあります。


tsubakigeba

満開で快晴の狩宿は平成25年4月8日の撮影。
何度も通いましたが、富士山と下馬桜のコラボはなかなか撮れず、やっとこの年に撮影できました。


PNTX8707

富士山御神火まつりのフィナーレ神田川上りは、今年平成27年8月1日に撮影した全団体の写真をアップしました。


この歌と共に、富士宮市とそのまつりが少しでも伝えられたら幸いです。




にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村


お祭り ブログランキングへ

市内が震源の地震がありました

10時2分頃地震を感じました。
ミシミシッと家が鳴りましたが、取りあえずそれぐらいで済んだようです。

気象庁の地震情報に依れば、
*****************************************************************************************
平成27年08月27日23時07分 気象庁発表
27日23時02分頃地震がありました。
震源地は静岡県東部(北緯35.2度、東経138.6度)で、
震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.3と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

静岡県  震度3  富士宮市野中*
     震度2  富士宮市弓沢町 富士市大淵*
     震度1  伊豆市中伊豆グラウンド 三島市東本町
          富士宮市長貫* 富士市永田町* 富士市岩渕*
          富士市吉永* 静岡葵区梅ヶ島*
          静岡清水区蒲原新栄*

この地震による津波の心配はありません。
*****************************************************************************************
とのこと。

震源地は富士宮市内で市街にも近い白尾山の南側らしく、震源が市内だったというと東日本大震災直後の平成23年3月15日に西臼塚近くが震源だった大きな地震を思い出します。それよりずいぶんと市街地に近いけれど、規模が小さいのでたぶん被害もほとんど無いでしょう。

前回の大きな地震でも溶岩流の上にある二の宮墓地は、思ったほどの被害はありませんでした。
DSCF1550

平成23年3月16日に写した写真です。
地震の翌日わが家の墓地に出かけ、墓石の無事を確認しました。
転倒も無く無事だと思ってその日は帰ったのですが、写真でも判るように墓石がみな時計回りに少し向きを変えていました。

この富士山直下が震源の地震では、火山学者は富士山の噴火が始まるのを恐れたと言います。
でもその時は、大事に至らずに済みました。

日本全体の火山活動が活発化し不穏な情勢ですので、この地震が始まりの予兆で無いことを祈ります。



宮おどりが行われました。

「富士山御神火まつり」に続いて行われる「宮おどり」です。
「富士山御神火まつり」は8月第一土曜日に行われますが、「宮おどり」はその翌日と言うことなので第二日曜になることも稀にあります。

PNTX8799

目抜き通りは東西から浅間大社前にかけてどちらも下り坂なので、望遠を使用するとみごとな引き寄せ効果が得られます。神田通りから宮町方面を見ています。


PNTX8809

大きな旗を振り回すグループは昨年まで2つあったのですが、今年は1つだけ。
ちょっと寂しいです。


PNTX8812




PNTX8813




PNTX8818




PNTX8836




PNTX8838

町内の祭り仲間が出ているグループ。


PNTX8845




PNTX8846



まだ続いていましたが、連日の取材疲れで途中で引き上げました。

春の富士山写真展

PNTX6152+HDR-s


Facebookページ「富士山(Mt.Fuji)」にこの春の富士山の写真(24点)アルバムをアップしました。
御覧頂ければ幸いです。


記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ