へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

星空

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

富士閉山に思う

image

9月10日で富士山も閉山となり、11日にお世話になった登山靴をしまいました。


9年前に囃子奉納登山で膝を痛め登山からは遠ざかっていたものですが、申年小縁年の昨年は奥宮の大修復が完成し奉告祭などが盛大に行われ、体調も整ったので3回登り合計10日間滞在しました。

平成23年の西臼塚付近を震源とする地震で奥宮が大きく損傷したため、5年がかりで修復工事が行われたものです。

PNTX8224-800

2016.7.27竣功奉告祭が行われました。



PNTX7686-800

2016.7.19竣功奉告祭の前週に奥宮前の標柱が設置されました。



PNTX9037-2-800

2016.8.9に申年で建て替えられた岩淵鳥居講の鳥居です。



PNTX9195-2-800

滞在最終日未明の満月明けの山頂夜景です。
月明かりで山頂風景も見え、星は明るい星のみが見えましたが星座は逆に判りやすかったです。
遠くの街灯りはまだ消えず、東の空には夜明けの兆しが。



PNTX9248-800

そして御来光です。



PNTX9263-800

目を月に転じれば、朝陽を浴びた剣が峰の横に沈む満月と影富士が。


平成28年富士山頂滞在写真日記総目次からこの年の写真が御覧になれます。

この年は様々な光景を見せていただきましたが、まだ満天の星や登山者のライトなど撮れなかった物があります。そして山頂から我が家は写真で見えるほどに撮れるのか、という実験もやり残していました。




そして今年平成29年の登山期を迎えました。

PNTX6070-800

7月10日富士山開山



今年は奥宮前の鳥居が新調され、渡り初めが行われたのでこれを取材しました。
PNTX8476-800

7月21日神事の後、渡り初めに先駆けテープカット。



PNTX8479-800

宮司を先頭に鳥居をくぐります。



PNTX8419-800

これは7月20日渡り初め前夜の星空です。



8月15日の例祭は天候も悪く登山を断念。

そして閉山が迫る終盤の9月3日から5日までお邪魔しました。


PNTX9749-800

9月3日に九合目で遭遇したブロッケン現象です。



PNTX9781-1-800

9月4日に馬の背下から望遠で撮影した浅間大社周辺です。
富士宮市中央図書館と富士宮市民文化会館にはさまれた中央あたりに、我が家が見つかりました。



PNTX9873-800

9月5日久須志神社前から見た登山者の灯りです。


PNTX9885-800

9月5日久須志神社前から見た星と街灯りです。



それなりに収穫はあった物の、体調がすぐれず慌ただしく下山した事が残念でした。

来年こそ撮りたいものは、大内院(富士山頂上火口)に現れた御来迎と呼べるブロッケン現象、漆黒の闇夜の満天の星、より高解像の郷土の町並み、虹、月明かりの夜景等々。


課題は機材に負けぬ体力作りですね。

富士山頂満月の徘徊 その2 2016.8.18-19

富士山頂で迎えた2度目の満月は8月の18日でした。


PNTX9107-800

夕刻雷雲が頭をもたげ、月の出は絶望的な状況となりました。
いったんは引き上げたのですが、雲が覆い雷鳴が轟くその中で雲間に月が顔を見せました。



PNTX9119-800

雲の合間に月が昇りました。

雷鳴轟くこの状況では、星空や月明かり照らす夜景は無理かと半ばあきらめていました。

明日は下山です。
このまま雲が増えれば、前月のように星空も月明かりの夜景も撮れずにシーズンを終わる事になります。天候の回復を祈りつつ夜中まで休みました。



目が覚めたのが2時半頃、外を見れば月明かりが皎々とあたりを照らしています。
機材を背負って飛び出しました。


◎月明かりの富士山頂

雷鳴を轟かせていた雷雲は遠くに去り、頭上には星空が広がります。
下界の雲も薄らぎ、街明かりがきれいに見えます。
月明かりで山頂の風景もよく見えました。


PNTX9165-2-800

富士宮口頂上から登山道を覗くと、月明かりの中を登ってくる登山者のライトが見えます。




PNTX9167-800

月明かりに照らされた山頂奥宮




PNTX9173+800

月明かりの奥宮と星




PNTX9185-800

剣が峰に登る




◎月明かりと街明かり

PNTX9171-3-800

駒ヶ岳より満月と駿河湾を望む



PNTX9186-800

馬の背より満月と富士市の街明かりを望む



PNTX9192-800

三島岳より駿河湾沿いの街明かりを望む



PNTX9195-2-800

三島岳より沼津方面の街明かりと明け初める空を望む



◎月と剣が峰


IMGP7504-800

三島岳から剣が峰と満月と富士の街明かりを望む



PNTX9223-800

明け始めた空に剣が峰と満月を望む



PNTX9263-800

朝日が剣が峰にあたり満月が沈みかける雲海に影富士が映る



三島岳からの眺めは御来光が見えれば、影富士も期待出来ます。



富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21 : へんぽらいの祭り談義

富士山に雨上がりの星を見に行く

定例囃子練習に出かけると、祈祷殿前から富士山に山室の灯りがとてもクリアーに見えました。練習中頭上に見える3つの星をスマホで調べてみると、夏の大三角と呼ばれるアルタイル、ベガ、デネブだと判りました。これだけ星が見える日は珍しくこれを見逃すことはないと、頂上で星を撮る練習を兼ね富士山中腹の西臼塚駐車場に出かけました。

最初のエラー表示で、メモリカードをPCのカードリーダーに差したままだったことに気付きました。
ありがちな失敗ですが、第2スロットに補助記録用のカードがありましたのでこれを初期化して使用。
山頂でなくて良かった。



PNTX9458+800

富士登山もいよいよ終期、富士山には山室の灯りがともり間に登山者のライトが見えます。



PNTX9466-800

富士山の上、斜めにかかるのが天の川です。



PNTX9469+800

頭上の天の川を。



PNTX9474+800

50价云播瀬譽鵐困如△呂ちょう座あたりを狙ったつもりだったのですが。
このレンズは解放値が1.4と明るく、ファインダーで星を捕らえることが出来ます。
活用しなければ。



閉山前最後の機会を何とか逃さぬよう、準備を進めます。
山頂の忘れ物は致命傷ですので、気をつけねば。









満天の星見られるか : へんぽらいの祭り談義

満天の星見られるか

PNTX9235-800

今年 三度目の富士登山は5日間の滞在で、 登る前に撮りたいと希望していた写真は帰る日の未明にまとめて撮ることが出来ました。

心残りは、月の無い夜に星に近い山頂から満天の星を見ること。これがまだ出来ていないことです。
台風一過の好天に星空を見たい。そうは思うものの、何時登ればそれが見られるのか台風事情が大きな障害です。
9月になれば落ち着くのではと思いますが、予想は外れることも多いので

浅間大社奥宮には、長いことお世話になりましたのでお礼参りに行かなくてはと思っています。
この際には必要最小限の荷物で、以前10時間かかった時間がどれだけ短縮できるか試したいと思っています。



PNTX9194-800

でも満点の星空だけは撮りたいから、デジ一に軽量三脚と広角レンズは必要。



PNTX8761-800

新たに思ったのは、山頂から市街を望遠で撮りたいということ。この写真の何倍かに引き伸ばせたら富士山に面した我が家の窓も見えるんじゃないだろうか。となると、堅牢な三脚と望遠レンズが必要です。10時間かかった時より装備の重量がかなり増すのは必定。


今期最後は自分の足で登り、締めくくりたいもの。
でも前回かかった時間は10時間、減らせると思った荷物は逆に増えそうなので今回は2日がかりか?
山室や奥宮の閉山準備も気になるところ。昨年登り損なったのは、次々に襲来する台風で機会を失ったためでした。山頂の天候は思い通りには行きませんが、新たな台風などは発生しないで欲しいものです。



申年小縁年で奥宮の竣功、今年は記念すべき年でした。
この機会に慢性の膝痛や肘痛などが軽快したのは、まるで富士山に誘われたかのようです。

くたびれもうけに終わるかも知れませんが、できたら気持ちよく締めくくりたいと思います。


下山報告 : へんぽらいの祭り談義

富士山頂満月の星達

富士山頂ではきれいに晴れた月の無い夜には、おびただしい数の星が見えるのだと聞きました。
星に詳しいある人はこうも言いました。
「上空は晴れ、中腹あたりにかかる雲が下界の灯りをブロックしてくれるとそれは素晴らしい星空になる。そんな時寝転んで空を見ていると、まるで宇宙空間を遊泳しているような錯覚に陥ることがあるんだ。」
そんな夜に出会いたい物ですが、満月が煌々と輝く夜では星は姿を潜めてしまいます。
それでも月を背にして夜空を探せば、いくつかは見知った星座を見つけることが出来ます。


PNTX9167-800

午前3時頃の満月が照らす富士宮口頂上です。
駒ヶ岳から浅間大社奥宮と剣が峰方向を見ています。
画面すぐ左に満月があるので、見える星は限られます。



PNTX9176+800

浅間大社奥宮から馬の背側にしばらく進み、奥宮越しの空を見ています。
奥宮のすぐ上にオリオン、画面中央の少し上には昴も見えます。
オリオンが冬の星座と呼ばれるのは、冬になれば早い時間に空に昇るから。
この季節では夜明け近くなので、人目につきにくいですね。



PNTX9178-800

馬の背側に少し進み、火口側を見ます。そこそこ星も見られました。
もう御来光待ちで剣が峰に登っている人が居ます。



PNTX9185-800

馬の背下で剣が峰と火口方向を見ています。
登山者のヘッドライトが線を描きます。



PNTX9194-800

三島ヶ岳の鳥居越しに東の空を見ると、夜明けの萌しが空の端に見えます。



PNTX9195-2-800

夜から朝への移ろいの時、空が白むと共に星は姿を消します。



冒頭で聞いたような、月明かりが無い夜に宇宙空間を遊泳しているような星空見物を、一度体験してみたいと思っています。

できれば今シーズンにもう一度登ってみたい物ですが。



満月の富士山頂 : へんぽらいの祭り談義

皆既月食の月を見た

明日の皆既月食はスーパームーンと重なるそうで、とても珍しいことだそうです。

今夜18時からライブ中継もあるよ! とても珍しいスーパームーンの皆既月食 - ライブドアニュース


月食を見るのも天候に左右され、しっかりと見たのはまだ1回しかありません。
それは平成23年12月10日のことでした。

DSCF0054

富士宮市上井出の墓地公園は富士山に間近い所で、入口調整池の手前の築山は好んで出かける場所です。以前ここから富士山と星を見ていた時、富士山頂上の左肩の辺りから昴が顔を出し右斜めに昇っていったことから、勝手にこの丘を「昴の丘」と呼んでいます。
到着した頃には雲も去来し、ちょっと心配でした。

それでも月食が始まると月周囲の雲は晴れ、しっかりと観察することが出来ました。

DSCF0065

皆既月食で地球の影に入り、月は輝きを失いました。
画面中央少し左下にオリオン座が見えます。
画面上部少し左にあるのが影に飲み込まれた月です。

満月ともなれば月は輝き星の姿は薄れるものですが、皆既月食の月は輝きを失い案外小さかったことに初めて気付きました。他の星と比べれば遙かに大きいけれど、あの輝きが無ければ特大の星にしか見えません。

DSCF0094

そしてこちらは月と昴です。
画面左上が皆既月食の月で、右下の星座が昴です。


この日の投稿が皆既月食と富士山です。スライドショーにリンクしていますので、御覧下さい。


こんな意外な取り合わせが見られるのが、皆既月食なんですね。
明日の天気はどうなりますでしょうか。
もし晴れたら、じっくり空を見上げてみてはいかがでしょう。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


写真(風景・自然) ブログランキングへ

富士登山夜景 - やっと晴れました

へんぽらいの祭り談義 : 登山末期の富士山夜景
を投稿した頃には、まだ秋雨前線による長雨で今年の写真を紹介することが出来ませんでした。

ようやく晴れた9月4日の夜から5日未明にかけて、富士山中腹まで撮影に行ってきましたので、写真をご紹介します。

NKN_2501-800

西臼塚駐車場より富士山を見る  2015.9.4
登山道を通過する車のライトが手前の木々を照らします。


PNTX9402-800

西臼塚駐車場より富士登山者の灯火を見る  2015.9.4
山室の灯も残りわずか。
いよいよ登山終期を迎え、登山者のライトが線を描きました。


NKN_2507-800

水ヶ塚駐車場より富士山を見る  2015.9.5
マイカー規制の駐車場なので、夜間もオレンジの照明が煌々と照らしています。
ライトを樹木で遮りました。


PNTX9403-2-800

水ヶ塚駐車場より富士登山者の灯火を見る  2015.9.5


PNTX9406-800

水ヶ塚駐車場より富士山と星空を仰ぐ  2015.9.5
残念ながら、駐車場のライトが夜露を照らし赤くかぶります。


静岡県側の登山期間は7月10日から9月10日まで、残す所あとわずかです。
その間に、こんな晴れ間が見られるかどうか。
これが今季最後の好天で無ければよいのですが。


富士山に星を見に行く

富士宮市街から富士山山室の灯がはっきりと見えましたので、富士山中腹の西臼塚駐車場まで星空を見に行ってきました。

PNTX9035

富士山に点る山室の灯と星空です。
2015.8.9 21:49


PNTX9038

星空を背景に山室の灯の間に点々と続くのは、登山者の灯すライトです。
2015.8.9 22:00


PNTX9058

富士山の上に広がる天の川。
2015.8.9 22:44

ペルセウス座流星群が8月12日・13日を中心に見られるそうです。
ここ西臼塚駐車場は晴れさえすれば周りに明かりはなく、星を見るにはよい所です。
星空観察や流星群観察に涼みに出かけてはいかがでしょう。


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ