へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

紅富士の眼差し

IMGP7770-800

今日は気温も上がり風も強く、この時期にしてはクリアーな富士山が見られました。
久しぶりに羽鮒山展望台からの眺めです。



IMGP7778-800

展望台には今八重桜が咲いています。



PNTX3966-800

夕日で町が染まりました。



PNTX3971-800

町はやがて影に飲みこまれます。



PNTX4009-2-800

昨日見られた富士山の眼差しは、今日も見られました。



PNTX4009-800

まさに空に抜けようとする赤富士の紅潮です。
雪化粧が赤く染まるのが”紅富士”で、山肌が赤く染まるのは赤富士と呼ばれるのだとか。
昨日からの気温上昇で、雪化粧が溶け地肌が露わになっております。

紅富士が見られるのも、あと少しでしょうか。








富士山の眼差し : へんぽらいの祭り談義

頑張れ!!オオシマザクラ

PNTX2375-800

毎年ますつり大会を見に行くと、浅間大社鏡池の畔にオオシマザクラが咲いているのに気付きます。



PNTX2374-800

浅間大社境内で、寒桜に次いで咲くのがこの桜。



PNTX2395-800

色白で華やかさは控えめですが、清楚な姿に惹かれます。



IMGP2873

参考までに、昨年3月13日のオオシマザクラです。
白く咲いた花も、日が経つにつれ芯の方から赤みが差して来ます。
華やかな桜の季節の到来を知らせているようですね。



PNTX2394-800

正面参道に枝を伸ばしていますので、花の向こうに楼門が見られます。

以前は参道鏡池の橋より南に両側に1本ずつ咲いていた物ですが、西のオオシマザクラが数年前に枯れました。今は東に1本だけ。それも半分は枯れた状態で、花を付けた枝は2本ほどです。
このまま枯れてしまったら、寒桜から枝垂れ桜までの間に桜の空白期間が生じます。
それでは寂しい。
何とか頑張って欲しいものです。







富士宮に春が来た! : へんぽらいの祭り談義

花と富士山2016春 写真展その2

春の空はどうしても霞みがちですが、桜が終わる頃になってようやく青空も見えるようになりました。桜からツツジへと花もバトンタッチです。


IMGP5826

4月9日 白糸からの桜と富士山
富士宮市白糸



IMGP5930

4月9日 田貫湖北岸より水門の桜と富士山
富士宮市田貫湖より



IMGP5949

4月9日 日本五大桜の一つ「狩宿の下馬桜」と富士山
富士宮市狩宿より


IMGP5961

4月9日 菜の花と富士山
富士宮市狩宿より



IMGP5993

4月15日 ツツジと富士山
浅間大社ふれあい広場入口



PNTX0825

4月15日 桜並木と富士山
富士宮市上井出富士桜自然墓地公園より



PNTX0834-h

4月15日 墓地公園と富士山
富士宮市上井出富士桜自然墓地公園より



PNTX0845-h

4月15日 桜並木と富士山
富士宮市上井出富士桜自然墓地公園より



PNTX0856-h

4月15日 静岡県指定天然記念物「猪之頭のミツバツツジ」と富士山
富士宮市猪之頭より



PNTX0859-h

4月15日 静岡県指定天然記念物「猪之頭のミツバツツジ」と富士山
富士宮市猪之頭より



PNTX0864-h

4月15日 静岡県指定天然記念物「猪之頭のミツバツツジ」と富士山
富士宮市猪之頭より



PNTX0877-h

4月15日 上井出若獅子神社東のミツバツツジと富士山
富士宮市上井出より



PNTX0882-h

4月15日 上井出若獅子神社東のミツバツツジと富士山
富士宮市上井出より



PNTX0905-h

名残の桜がわずかに見られますが、もう終わりましたね。
4月15日 浅間大社ふれあい広場の桜と富士山
浅間大社ふれあい広場入口より



へんぽらいの祭り談義 : 花と富士山2016春 写真展その1

花と富士山2016春 写真展その1

日陰が似合う花もあるでしょうが、花の盛りには燦々たる陽射しと青空が欲しいものです。


PNTX5208

3月3日 紅富士と寒桜 
浅間大社駐車場より



IMGP4916

3月15日 オオシマザクラと化粧直しの富士山
浅間大社鏡池より



IMGP5025

3月17日 ハクモクレンと富士山
浅間大社祈祷殿前より



PTX50467

3月27日 牧場の桜と富士山
富士宮市北山白糸牧場より



IMGP5395

3月30日 オープンしたふれあい広場の紅枝垂れ桜と富士山
浅間大社神田川ふれあい広場より



IMGP5723-2

4月6日 桜と本殿越しの富士山
浅間大社祈祷殿前より



PNTX0533

4月6日 潤井川桜並木と富士山
富士宮市穂波町うるおい橋周辺



PNTX0543

4月6日 水窪貯水池桜と富士山
富士宮市青木水窪貯水池より



PNTX0548

4月6日 下の坊の桜と富士山
富士宮市下条下の坊より



PNTX0554

4月6日 下の坊の水仙と富士山
富士宮市下条下の坊より



IMGP5743

4月6日 大石寺常灯が峯の桜と富士山
富士宮市馬見塚常灯が峯より



PNTX0595

4月6日 浅間大社湧玉池の桜と富士山
浅間大社湧玉池より



PNTX0618+h

4月8日 浅間大社ふれあい広場桜並木と富士山
浅間大社ふれあい広場より



PNTX0661

4月8日 浅間大社祈祷殿の桜と本殿越しの富士山
浅間大社祈祷殿より






へんぽらいの祭り談義 : 桜と富士山が揃った日 4月6日

28年浅間大社の桜

寒桜から始まって、オオシマザクラに枝垂れ桜、ソメイヨシノとヤマザクラが咲きました。
そして一番遅咲きの桜が、今盛りを過ぎようとしています。

寒桜の咲き始めは節分祭の少し前でしょうか。
PNTX4477

節分祭の2月3日にはこれだけ咲いていました。


寒桜の盛りは3月初め頃だったでしょうか。
IMGP4678

3月1日の様子はこんなに見事なものでした。



二番目に咲き始めるのがオオシマザクラです。
PNTX5242

気がついたのが3月5日でしたが、咲き始めたのはその2-3日前からでしょうか。
寒桜は例年より早かったけれど、オオシマザクラは平年並みでした。



その次が枝垂れ桜となります。
PTX50365

浅間大社拝殿東の「信玄桜」と呼ばれる枝垂れ桜の開花を確認したのは3月19日でした。



社務所南の紅枝垂れ桜
PTX50422

3月23日に咲き始めているのに気付きました。


ソメイヨシノの今年最初の花も3月23日です。
PTX50417

浅間大社内でも開花の早いのが拝殿西のソメイヨシノで、この木だけでも5-6輪が咲いていました。
この木が浅間大社の標準木と聞きましたから、通常なら開花宣言でしょうね。



信玄桜の最盛期は3月29日頃だったでしょうか。
PTX50499

前年が美事な花の量でしたので、今年の少なさはとても寂しいものでした。



ソメイヨシノは開き始めてから、低温続きで開花が足踏み状態でした。
それでも4月2日には8分咲きぐらいで、桜花祭の舞台に何とか間に合いました。
満開すぎかも知れませんが、ようやく陽が射した4月6日は青空に桜が映えた日です。
PNTX0508

馬場の桜が頭上を覆っていました。



4月7日の雨で散ってしまったかと思われましたが、8日もまだ賑やかな所を見せてくれました。
PNTX0625

神田川沿いの桜並木が陽射しに映え、背景の富士山を引き立てます。
桜の盛りに富士山が見えるとは限らず、なかなか雨上がりのクリアーな空とは行きません。
でも陽射しと富士山が揃えば喜びは何倍にも膨れあがります。



4月15日はもうソメイヨシノは花びらさえ見えなくなっていましたが、一番遅咲きのヤマザクラ系のこの桜が盛りを迎えていました。
PNTX0909




桜を待つ日の楽しさと終わってしまう寂しさ、いろいろ味わえるのがこの季節の良い所です。


へんぽらいの祭り談義 : 今年の桜

桜と富士山が揃った日 4月6日

4月6日にしばらく姿を見せなかった富士山と陽射しがようやく揃い、満開の桜を祝福しました。
雲が出る前にと、急ぎ桜の名所を見て回りました。



浅間大社祈祷殿前より
IMGP5723-2

早朝霞んでいた富士山ですが、昼頃には雲に隠れることが多いので急ぎ浅間大社に駆けつけました。
境内を一巡した頃には霞が薄れてきましたので、祈祷殿前から本殿の屋根と富士山を撮影。
この桜がもう少し見えれば良いのですが、欲はかきますまい。



富士宮市穂波町の潤井川桜並木
PNTX0528-Pano-2400

川岸の桜並木は延々と続き、壮観です。



富士宮市青木の水窪貯水池からの桜と富士山
PNTX0543

池の周囲に車を駐めて休んでいる人をよく見かける長閑な所です。
桜の頃が最高の季節でしょうか。



富士宮市下条の下の坊の桜と富士山
PNTX0548

藤の花で有名なお寺で、富士五山の一つ。
藤の季節にも再訪したい所です。



富士宮市馬見塚の大石寺常灯が峯からの桜と富士山
PNTX0564

日蓮正宗総本山大石寺の総門前にある常灯が峯には、数え切れない数の桜が植えられています。




へんぽらいの祭り談義 : 桜花祭 桜が最高でした

花盛りの境内遠望

夜来の雨が昼前に上がったものの、陽射しまではなかなか見えません。
そろそろ満開なのでしょうが、確かめに出るには留守番が居りません。

西門通りのわが家からは、顔を向けさえすれば西鳥居から東鳥居まで見通せてしまいます。
東鳥居から西鳥居までは流鏑馬祭の走路となるので馬場と呼ばれますが、両側に桜が植えられていることから「桜の馬場」と呼ぶのが正式な呼び名のようです。

家の前から望遠レンズで境内を覗きました。


PNTX0327

西鳥居の向こうには咲き揃った桜が見えます。



PNTX0325

望遠+テレコンバーターの望遠側いっぱい(600仭蠹)で鳥居と馬場の桜です。



PNTX0329

望遠+テレコンバーターの望遠側いっぱい(600仭蠹)で鳥居の間から見た馬場の桜です。
鳥居の間が狭く見えるのは、望遠レンズによる引き寄せ効果です。


陽射しと青空富士山の姿は今日は望めそうにありませんが、雨さえ降らなければ賑やかになった夜桜を見に出かけます。

花の盛りで、見物客も多くなったのでしょうね。



へんぽらいの祭り談義 : 桜花祭 桜が最高でした

桜花祭 桜が最高でした

桜が盛りだというのに、雨音が激しい。
とかく思い通りには運ばないものですが、待ちに待った桜だけに皮肉なものです。
しっかり降ってからっと上がるなら雨上がりの青空も期待出来るのでしょうが、予報では雲マークばかりが続きます。

今思うと、土曜日に行われた浅間大社桜花祭が、今期一番の好機だったのかも知れません。

PNTX0204

夕刻5時から始まった桜花祭です。




PNTX0216

桜花祭観客の頭上を覆う老樹に、桜が咲き誇ります。

例年なら4月第一土曜日に行われる桜花祭ですが、この頃になると桜はもう盛りを過ぎ散り始めていて、ちらほらと舞う花びらもまた風情として楽しめたものです。
桜花祭の舞台は花の終わりの寂しさも感じる夕べでもありました。

今年は富士山と桜のビューポイントである神田川ふれあい広場の工事が大幅に遅れ、桜の盛りに楽しめないのではと心配されました。3月30日にようやく広場への立ち入り規制が解除され、それからです。1日ごとに花数が倍々となりました。



PNTX0214

桜花祭のこの日に合わせたように、桜は花数を増しました。



IMGP5487

桜の下で吟じます。



IMGP5501-2

神楽「人長」



IMGP5502-2

神楽「豊栄舞」拝殿で桜の冠をかぶり、桜の枝を持ち待機する舞姫です。



PNTX0230-2

舞姫が待期する拝殿と舞台です。



PNTX0235

神楽「豊栄舞」



PNTX0259

神楽「納曽利」



PNTX0281

能楽


PNTX0293

能楽


PNTX0294

夜は更けゆくのでありました。





へんぽらいの祭り談義 : しばし桜に足止めを

曇天よりライトアップ

ようやく桜が見頃となりました。
桜に一番似合うのは青空と陽射しですが、予報では雲マークばかり。
曇り空は桜を引き立ててはくれません。
でもライトアップされた桜なら、背景の宵闇が花の色を引き立てます。


PNTX0107

浅間大社境内ふれあい広場の紅枝垂れ桜です。


PNTX0158

ライトアップされた夜の紅枝垂れ桜です。
宵闇が花の色を引き立てます。



PNTX0116

ふれあい広場西側のソメイヨシノです。
日に日に花数を増やしていますが、曇り空で逆光ではせっかくの花盛りが引き立ちません。



PNTX0160

同じ広場西のソメイヨシノです。
条件が変わればこんなに花が浮き立ちます。



PNTX0194

ヤマザクラ越しに楼門を見る。
背景が曇り空なら溶け込みそうな白い花ですが、夜空ならきれいに浮き立ちます。


花数は日ごとに倍増していますので、今日明日の桜花祭には見事な眺めになるでしょうね。
PNTX5513

写真は昨年の桜花祭での雅楽奉納です。
今夜行われるこの花の宴が楽しみです。







へんぽらいの祭り談義 : 桜咲く前にやっと解放

桜咲く前にやっと解放

IMGP5388

ふれあい広場からあずまや越しに富士山を見る。


IMGP5394

築山越しに紅枝垂れ桜と富士山を見る。
芝生養生中のためバリケードが置かれ、築山と紅枝垂れ桜には行けません。



IMGP5440

ライトアップも始まりましたので、夜桜を見に行きました。
バリケード越しに紅枝垂れ桜を見たら、池の水面に映っています。



IMGP5442

遠望すると馬場の枝垂れ桜にも照明が当てられ、きれいでした。



IMGP5452

ふれあい広場西側にもソメイヨシノが植えられています。
まだ枝先にちらほらですが、咲き揃ったらきれいでしょうね。



IMGP5042

週末には桜花祭が行われ、境内は賑わいます。
しばらくは好天は期待出来ないようで、明日4月2日㈯も予報では曇り。
でも拝殿前の舞台では雅楽や能の奉納が行われますので、雨だけはご勘弁願いたいもの。




sakura

2008.4.1撮影
ふれあい広場は桜と富士山のビューポイントでもあり、やっぱり雨上がりの青空が何より似合います。桜の盛りにこんな青空を見られたら、最高なのですが。



へんぽらいの祭り談義 : しばし桜に足止めを

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ