へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

展望台

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

雪化粧 雨上がり晩秋の白尾山から

まだ師走前だというのに厳冬期のような雪が富士山にも降り、それは見事な雪化粧となりました。
11月25日に先ずは浅間大社を散策した後、白尾山公園へ。

一部工事中で、駐車場から左手に迂回します。
工期は2月28日までとのことなので、まだ当分かかりますね。

PNTX1401-800

グラウンド脇あずまやの横から見た富士山です。
樹木の生長で富士宮市街が見えにくくなりました。



PNTX1402-800

グラウンド脇のあずまやあたりからは、市街の向こうに両側に長く裾を引く富士山が見える絶好の場所です。小学校の遠足で我が家を探したのを、いい年になりましたがまだ憶えています。
富士宮市街が間近に見える眺めの良いところなので、樹木の伸びすぎで視界が遮られぬようこの景観を守って欲しいと思います。



PNTX1403-800

白尾山頂上まで来たら、まだ若いイチョウがきれいに黄葉していました。



PNTX1405-800

白尾山頂上展望台から富士宮市街と富士山を望む。
本来眺望は素晴らしかったはずなのに、展望台から見る市街の眺望は、放置されて伸びすぎた樹木により邪魔されています。



PNTX1408-800

かろうじて浅間大社大鳥居から後背林あたりが見えますが、



PNTX1409-800

かなり標高の低いところまで雪が積もりました。




PNTX1410-Pano1900

白尾山公園頂上の展望台からの眺めです。富士宮市街の眺望が確保されれば素晴らしい展望台なのに、もったいないなぁ。




PNTX1417-800

晩秋の白尾山は落ち葉の盛り、頂上からの帰り道には秋の色が満ちていました。




白尾山 - 故郷の山 : へんぽらいの祭り談義

雨上がりの夜景 白尾山より

雨上がりの白尾山までカメラと三脚を持ち、リュックを担いでウォーキングしてきました。
白尾山公園グラウンドから展望台に至る遊歩道はまだ濡れていて、登り初めで少し滑り、慎重に歩を進めました。

IMGP7196-800

展望台からの夜景です。少し上空に雲が漂っていますが、町は案外クリアーに見えました。



PNTX2057hc

参考までに昼間見た市街です。



IMGP7199-800

画面上部の灯りが山宮工業団地で、画面中央少し左上が国道139と富士登山道の交差点です。



IMGP7213-800

ドクツルタケかな?白尾山展望台近くの遊歩道脇に生えていました。
猛毒キノコで食べると死に至ると言いますので、絶対に食べてはいけません。



image

本日の白尾山ウォークです。頭にライトをつけカメラと三脚を持って慎重に歩き、写真など撮っていたので時間がかかりました。


登山の日程がまだ決まりませんが、体調を整えて待期します。


夜景を撮りに行く : へんぽらいの祭り談義

望郷 初冠雪の消えぬ間に

NKN_2880-800

雪化粧も1日で後退したので、消えぬ間に写真におさめようと白尾山、羽鮒山などを訪れました。


NKN_2881-800

白尾山は遠足などでも訪れる富士宮市街南部の丘陵地で、富士山を背景に市街を間近に見られるビュースポットです。小学校時代遠足で訪れ、ここからわが家を探したものでした。
市街の雑踏や生活の音が聞こえる所です。


NKN_2877-2-800

身延線高架を上り電車が走ってゆきました。
奥の鳥居は浅間大社大鳥居と第二鳥居、画面中央付近の建物は大宮小学校です。


NKN_2879-2-800

手前浅間大社周辺から奥の山宮工業団地まで。


NKN_2882-2-800

好天なので足を伸ばし、第二東名トンネル上の勘助坂付近です。


NKN_2891-800

そして羽鮒山で夕暮れまで粘りました。
少し離れた高い所ですので、市街を広範に見られ背景の富士山が美しい所です。


NKN_2899-800

中央少し下が浅間大社後背林と富士宮市民文化会館、その上左にテルモ。


NKN_2908-800

下の集落は安居山あたりで身延線上り電車が走ってゆきます。
手前の山裾から出現しますが、踏切の警報で出現が予測されます。
画面中央右側が貴船小学校、上部左が鉄工団地です。


NKN_2929-800

夕陽に染まりました。雪化粧が大きくなるのが待ち遠しいです。



タイムラプス動画で羽鮒山の夕暮れを撮りました。


展望のよい所ですので夕景夜景を撮りに訪れますが、電気もここまでは届きません。
足下を照らす明かりは必須です。

深まる秋に期待は膨らみます。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ