へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

星景写真

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

富士閉山に思う

image

9月10日で富士山も閉山となり、11日にお世話になった登山靴をしまいました。


9年前に囃子奉納登山で膝を痛め登山からは遠ざかっていたものですが、申年小縁年の昨年は奥宮の大修復が完成し奉告祭などが盛大に行われ、体調も整ったので3回登り合計10日間滞在しました。

平成23年の西臼塚付近を震源とする地震で奥宮が大きく損傷したため、5年がかりで修復工事が行われたものです。

PNTX8224-800

2016.7.27竣功奉告祭が行われました。



PNTX7686-800

2016.7.19竣功奉告祭の前週に奥宮前の標柱が設置されました。



PNTX9037-2-800

2016.8.9に申年で建て替えられた岩淵鳥居講の鳥居です。



PNTX9195-2-800

滞在最終日未明の満月明けの山頂夜景です。
月明かりで山頂風景も見え、星は明るい星のみが見えましたが星座は逆に判りやすかったです。
遠くの街灯りはまだ消えず、東の空には夜明けの兆しが。



PNTX9248-800

そして御来光です。



PNTX9263-800

目を月に転じれば、朝陽を浴びた剣が峰の横に沈む満月と影富士が。


平成28年富士山頂滞在写真日記総目次からこの年の写真が御覧になれます。

この年は様々な光景を見せていただきましたが、まだ満天の星や登山者のライトなど撮れなかった物があります。そして山頂から我が家は写真で見えるほどに撮れるのか、という実験もやり残していました。




そして今年平成29年の登山期を迎えました。

PNTX6070-800

7月10日富士山開山



今年は奥宮前の鳥居が新調され、渡り初めが行われたのでこれを取材しました。
PNTX8476-800

7月21日神事の後、渡り初めに先駆けテープカット。



PNTX8479-800

宮司を先頭に鳥居をくぐります。



PNTX8419-800

これは7月20日渡り初め前夜の星空です。



8月15日の例祭は天候も悪く登山を断念。

そして閉山が迫る終盤の9月3日から5日までお邪魔しました。


PNTX9749-800

9月3日に九合目で遭遇したブロッケン現象です。



PNTX9781-1-800

9月4日に馬の背下から望遠で撮影した浅間大社周辺です。
富士宮市中央図書館と富士宮市民文化会館にはさまれた中央あたりに、我が家が見つかりました。



PNTX9873-800

9月5日久須志神社前から見た登山者の灯りです。


PNTX9885-800

9月5日久須志神社前から見た星と街灯りです。



それなりに収穫はあった物の、体調がすぐれず慌ただしく下山した事が残念でした。

来年こそ撮りたいものは、大内院(富士山頂上火口)に現れた御来迎と呼べるブロッケン現象、漆黒の闇夜の満天の星、より高解像の郷土の町並み、虹、月明かりの夜景等々。


課題は機材に負けぬ体力作りですね。

星空に憧れる

水ヶ塚2-640
最近なんだか星空に惹かれます。
どうやらYoutubeで見た「星めぐりの歌」の背景に使われていた刻々と変わる星空のムービーがとても素敵だったから、たぶんその所為なんでしょう。
先日のヒメボタル撮影で常用カメラのCCDがお亡くなりになり、修理には出したもののあんな星空の写真やムービーを撮りたいと、新たなカメラを物色しました。


カメラ
そして決めたのがこれ、ペンタックスK-3です。
撮像素子シフト形式の手ブレ補正は、オプションのGPSユニットと組み合わせる事で星の移動を追尾することが出来ます。
へんぽらい - 星空とペンタックスK-3





inck3さんがyoutubeにアップしたムービーです。

何時の日か素敵な星空に出会い、それをこんな風に記録できたらというのが今の私の夢です。

富士山に天の川を見に行く - 1

DSCF8322+
月夜には月明かりに照らされた富士山を見に行くのが恒例行事で、富士山中腹の西臼塚駐車場や水ヶ塚公園にもよく訪れました。
でも月夜だと月明かりに負けて、見える星は限られます。いつか月の無い夜に天の川を見に行こう、出来る事なら写真に撮りたいと思っていました。

肉眼にもうっすらとしか見えない弱い光の天の川を撮るには、撮影感度を上げるか露光時間を長くかける必要があります。でも感度を上げると暗部にノイズが乗り、ざらざらした画面では星かノイズか紛らわしいものです。露光時間を長くかけると地球は回り星は移動し、星の光は点で無く線になってしまいます。
専門家は星の動きを追跡する装置を使用してブレの無い明るい星の写真を撮りますが、装置は素人には手の出ない物でもあります。
そんなところにカメラが壊れ、いよいよ新しいカメラが必要になりました。カタログなどで調べると高解像度高機能の最新機種にはとても手が出せません。現在使用している機種より高解像度高機能で何か魅力のある機種をと探すと、手ぶれ防止装置とオプションのGPS装置で星の疑似追尾ができるものがありましたので迷わずこれに決めました。

満月と流星群は台風や大雨で撮影できませんでしたが、8月18日にやっと空が晴れましたので富士山まで出かけました。

IMGP0198
西臼塚駐車場から見た富士山と星空です。
広い空を見渡すために魚眼レンズを使用しています。

IMGP0204
南の空の天の川を撮影したもの。

機械の使用方法は説明書で読んだものの、撮る時になればあれこれ判らない事だらけ。
初回はこんな感じでした。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ