へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

月明かり

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

月夜の富士登山

月夜には月明かりに照らされた富士山を撮り歩くのが恒例の行事で、街の夜景と合わせることもあれば月明かりに照らされた富士山だけの事もあります。


DSCF0620-800+1

2012.08.01 00:07 水が塚駐車場より
4年前の写真です。
月明かりに照らされ、夜登山する人たちが疎らですが6-7合目あたりに見えます。
山頂に早く着きすぎたら、真冬並みの寒気の中で寒さをこらえて5時近くの御来光を待たなければなりません。
時間が早いこともあり、あまり高いところまでは登っていないようですね。




PNTX8034-800

2016.7.21 02:10 富士宮口頂上より
今年1回目のチャンスでした。7月20日は満月で、日が変わった21日未明です。
月は見えるもののガスがかかり、この後ガスが濃くなって月さえも見えなくなりました。
この時間に頂上まで登って来ている登山者も数名居ましたが、建物の影で身を寄せ合い風を避けたり、剣が峰を目指して行ったりさまざまでした。
前日の御来光の時間は4時47分頃でしたから、さらに2時間半ほど待たなければなりません。
これだけ寒さをこらえて待てば、御来光の暖かさが身にしみて有り難いでしょうね。



PNTX9165-2-800

2016.8.19 02:56 富士宮口頂上より
好天を待って5日目の満月の夜(未明)です。
三度の登山で滞在日数は10日目、ようやく晴れたのがこの満月の夜でした。
満月が照らす薄雲の下には、駿河湾に面した富士市から沼津市の海岸線の街明かりが見えます。
薄雲の向こうには少し縮んだ入道雲も。
そして9合目、9号五勺からこちら山頂に向かって登ってくるライトが光の線を描きます。
待ち構えるのは、申年で建て替えられたばかりの山頂の鳥居※です。

4年前に月明かりの富士登山を見た水が塚駐車場の場所が、登山者のライト左上に見える灯りでしょう。あの場所からこの光景を見て、同じ思いを抱いた人も居たかも知れませんね。

月は新月を過ぎ星がきれいに見える頃合いでしょうが、台風が災いして登るのを足止めされています。
今年最後のチャンスは、閉山前に巡ってくるのでしょうか。





※岩淵鳥居講によって申年に建て替えられる。

満月の富士山頂 : へんぽらいの祭り談義

満月の富士山頂

8月18日
IMGP7497-800

満月のこの日、予定では剣が峰から見て奥宮方向に満月が昇るはずでしたが、夕刻むくむくと雷雲が頭をもたげガスが去来します。
距離を置けばガスの影響も大きく剣が峰からの撮影は断念。
奥宮近くで月の出を待ちましたが、ガスに覆われ一度撤退しました。





PNTX9107-800

気がつけば雲間に月が見えます。
再度カメラを持って出かけました。




PNTX9120-800

雲間に昇る満月です。なかなかすっきりとは行きません。




PNTX9135-2-800

駒ヶ岳の鳥居と満月です。




PNTX9136-800

奥宮の標柱、燈籠と満月です。




PNTX9141-800

奥宮屋根と雲に隠れた満月です。


PNTX9155-800

奥宮屋根と満月ですが、微妙な位置関係などで今ひとつです。


ガスが治まることを祈って、月が昇るまで仮眠。

19日未明
目が覚めたのが午前2時半頃。外に出てみると月明かりが山頂を照らしていたので、機材一式を担いで飛び出しました。

PNTX9170-800

駒ヶ岳から富士市側を見た物
駒ヶ岳からだと位置のために登山者のライトは見えませんが、富士館前から覗くとライトがよく見えます。富士市から沼津市にかけての街明かりが見られます。月が照らす夜空には雲も浮かびます。





PNTX9192-800

剣が峰登り口馬の背下から見た夜景です。
中央の街明かりが富士市、左が沼津市で上には静岡市の灯りも。




IMGP7504-800

夜明けが近づき、空が白み始めました。
剣が峰もうっすら見えています。



IMGP7510-800

空が明るくなると月も街明かりも霞んで行きます。



IMGP7521-2-800

朝焼けの光りに西の空にも朱色が射しました。



IMGP7524-800

御来光に剣が峰が照らされ、伸びた影富士の向こうには光を失った満月がありました。



PNTX9260-800

影富士と満月の競演です。
陽が昇り空が明るくなれば満月は輝きを失い、やがて沈んで行きます。

7月19・20・21日、7月26・27日、8月15・16・17・18・19日と10日間の滞在で、最終日にやっと撮りたかったものの多くを撮らせて貰えました。

この好天は最高の贈り物です。



満月の富士山頂から : へんぽらいの祭り談義

下山報告

8月15日から19日にかけて、富士山頂に滞在しました。

登山前にブログで、まだ撮れていない物でぜひ撮りたいと挙げたのが六つの事でした。
なかなか好機は訪れず、それでもしつこく粘ったので最終日にやっと好条件に恵まれ、かなりの希望をまとめて実現出来ました。
取り急ぎ御報告します。



PNTX9195-2-800

・満月月明かりの山頂風景
 満月が照らす山頂の風景と夜空の雲、月明かりでその数は限られますが星も光ります。




PNTX9173+800

・星と山頂風景
 月明かりがなかったら風景はシルエットになりますが、星は輝きと数を増します。
 月の無い夜に日本で一番高いところに、もう一度星を撮りに行きたいと思っています。




PNTX9163-800+

・登山者の灯り
 3時前で御来光までまだ2時間あります。
 御来光に近い時間なら、灯りの数ももっと増えたでしょうね。




PNTX8869-2+800

・某所からの御来光
 この日は雲が多く、朝焼けの空に昇る御来光とはいきませんでした。
 あらためて狙いたいと思います。




PNTX8780-Pano1200

・快晴時の下界
 「麓で周囲を一巡するにはかなりの時間がかかるけれど、山頂で一巡するなら2時間足らず。」
 初めて富士山に登った時に、案内していただいた神主さんが言っていたこと。
 晴れていたなら周囲の景色が楽しめます。




PNTX9192-800

・快晴時の夜景
 遠く見下ろす街明かり、きれいな物です。
 週末なら花火が見えると聞きます。望遠で撮れないものかな。




まだ充分ではありませんが、取り急ぎ無事に帰ってきたことを御報告させていただきます。
この5日間の御報告も少しずつアップさせていただきますので、御覧下さい。


富士山頂で月夜にしたいこと : へんぽらいの祭り談義

満月の夜に富士山を見る

平成28年5月22日、待望の満月はよく晴れました。
でも家から富士山を見やると、霞んでよく見えません。
こんな夜は街からの夜景はあきらめ、富士山に近づくに限ります。

この季節は花も紅葉も無いけれど、雪化粧が消える前最後の好機です。

NKN_4364-20

最初に訪れたのは、富士山中腹にある西臼塚駐車場です。
ここには灯りがありませんので、星を見るためによく訪れます。
月夜なので見える星は限られますが、闇夜には満天に星が輝きます。



PNTX6450

ここまで来ると霞みも薄く、月もクリアーに見えます。



PNTX6457-20

次に訪れたのは、裾野市の水ヶ塚公園です。
登山シーズンにはシャトルバスの発着場となり駐車場も有料となりますが、短時間の駐車は無料です。登山期以外は無料開放されており、冬には雪遊びなどで親子連れが訪れます。



NKN_4375-20

ここからは宝永火口が近くに見え、登山シーズンには火口と左稜線の間をジグザグに上る登山者の灯りもきれいに見えます。



NKN_4383-20

富士宮市上井出の富士桜自然墓地公園からは、大沢崩れが近くに見えます。
墓地の入口に峡谷状の調整池があり、橋が架かって橋の向こうに墓地入口のゲートが有ります。




PNTX6467-20

白糸の滝展望場から。
今は新緑に覆われ鬱蒼としていますが、晩秋の紅葉時期はきれいです。
太陽や月の位置と水しぶきの状態によっては、滝壺に虹が見えることもあります。
もっと時間が遅ければ、月虹(月明かりの虹)が見えたかも知れません。



今年は雪解けが順調なので、次の満月には雪が見えないかも知れません。
雪の無い富士山もまた違う魅力はありますが、物足りない感は否めません。
次に冠雪し雪が定着するのは11月頃でしょうか。

それまでに「剣が峰と月を重ねて大きく撮る」ための練習を、頑張らねば!!



へんぽらいの祭り談義 : 月夜待ち

富士山の日満月の徘徊

富士山の日の2月23日は予報では1日中曇り。
朝から富士山は笠雲をかぶっていましたが、夜には満月も富士山も顔を出してくれました。

PNTX4934

富士山が出ていると確認したのはこの時、浅間大社境内での定例囃子練習の際、雪化粧の富士山が顔を覗かせた時です。カメラを準備する際にちょうど富士山の方角に流れ星が見えたのは、吉兆だったのかも。

練習を終え、満月月夜の徘徊に勇んで出発しました。


PNTX4961

最初に訪れたのは羽鮒山展望台です。
ここからの眺めは富士宮市街を下に見て、町の向こうに富士山がたたずみます。
深夜月明かりに照らされた富士山の姿に、町を見守る大いなる慈母を感じます。
懐中電灯を忘れ、スマホで足下を照らし展望台まで登りました。
電気の通わぬ山中ですから照明は持参せねば。これはかなり痛い。

一旦忘れ物を取りに家に立ち寄り、次に北部を目指しました。

NKN_3959-640

田貫湖北岸です。
大沢崩れがほぼ正面で、ダブルダイヤモンド富士の時にはマニアが押しかけます。



NKN_3960-640

湖面が静かなので水面に富士山が写りました。



PNTX4966-640

そして上井出の富士桜自然墓地公園の丘からです。
この時には富士山に向かって雲が触手を伸ばすようでした。



PNTX4969-640

月明かりは雲に遮られ、ムラになっています。
先に白糸に回れば良かったな。



PNTX4971-640

白糸の滝に着いた時には頭上は雲に覆われ、滝には光が射し込みません。
間もなく全天雲に覆われましたので、これにて終了し帰宅しました。

予報に反し月も富士山も見えたことは、富士山の日の最高の贈り物でしょう。
楼門の所から見た富士山方向の流れ星も、徴だったのかも知れません。
富士山の日に感謝です。


へんぽらいの祭り談義 : 富士山の日

満月に富士を見に行く

夜空が晴れ、満月の月明かりが明るかったので、富士山を見に出歩きました。
風が強く寒さが身にしみましたが、雲は吹き払われ富士山ははっきりと見えました。

NKN_3868-1200

白糸より
眺めの良い所を発見したので、明るい内に改めて見に来ようと思います。

NKN_3872-1200

白糸の滝には月虹を期待して出かけたのですが、水量が少ないのか飛沫が少なく今回は見られませんでした。


NKN_3884-2-1200

展望場より白糸の滝と富士山を眺めました。


NKN_3889-1200

田貫湖から富士山を見る。


NKN_3901-1200

田貫湖からは大沢崩れが正面に見えます。


NKN_3909-1200

富士桜自然墓地公園の調整池にかかる橋と富士山。


NKN_3910-1200

富士桜自然墓地公園からは大沢崩れが間近に見られます。



へんぽらいの祭り談義 : 月の夜富士山を見る

賀正

年賀状1200

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

いよいよ大詰め

後回しになっていた年賀状を、本日やっと投函しました。
昨年暮れに義父が他界し、クリスマスイブが葬儀でした。終えてから慌ただしく喪中欠礼の葉書を送りましたが、押し詰まったこの時期では年賀状もすでに投函されているのが大半で、届く数がちょっと減ったぐらいでした。

近年、アプリの宛名印刷おかげで年賀状の作成はかなり楽にはなりましたが、1年も経つと手順や操作をすっかり忘れ、終わる頃にやっと調子が出てくると言った具合。
写真画質プリンターで出力した葉書を温風で乾燥させると葉書が反るので、別プリンターの宛名印刷でヘッドがあたり用紙の角が少し汚れました。宛名を先に印刷し、写真を後でプリントすればこの汚れはつかなかったもの。
来年は注意しなければ。


habuna1200

写真は十六夜の羽鮒山展望台から見た年末の富士宮市街と富士山です。

月が高く昇る頃画面左下に最終電車が走ります。周辺に人家の明かりが疎らなこともあって、車窓の明かりが長い線となりアクセントになっています。

ただでさえ少ないローカル線の電車。
その最終電車が走ってゆく姿に、いよいよ押し詰まった歳末を感じました。


十六夜月明かりの富士山

クリスマスイブと翌日の満月には富士山の姿が見えず家にこもりましたが、26日にはようやく晴れました。月の明るい盛りを逃すまいと、欲深く月明かりの富士山を求め夜間徘徊しました。


NKN_3619-1200

2015.12.26 21:30 第二東名と月明かりの富士山
第二東名トンネルの上になります。


NKN_3628-1200

2015.12.26 22:06 白尾山公園グラウンド脇あずま屋より
頂上の展望台からは富士山が見えても市街が見えにくく、グラウンド脇のこの場所の方が市街と富士山を同時に見られます。


NKN_3633-1200

2015.12.26 22:15 白尾山公園グラウンドより


NKN_3638-1200

2015.12.26 22:50 羽鮒山展望台より
富士宮市街の南西にある高台です。市街の街明かりの向こうに富士山が望めます。


NKN_3651-1200

2015.12.27 00:07 富士登山道西臼塚駐車場より
富士登山道中腹の駐車場です。


NKN_3655-1200

2015.12.27 00:31 富士山水ヶ塚公園より
宝永火口が間近に望めます。風が雪を吹き飛ばし、冬場の雪化粧は意外と剥がれやすいもの。
尾根筋は地肌が見えています。


NKN_3666-1200

2015.12.27 01:24 富士桜自然墓地公園より


NKN_3667-1200

2015.12.27 01:26 富士桜自然墓地公園より
富士山の左側にある大きな崩落が大沢崩れです。


PNTX3961-1200

2015.12.27 02:03 白糸の滝展望場より
滝壺の上にうっすらと月虹が見えます。
先月来た時には終盤の紅葉も見られましたが、彩りの賑わいは減りました。
とは言え、水面近くの緑は湧水の水温に守られ、いつも鮮やかです。

白糸の滝ご案内

国指定名勝及び天然記念物白糸の滝をご紹介します。

瀧の虹

溶岩層の下を流れ下った富士山の伏流水が断崖より流れ落ちる絶景です。
2013.12.21 白糸の滝の整備が完了し、それまで行けなかった滝壺近くまで行けるようになりました。


DSCF1727

2013.12.21 白糸の滝売店側から滝に下りる遊歩道から撮影。


IMGP7274

2013.12.21 旧展望場から
整備が完了して滝壺近くまで入れるようになった時です。
展望場はまだ古いままで崩落の危険から以前の柵までは立ち入りが出来ず、手前に設置された柵越しに撮影したものです。踏み台の上からカメラを頭上に差し上げてやっと撮れました。



◎新たな展望場から

平成27年に、白糸の滝右岸にあって崩落の恐れのある旧展望場が作り直されました。
この展望場の工事のため、しばらく滝と富士山の2ショットは見られませんでした。
工期が延び延びとなり待ちくたびれましたが、やっと5月下旬に完成しました。

PNTX7117-1200

2015.5.29 オープンして間もない頃です。展望場から見ると、雲が多く富士山があまりよく見えません。


PNTX7274

2015.6.4 月明かりの滝を展望場から。富士山は見えていますがまだ月が低く、滝に光が射していません。


PNTX3096

2015.11.16 滝上に富士山が見えます。
景色の良い所なので人気も高く混雑気味ですが、混んでいる時に長時間占有するのはやめましょうね。


PNTX3429-3

2015.12.26 一見昼間のようにも見えますが、満月の月明かりで見た夜景です。
夜景とは言え、滝の姿に加え化粧直ししたばかりの富士山と月虹(月明かりの虹)まで見えています。


PNTX3425

展望場より覗いた滝壺です。滝の飛沫に射す月光で虹が写りましたが、肉眼では白っぽい光の弧に見えていました。

遊歩道の整備も整い、新たな展望所も出来ました。
滝と富士山を見る絶景スポット、白糸の滝にどうぞお越し下さい。


へんぽらいの祭り談義 : =月虹(げっこう)= 月夜の滝にかかる虹

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ