へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

月夜の徘徊

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21

7月20日の滞在2日目は満月でした。
この朝御来光を見た朝日岳の周遊道付近で満月の出を待ちました。

PNTX7981-800

月が雲海から昇りました。


PNTX7984-800

満月がいびつに見えるのは、満月のあたりの空気が上と下で屈折率が違うからです。



PNTX7999-Pano640

ワイドで見れば満月も小さい物ですね。



PNTX8003-800

満月もここまで昇るとようやく丸く見えます。




PNTX8024-800

駒ヶ岳の鳥居越しに満月を見る。
天気がこのままなら夜景も楽しめると思ったのですが、少し薄雲がまとい付いているのが気になりました。




DSCF0620-800

空には星が見え、月明かりで景色も見え、登山者のライトが線を描く。
こんな天気を期待していたのですが、残念ながらそうは行きませんでした。




満月の登山道+800

午前2時10分、月明かりはガスがかかって今ひとつ頼りありません。
御来光までまだ3時間近くもあるので登山者の灯りはまだまだ遠くです。
下界の街明かりでも見えれば楽しいでしょうが、雲が蓋をしています。
雲の切れ間に見えるオレンジの灯りが、上の写真を撮ったシャトルバスの発着所水ヶ塚駐車場でしょうか。




PNTX8031-800

月明かりで夜目にも奥宮は見えるけれど、ガスに覆われた空に星は見えません。
月明かりがあってガスが切れれば景色も見えるかと思いましたが、月さえもガスで見えなくなったのでこの夜は徘徊を断念しました。


月夜が好天とは限らないけれど、月の出と夜景が少し見られただけでも良い方だったのかな。

8月18日の次の満月に望みを託しました。






富士山頂滞在記 御来光(日の出)と月の出 : へんぽらいの祭り談義

師走十六夜月明かりの富士山スライドショー

先月の満月は12月25日でした。

habuna1200

富士山が見えたのは翌26日、十六夜の月明かりで見た富士山をあちこち撮り歩きました。
スライドショーに作りましたので、御覧下さい。




へんぽらいの祭り談義 : 十六夜月明かりの富士山

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ