へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

小笠原流

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

完璧にはまだ遠い 浅間大社流鏑馬祭の記録


平成29年浅間大社流鏑馬祭神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)を写真と動画で記録した物です。
コンデジを三脚に据えて動画を、手持ちのデジタル一眼で写真を撮っていたものですが、残念なことに撮れなかったものがあります。
まず、流鏑馬三番目の正射手の流鏑馬が写真しかありません。
実はこの前にカメラの撮影モードがモノクロームになっているのに気付き、モードを切り替え、画像を急ぎチェックしていたので、コンデジの動画撮影が間に合いませんでした。


PNTX4807-800

かろうじて撮影できたのが、この写真です。



そして平騎射の途中、青年会員が当たり的の受け渡しで手間取っているのをはらはらしながら見ていた時、馬が走り出して動画の記録ボタンが押せなかったものです。


モノクロモードで撮影されていた写真は、カメラでモードを切り替え記録し直すことで元のカラーに戻りました。
カメラ2機を使いこなすのも、無理があるみたい。
動画から写真を切り出すなら1台で両方出来るとは言うものの、写真の画質が不満です。
動画で撮って写真を切り出した事もありましたが、写真の解像度がかなり落ち後悔しました。



PNTX6467

平成27年の流鏑馬です。
曇天で光量不足ということもあり、動画で見る分には何とか見られますが、写真では射手がぶれて使い物になりませんでした。

カメラはやっぱり2台必要なようです。
来年は欠落が無いようがんばります。


視点 平成28年浅間大社流鏑馬祭より : へんぽらいの祭り談義

視点 平成28年浅間大社流鏑馬祭より

5月4日 流鏑馬祭初日
PTX50547

流鏑馬の始まりは川原祓い。富士市の水神社まで出かけます。
神域の森は人の手が入らず、老樹同士が枝を広げて空を奪い合っていました。



PTX50548

川原祓いは富士川の川原で行います。
早朝まで降っていた大雨の影響で濁流が轟音を立て、堰堤を乗り越えていました。



PTX50593

前日祭に参列
この後、古式流鏑馬の辞令が交付されました。



PTX50637

末社巡拝は拝殿が狭く、祝詞を上げる宮司ともこんな距離。



IMGP6171

夜、習礼(しゅらい)が参集所で行われました。
本番前の総練習といったところ。広間を馬場に見立て、小笠原流流鏑馬の流れを憶えます。



5月5日 流鏑馬祭中日
PNTX1525

拝殿に参進する。
これより流鏑馬祭。



古式流鏑馬
PNTX1598

流鏑馬保存会員が毎年交代で務める「行い」です。
練習の甲斐あって、無事に終えることが出来ました。



IMGP6247

「本乗り」
見事的中!!
例年的を射てから走り出す形で行ってきましたが、本来の馬を走らせながら的を射る事に挑戦しました。



IMGP6266-2

会心の笑み、馬に伝染る。
人馬一体で意思が通じているのかな。



練行
PNTX1682

練行と富士山
長い行列と富士山を同時に撮れる場所は限られます。




PNTX1739

練行より浅間大社帰着。
馬の背中で。






小笠原流流鏑馬
PNTX1781

三の射手による流鏑馬。
小笠原流流鏑馬斉藤道場の若き道場主。
かつて浅間大社に奉職していました。



PNTX1791-2

母衣引き
馬が猛スピードでダッシュしたので、ブレーキがかかった時に童子の体が浮きました。




PNTX1828-2

おい、邪魔だ!!
馬にガン見されました。
15騎による流鏑馬と騎射が終わり退場する際です。




5月6日は後日祭に参列。
PTX50670

この日は玉串奉奠を不肖私が務めました。
撮影=佐野和紀君


直来を終えて帰る頃、雨が降り出しました。
それにしても、4日と5日の主要行事は好天に恵まれ事故も無く、実に良い流鏑馬祭でした。



へんぽらいの祭り談義 : 浅間大社流鏑馬祭 5月5日

流鏑馬祭準備が始まった

毎年5月5日に行われる浅間大社流鏑馬祭。それに奉仕する流鏑馬保存会の会合が昨夜行われ、準備予定が決まりました。

yabusame

浅間大社流鏑馬保存会の面々です。

DSCN6506

昨年の白糸牧場での練習風景です。
始まりは馬に親しむ会ということで、馬のブラッシングです。
乗馬やバーベキューをしながら親交を深めます。

DSCN7044

4月13日には白糸の滝で弓道会と合同で「草鹿の巻」を行います。

11

昨年の白糸牧場での「行い」の練習です。

56

昨年の長泉まで出かけての「本乗り」練習です。

そして5月5日の本番を迎えます。
DSCN7387

古式流鏑馬の「行い」です。昨年は私が務めました。



家内に撮ってもらった動画です。
写真で見ると気づきませんが、馬が落ち着かないのがよくわかります。

DSCF9166

そして古式流鏑馬の「本乗り」です。


DSCF9186

昨年の保存会記念写真です。

DSCF9242

正午より市内練行が行われ、保存会員は乗馬してこれに参加します。

DSCF9313

練行より帰着後、神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。
流鏑馬保存会は馬場に分散して警備を行います。

今年も無事に流鏑馬を迎えられますように。


お祭り ブログランキングへ

平成25年浅間大社流鏑馬祭神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)

平成25年浅間大社流鏑馬祭の神事流鏑馬の記録です。
DSCF9300
馬場入り
DSCF9303
神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の射手たち
DSCF9305
馬場元より馬場末に向かう一行
DSCF9310
「流鏑馬始めませ」の指示を受け配置につく諸役
DSCF9313
一の射手の流鏑馬

DSCF9316
二の射手の流鏑馬
DSCF9318
三の射手の流鏑馬
DSCF9326
以後的中だけご紹介します。
DSCF9330
DSCF9334
DSCF9335
DSCF9342
流鏑馬の動画はほとんど撮影できましたが、平騎射最後の一騎だけビデオが間に合わず撮れませんでした。

浅間大社流鏑馬祭より

平成24年5月5日浅間大社流鏑馬祭神事流鏑馬をご紹介します。

 

小笠原流流鏑馬の一の的の記録です。

 

 

 


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ