へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

月夜

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

夜景遺産の白尾山紹介

台風一過月明かりの富士

平成19年10月28日 台風が太平洋側に逸れ足早に遠ざかった夜でした。煌々と照る月に気付き、富士山が見えているので急ぎ白尾山に駆けつけました。天候の回復で雲は見る見る消えて行き、その下には薄らと雪化粧が見えます。



DSCF0145+800

平成26年2月16日 風の強い満月の夜で富士山はくっきりと見えるのですが、風下側に山旗雲と呼ばれる消えない雲が居座っていました。画面右の雲が光っているのは、スキー場の灯り。



DSC_0030-800

平成26年12月4日 月夜の笠雲が貴婦人の帽子のようでした。



NKN_4070-800

平成28年3月23日 すぐ足下まで人家が迫る市街に間近いこの場所は、夕暮れには夕餉の支度の音まで聞こえそうな所です。日暮れまで遊び呆けて、宵闇に追い立てられるように帰った子供の頃を思い出します。


夜景遺産

白尾山の夜景遺産登録を報じる地方紙です。




所在地はこちら。



PNTX0743-800

台風一過の平成29年10月23日に訪れました。グラウンド脇あずま屋近くからです。
強風で平成26年2月の夜景と同じように山旗雲が出ていました。
強風で霞は吹き払われ、富士山頂から白尾山の足下までくっきりと見えます。
足下には今年29年12月23日にオープンする富士山世界遺産センターが、最終工事を迎えています。



PNTX0745-800

白尾山から望遠で覗くと浅間大社の大鳥居の横に建築中の世界遺産センターが見られます。その手前には身延線の高架があり、時折出通過する電車が見えます。



PNTX0752-800

山頂には展望台がありますが、思うほど眺望は開けていません。
富士山は見えるものの、周辺樹木の生長で市街の東西と足下が隠れて見えません。



PNTX0748-800

戻ってこちらはグラウンド脇ですが、以前見えていた景色が樹木の生長で見えなくなっています。


せっかく夜景遺産に指定されたのですから、訪問者にがっかりさせぬよう行政は眺望の保持に努めて貰いたい物です。

十四夜月夜の徘徊

夕刻まで黒雲が北から東の空を覆い、半分はあきらめていたのですが、月の出る頃には富士山が顔を見せました。
恒例の月夜の徘徊スタートです。

IMGP5110-2

ほんとはもっと北に上り剣が峰と月のコラボを撮りたかったのですが、道を間違えて断念。
人穴で大きな月と何かのコラボを撮りました。



NKN_4070-h

一旦家に帰り、月が昇るのを待って白尾山に出かけました。
富士山は少し霞んでいます。



IMGP5152

近くに寄ればクリアーだろうと、西臼塚駐車場まで出かけました。
月は明るく、ライト無しでも足下がわかります。
雪化粧は夜目にもくっきりと見えていました。




NKN_4080-h

そして最後は水ヶ塚公園です。
富士山に間近く、宝永火口の大穴が眼前に見えます。
ここまで来ると日陰には積雪が残り、寒くてあまり長居は出来ませんでした。


月夜の徘徊も天気次第、今日の満月は半影月食が見られるそうなので是非とも晴れて欲しいものです。




へんぽらいの祭り談義 : 富士山の日満月の徘徊

大きな月と何かのコラボ

パール富士には興味が無いけれど、剣が峰と重なる大きな月を撮りたい。
そう思って月が丸くなるのを待ち、天気を睨みながらこの日と決めました。
余裕を持って出かけるつもりが、思わぬ仕事が入り時間はぎりぎりです。


IMGP5110-2

おまけに曲がる道を間違え、予定よりずっと手前に出てしまいました。
気がついて戻ろうかと思いましたが、時間がありません。
やむなくカメラをその場所にセットして月だけでも撮ろうと思っていた所、月が出たのは右側斜面からでした。


IMGP5108

右側稜線と月です。
前日だったら夕焼けの紅味が雪化粧に見えたのでしょうが、天気が悪かったしなぁ。



IMGP5131-2

月だけを撮って帰るつもりが、月を狙うファインダーをカラスの群れが何度も横切ります。
それならと月とカラスのコラボを狙いました。



IMGP5127

ねぐらに帰るカラスと月です。


念のため当初目指した場所に行ってみました。
その場所も、まだ手前過ぎて剣が峰にはかからなかったようです。
さらに進むと沢山の車が駐まっている場所がありました。
パール富士狙いの人たちのようです。
ここより少し手前ぐらいが良かった模様。
月は昇ったとは言ってもそれほど高くはありません。

富士山の右側稜線に月の出を見た時点では、まだ移動すれば間に合ったようでした。
次回の参考にしましょう。




へんぽらいの祭り談義 : 月面高解像度撮影大作戦

移ろう雪化粧

満月の夜から、雪化粧の富士山をしばらく追跡してみました。



ようやく寒さが訪れ、雪化粧も降雪と雪解けを繰り返しながら雪を蓄えて行くのでしょうね。
スライドショーでお楽しみ下さい。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ