へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

望遠

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

富士山頂から我が家が撮れた!!

昨年の投稿で富士山頂から我が家は見える?と言うのがありました。


こんなにはっきりと見えるなら、天気が良い日に富士山頂から望遠レンズで撮影すれば我が家が写せるのでは無いかというもの。



そして、富士山頂の鳥居が見えたでは、浅間大社祈祷殿前から撮った写真に山頂の鳥居が写った事を書きました。

これです。
この鳥居なら家より多少小さいくらい。テレコンバーターで望遠レンズをさらに拡大すれば、我が家が写りそうです。



そして今年9月4日に富士山頂馬の背から撮影したものがこれ。
デジタル一眼カメラに70〜300丱此璽爛譽鵐此△海譴2xのテレコンバータを使用しました。

PNTX9781-1-800

我が家のあたりが画面中心になるように撮影したものです。
青白く霞んでいた物をアプリで軽減させ色を整えました。
ところが写っているはずなのに今ひとつ明瞭でないもどかしさがあります。
高所から見たイメージが、うまく湧きません。



屋根より

そこで思い出したのがこの写真です。
天気の良い日に屋根から写したもので、近所の建物も写っています。
富士山に向けてたどってみると、歯科医院の屋根越しに富士山が見られます。



我が家

そうか、これだったんだ。
図書館と歯科医院の位置から、ようやく我が家が割り出せました。
赤丸で囲んだのが我が家の二階部分です。



PNTX2291-800

そしてこれが、赤い点で示した場所から撮った写真です。
富士山が意外と間近に見えるでしょう。
晴れた日には山肌の色まで見えて、撮影の意外な穴場です。



今年の富士登山は体調不良などで、思ったほどの成果は上げられませんでした。
でも、こうして富士山頂から我が家も写す事が出来たので、良しとしましょう。


富士山頂の鳥居が見えた

雨上がりの夕空に富士山が顔を見せました。


PNTX9445-800

浅間大社境内の祈祷殿前から山頂を仰ぎます。



PNTX9445-2

山頂稜線もお鉢巡りなどで何度も歩きましたので、拡大して見ると見慣れた物が見つかりました。
富士宮口登山道頂上の鳥居と、駒ヶ岳、三島ヶ岳の鳥居です。



PNTX8786-800

岩淵鳥居講が申年の今年奉納し建て替えられた鳥居で、その向こうに見えるのは駒ヶ岳の鳥居です。



IMGP7473-800

そしてもう一つ、三島ヶ岳の鳥居です。
拡大写真では点にしか見えませんが、富士宮口頂上剣が峰よりの三島ヶ岳にあります。


300弌35ミリで450仭蠹)だと駒ヶ岳と三島ヶ岳の鳥居は白い点にしか見えませんが、1-1.5メートルほどのものですから無理もありません。
鳥居の形に見えるのには、どのぐらいの望遠が必要なのでしょう。400个任呂泙世泙世任靴腓Δ。

剣が峰の旧測候所はよく見えますが、山室も灯りは見えるのですから探せばきっと見えるでしょう。
ともあれ、鳥居が見えたのは新たな発見でしたので、見えそうなものを探してみることにします。



富士山頂から我が家は見える? : へんぽらいの祭り談義

夜景と三脚

ほぼ日課になった白尾山行きも、日によって歩く条件が違います。
手ぶらなら1時間かからずに往復出来ますが、6圓離螢絅奪を背負うと1時間10分ほど。
一眼レフカメラを首に掛け三脚を担ぐとどれだけ時間が余分にかかるかと、中型三脚と一眼レフ、そして望遠ズームレンズを増やして試してみました。+6圓12圓硫拱です。山頂展望台で数カットを撮影した時間を加えても往復で1時間25分でした。



IMGP7290-800

53弌35ミリカメラ79仭蠹)で撮影。
白尾山公園展望台より画面中央の左上がりの光のラインが国道139です。



IMGP7293-800

300弌35ミリカメラ450仭蠹)で撮影。
白尾山公園展望台より弓沢線と国道139交差点周辺。
志ほ川の近くです。



IMGP7294-800

300弌35ミリカメラ450仭蠹)で撮影。
白尾山公園展望台より登山道と国道139交差点周辺。
マルハン、花の湯周辺です。



往復にかかった時間は7月5日の夜景撮影の時が1時間20分と5分しか違いませんが、三脚の重さはかなり違います。この距離と時間なのであまり影響は出ませんでしたが、中型三脚を担いでの登り下りはかなりきついものになりそうです。

夜景撮影には三脚が必要です。小型で済ませれば負担は軽くなるけれど、さて悩むところです。


雨上がりの夜景 白尾山より : へんぽらいの祭り談義

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ