へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

富士宮市

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

春の富士山写真展

PNTX6152+HDR-s


Facebookページ「富士山(Mt.Fuji)」にこの春の富士山の写真(24点)アルバムをアップしました。
御覧頂ければ幸いです。

鎮魂を祈り、平穏を祈願

今年も浅間大社境内ふれあい広場で、富士宮囃子保存会によって東日本大震災鎮魂太鼓が行われました。

PNTX4471

開会にあたり、まず震災の犠牲者に黙祷を捧げます。


PNTX4486

浅間大社に向け拝礼して、いよいよ鎮魂太鼓が始まります。


PNTX4502

我が町内の披露です。

この日は富士宮囃子保存会参加21団体全てが参加し、くじ引きで順にお囃子を披露しました。


DSCF1541

2011年3月は忘れられません。
3月11日は震源域から遠く離れたこの地でさえ、大きな揺れに恐れおののき、停電でニュースも見られずに不安な夜を過ごしました。

その4日後の夜、富士宮市を震源とする大きな地震が起こった時には、老朽化したわが家の倒壊も覚悟したものです。市役所近くではかなりの被害が出たと聞きますが、幸いなことにわが家では大きな被害は免れました。

大地震と火山噴火は密接に関係していると言われます。
大地震の後、3年以内に大きな火山噴火が起きていることが多いとのこと。
このところ火山活動の活発化が伝えられます。富士山とて例外ではありません。

今年も平穏に祭りを迎えられることを祈ります。




ももいろクローバーZ

Facebookのグループ「富士富士宮」に渡辺祐司さんが投稿されていました。

富士市・富士宮市でロケされたももいろクローバーZ主演の映画『幕が上がる』が、2月28日(土)に公開されるそうで、電車のシーンが撮影された岳南電車では記念切符を販売中とのこと。
公開に先駆けてももクロの舞台挨拶が有り楽しみだと、エキストラで参加された方がコメントしています。

以前わが家隣の富士宮市民文化会館もロケに使用されたようで、なんだか判らぬまま騒々しかったのでブログにでも書こうかとカメラを向けたところ制止され、しぶしぶ従ったのを憶えています。


そう言えば、以前某テレビ番組で近所のやまだ食堂さんに番組メンバーとしてももクロメンバーの一人が来店してましたっけ。
直接は関係ないのでしょうが、これも何かのご縁てものでしょうか。

先日たまたま見たテレビで、KISSとのコラボで楽曲が製作されるのを放映していました。
NHKだったかBSのNHKだったか、KISSが楽曲を製作するところからプロモーションビデオの製作まで紹介されていたのですが、そのプロモーションビデオがyoutubeで公開されていましたのでご紹介します。



最近なんだかご活躍のようですね。

望郷

f2784ce2.jpg

人は自分が接している部分で、それが全てだと思いがちだ。
そんな近すぎて全体像を知り得ないってことが、日常の中には多々ある。
たとえば生まれてから今まで暮らしてきた郷土、わが家と周辺地域には詳しくても全体の事をどれだけ知っているのだろうか。少し離れて私の町を眺めてみた。

PNTX3761

平成27年1月3日に明星山展望台から遠望した物だ。
手前はイオンモール富士宮と富士宮駅周辺、中央にあるのが富士宮市立第二中学校でその左上には静岡県立富士宮北高等学校、上辺にはテルモが見える。
あれ?大宮小はどこだったっけ。

PNTX3750+1900

同じ日に撮影したその左側の写真だ。
下辺右にイオンモール、中央に浅間大社、左に富士宮市民文化会館。
画面中ほど右側に静岡県立富士宮北高等学校、中ほどに福祉会館と保健センターがあって、左側少し上に静岡県立富士宮西高等学校。
あれ?上辺右側の大きな建物群はなんだったっけ。

PNTX0408+1900

平成26年9月2日に白尾山から写した写真だ。
このぐらいの距離感だと、そこに息づく人の暮らしが実感出来る。

遠望した光景では遠近の距離感が圧縮されてしまうので、離れたところにあるものがまるで隣り合っているようにも見える。少し角度や距離が変わると見え方も変わり、見慣れたはずの物もどこだったのか判らなくなる。
地図や航空写真で見れば位置関係はつかめるけれど、見て判らなければしょうがない。

新たな建物など知らないものも多いけれど、せめてわが家くらいはぱっと見つけたい物だ。
中央図書館と市民文化会館が目印になるが、残念なことに他の建物に邪魔されて場所の見当ぐらいしかつかなかった。

※掲載した市街の写真は、残念ながらトリミングされ部分の表示になってしまいました。
元の写真をFlickrにアップしましたので、ブラウザがフルスクリーン表示ならPCの巾いっぱいの大きさでワイドなオリジナル写真が表示出来ます。
お試し下さい。

https://www.flickr.com/photos/henpophoto/16361301486/in/photostream/lightbox/

https://www.flickr.com/photos/henpophoto/16387294055/in/photostream/lightbox/

https://www.flickr.com/photos/henpophoto/16199502888/in/photostream/lightbox/

茹で落花生を知っていますか?

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
茹で落花生というのは塩茹でにした落花生の事で、多分生産地ならではの食べ方なのでしょう。
最近ではテレビの影響などで知名度も増しました。

今でこそ茹で落花生の冷凍物が一年中手に入りますが、昔は収穫期にしか食べられませんでした。
私の住む富士西南麓ではお盆の頃から秋にかけて落花生が収穫され、それを好みの塩加減、茹で加減で茹で上げます。
10624845_768610759863602_687699401504853255_n

茹で上がった茹で落花生です。
少し未熟な「しなす」と呼ばれるものが、柔らかくて好まれます。
そんな事から思うには、出荷できない未熟な実を茹でて食べた事から始まっているのでは無いでしょうか。

10599371_775740562483955_7809713217413953096_n

右が近年見かけるようになった大粒の落花生です。左は比較用の通常サイズ。
物珍しさから息子が買ってきたものを茹でました。

秋の運動会で茹で落花生を食べたというのが、この地方共通の思い出のようです。

参考までに昔興味本位で調査した「茹で落花生分布調査」があります。
よろしければ御覧下さい。

鎮魂太鼓-3 第2鳥居にて

観光バスによる団体客が通るので、第2鳥居でも囃子を披露することになりました。

IMGP8055

神田区子供たちの囃子披露です。


IMGP8057

見守る


IMGP8069

披露の場所は浅間大社第2鳥居前です。
団体バスの駐車場になっていますので、人通りが多いところです。


IMGP8072

雲が無ければ背景の空に富士山が覗きます。


IMGP8076

正面参道から本殿方向を望む。


IMGP8097

神田区の披露

この場所は参拝客に向けて富士宮まつりをアピールする広報活動で、夏から秋にかけての日曜日に各地域の囃子方が交代でお囃子を披露しています。



地域情報 ブログランキングへ

ブログランキング

クリックしていただくと、へんぽらいが喜びます。(笑)

鎮魂太鼓-2 子供囃子披露

平成26年3月9日に浅間大社神田川ふれあい広場で行われた鎮魂太鼓の報告です。
参加各区が一通り囃子披露を終えた後に、5区の子供たちによる囃子披露が行われました。

IMGP8119

最初は阿幸地区の子供たち


IMGP8121

見守る大人たち


IMGP8128

貴船区の子供たち


IMGP8127

見守る大人たち


IMGP8130

瑞穂区の子供たち


IMGP8134

見守る大人たち


IMGP8137

二の宮区の子供たち


IMGP8141

二の宮区の子供たち


IMGP8142

見守る大人たち


IMGP8144

神立区の子供たち


IMGP8146

見守る大人たち


IMGP8154

最後にもう一度貴船区の子供

子供は希望です。
りっぱな囃子方に育ち、祭りをになう後継者に育ってくれることを祈ります。



地域情報 ブログランキングへ

ブログランキング

クリックしていただくと、へんぽらいが喜びます。(笑)

地震から3年

昨日のテレビで災害ヘリがとらえた東日本大震災の映像を流していました。その中の津波に押し流される家々が炎を上げながら燃えている画面を見て、あの日のことを思い出しました。
ぐらぐらと大きな揺れを感じ、慌てないように慎重に玄関の引き戸を開けに行きました。
停電になり家の中に居ても暗いし、なかなか揺れはおさまりません。家の前に出てみると、電線が大きくゆれていました。ニュースを見ようにも停電なので、スマホ用のワンセグチューナーを探し出し、表通りに出てスイッチを入れると、そこに映し出されたのが津波に流されながら燃えている家々でした。

DSCF1540

停電は夜になっても復旧しません。石油ストーブで暖をとりながらロウソクとキャンプ用ライトの明かりで夕食をとり、早めに就寝。車が通らなければ漆黒の闇、こんな経験もめったに無いことで復旧して明かりがついたときにはありがたさを実感しました。

それから間もなくのこと、3月15日にわが町が震源地の地震に遭遇するとは思いもしませんでした。
それも震度6強という大きなもの。揺れた時間が短く、停電区域も限定的で少し離れたところには明かりも見え、それほどの恐怖も感じずにすみました。
静岡県東部地震-Wikipedia
静岡県では住宅など327棟が一部損壊したけれど、全壊した家屋はゼロだったといいます。
震度が大きかった割に被害が少なかったのは、揺れている時間が短かったことが幸いしたのでしょうか。

地震の翌朝、墓石がどうなったか心配で二の宮墓地に出かけました。
DSCF1552

幸い墓石の転倒は無く一見何事も無かったように見えますが、東を向いていた石が東南東に向きを変えていました。よその墓地では墓石の転倒など被害が多かったとの話でしたが、この一帯から浅間大社にかけては縄状溶岩が露出しているところもあるように、地盤が堅固だったから被害が少なかったのかも知れません。
IMGP7827

二の宮墓地の南にある二の宮神社境内の縄状溶岩です。

近年の大地震と火山噴火の連動が言われ、富士山の噴火も警戒されています。
同様の例では、ほぼ3年以内に火山噴火が起こっているとのこと。富士山とて例外では無いでしょう。
噴火の場合には前触れなどから予知が可能だと言われますが、いざその時にはたして落ち着いて行動できるでしょうか。

心の準備はしておかなければなりませんね。

へんぽらい写真日記 : 地震体験



地域情報 ブログランキングへ

雨のますつり大会

浅間大社拝殿西の寒桜も、雨の中開花が進んでいます。
IMGP7979


IMGP7978


IMGP7977



本日は雨のますつり大会。
IMGP7964


IMGP7966


IMGP7973



ふれあい広場ではニジマス祭りが行われていました。
IMGP7970

湧幻鱒

IMGP7971

ニジマス祭りのテント

IMGP7972

ニジマス祭りのテント

見物に行ったところ、大先輩方に遭遇。
IMGP7975

左から消防団時代の大先輩佐野公彦さん、ハムクラブ時代の大先輩で丸久の裏メニューに名を残す矢部さん、お祭りや選挙でお世話になった消防団第三分団歌作者の小塚さん、浅間大社青年会時代の大先輩高山さん。
昔の青年団活動を通してのお知り合いなのかな。


静岡県富士宮市 ブログランキングへ

春来る

明後日3月2日の日曜日に、静岡県富士宮市神田川でますつり大会が開かれるそうです。
ますつり大会 - 観光課 - 富士宮市


富士宮に春を告げる催しとして、毎年3月の第一日曜日に行われます。

以下の写真は平成23年3月6日のもの。
DSCF1491

同時にニジマスがヒットしました。

会場隣のふれあい広場では、にじます祭りがおこなわれます。

DSCF1534

この年は寒桜が見頃でした。

DSCF1523

この年はオオシマザクラも開き始めていました。

日が早まったことと寒桜の開花状況から見ると、桜に関しては今年は少し遅れているかもしれません。
でも気温が上がれば一気に開花が進む可能性もありますから、そうなることを期待します。

寒桜

2月28日定例囃子練習で浅間大社に行った際、寒桜が開き始めているのを見ました。
今日の暖かさで一気に開花が進んだようです。
明後日が楽しみです。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ