へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

流鏑馬

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

視点 平成28年浅間大社流鏑馬祭より

5月4日 流鏑馬祭初日
PTX50547

流鏑馬の始まりは川原祓い。富士市の水神社まで出かけます。
神域の森は人の手が入らず、老樹同士が枝を広げて空を奪い合っていました。



PTX50548

川原祓いは富士川の川原で行います。
早朝まで降っていた大雨の影響で濁流が轟音を立て、堰堤を乗り越えていました。



PTX50593

前日祭に参列
この後、古式流鏑馬の辞令が交付されました。



PTX50637

末社巡拝は拝殿が狭く、祝詞を上げる宮司ともこんな距離。



IMGP6171

夜、習礼(しゅらい)が参集所で行われました。
本番前の総練習といったところ。広間を馬場に見立て、小笠原流流鏑馬の流れを憶えます。



5月5日 流鏑馬祭中日
PNTX1525

拝殿に参進する。
これより流鏑馬祭。



古式流鏑馬
PNTX1598

流鏑馬保存会員が毎年交代で務める「行い」です。
練習の甲斐あって、無事に終えることが出来ました。



IMGP6247

「本乗り」
見事的中!!
例年的を射てから走り出す形で行ってきましたが、本来の馬を走らせながら的を射る事に挑戦しました。



IMGP6266-2

会心の笑み、馬に伝染る。
人馬一体で意思が通じているのかな。



練行
PNTX1682

練行と富士山
長い行列と富士山を同時に撮れる場所は限られます。




PNTX1739

練行より浅間大社帰着。
馬の背中で。






小笠原流流鏑馬
PNTX1781

三の射手による流鏑馬。
小笠原流流鏑馬斉藤道場の若き道場主。
かつて浅間大社に奉職していました。



PNTX1791-2

母衣引き
馬が猛スピードでダッシュしたので、ブレーキがかかった時に童子の体が浮きました。




PNTX1828-2

おい、邪魔だ!!
馬にガン見されました。
15騎による流鏑馬と騎射が終わり退場する際です。




5月6日は後日祭に参列。
PTX50670

この日は玉串奉奠を不肖私が務めました。
撮影=佐野和紀君


直来を終えて帰る頃、雨が降り出しました。
それにしても、4日と5日の主要行事は好天に恵まれ事故も無く、実に良い流鏑馬祭でした。



へんぽらいの祭り談義 : 浅間大社流鏑馬祭 5月5日

浅間大社流鏑馬祭 5月5日

浅間大社流鏑馬祭は5月4日前日祭、5月5日本祭、5月6日後日祭の3日間行われ、祭典中浅間大社境内にはびっしりと露店が立ち並びます。

5月5日には本祭が行われ、続いて古式流鏑馬、市内練行、神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。

午前9時から拝殿で流鏑馬祭が行われます。
PNTX6344

拝殿での流鏑馬祭で古式流鏑馬射手が弓矢を授かります。


拝殿の神事に続いて、馬場で古式流鏑馬が行われます。




そして正午から流鏑馬祭練行が市街を練り歩きます。
IMGP2130




練行の帰着を馬の背中で。

2013年5月5日撮影



午後3時頃より神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。
PNTX6382

馬場に入場する一行。



神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の動画です。

正射手3騎に平騎射が続き、〆に又正射手3騎が走ります。



PNTX6394

神事流鏑馬を終え、退場する一行。
先導するのは流鏑馬保存会員です。



DSCF3093-2

一昨年行われた雨の中での神事流鏑馬で、放たれた矢が的を割った所です。
この年の練行は雨で中止でしたが、流鏑馬は実施されました。


御高覧頂けましたら幸いです。


流鏑馬練習最終日

雨で始まった流鏑馬練習も前日の総練習はあるものの、事実上本日で完了となりました。

PNTX1443




PNTX1444




PNTX1447

あけびは葉も茂り、遅れて咲いた花はあるものの事実上それも終わり。



PNTX1450

クローバーも葉が大きくなり、五つ葉を見つけることが出来ました。



PNTX1469

心地よく晴れた空に、富士山がくっきり。
雪解けも今年は順調のようです。



PNTX1451

乗馬練習



PNTX1461

「行い」の練習










へんぽらいの祭り談義 : 流鏑馬保存会始動

花日記 2016.3.21

5月5日に行われる流鏑馬祭に備え、古式流鏑馬の乗馬練習は白糸牧場で行います。
市街より富士山寄りなので標高が500mと浅間大社の120mより380メートル高く、気温も多少低い所ですが、ここにも春は訪れていました。



PTX50391

アケビの蕾です。牧場外周の木に巻き付いており、盛期には沢山の花が見られます。



IMGP9317

一昨年の4月27日の写真です。
見事に咲き誇っておりました。

一月も早いのに、あの蕾はちゃんと咲くのでしょうか。



PTX50378

ヒメオドリコソウと言うのだそうで、道ばたに見られます。



PTX50379

淡いピンクが可憐です。




PTX50385

浅間大社のソメイヨシノはまだ咲きませんが、牧場の桜は早咲き種のようでつぼみが膨らみ、陽が射せばすぐにでも開きそうでした。




PTX50387

梅はそろそろ終盤でしたが、まだ花は見られます。




PTX50388

雨のしずくがまとい付く花の中に、ユスリカでしょうか蚊が雨宿りしているようでした。


来週の練習には桜も咲いて賑やかになっているでしょうね。



へんぽらいの祭り談義 : 流鏑馬保存会始動

へんぽらいの祭り談義 : 花日記 3月16日

昔の写真

5月24日に浅間大社の昔の写真を展示することになり、古いアルバムを複写していた所、うちで奉納した写真が見つかりました。

NKN_2168-1200

まだ浅間大社青年会の若手だった頃、暗室で見つけた昔のガラス乾板を複写して引き伸ばしたものです。正確な撮影年が判りませんが、その時に奉納した他の写真が父親が若い頃撮ったものということでしたから、おそらく青年時代の事なのでしょう。



この橋右手奥にこんもりと茂るのが、流鏑馬祭川原祓いで訪れる水神社の森。
IMGP9462

流鏑馬祭初日の5月4日、流鏑馬祭参加者は水神社に出向き祭りの無事を祈って富士川川原にて祓いを行います。



NKN_2287+1200

同級生が水神社の役員をやっていると言うことで、写真を希望されました。
アルバムの複写では変褪色して画質はかなり悪くなります。そこで元になったガラス乾板を探し、トレース用のLEDパネルの透過光で高解像デジタルカメラで撮影したところ、かなりきれいに複写出来ました。

この橋自体は大正13年に架けられたとのこと。まだきれいなものです。

アルバムには昭和5年と書いてありますが、対象10年生まれの父親はその頃まだ9歳ぐらいでしたからおそらく誤りで、もっと後のことだったのでしょう。
父親が撮ったのが二十歳前後だったなら、昭和15-6年頃だったかもしれませんね。



地域情報 ブログランキングへ


写真日記 ブログランキングへ

偶然?それにしても不思議

流鏑馬祭のポスターに使う写真をとの依頼で、メイン(神事流鏑馬)以外の写真データを頼まれました。古式流鏑馬の「行い」と、市内練行の写真です。たぶん大きな画面に神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)を配置し、脇か隙間に使うのでしょう。

昨年は練行が中止だったので以前のデータから行列の写っているものを探し、「行い」もここ何年かの写真を探していたところ店の前に介護施設の送迎車が停まり、ご老人が店を訪れました。
何の写真撮影かと思ったところ、「流鏑馬の写真があるか」とのこと。
販売している「土俵入り写真」の間違いではないかと思い、聞き返しても「流鏑馬」だと言います。
プリントした物はなかったのでパソコンの画面で見てもらうと、神事流鏑馬の写真を2枚欲しいとのこと。ありがたくご注文を承りました。

店頭に土俵入りの写真や富士山の写真は飾ってあるものの、流鏑馬の写真は飾った憶えもありません。ましてや販売しているなどと言う案内は店内には無く、ろくに人の来ないwebサイトでしか告知していませんので、とても不思議に思い帰り際に聞いてみました。
ヘルパーさんに耳元で大きな声で伝えていただいたのですが、来店の動機はというとさっぱり判りません。たまたま店先を通りかかった際に、「流鏑馬の写真」を思いついたと言うことのようでした。

流鏑馬祭の写真データを探している私の思念が、たまたま通りかかったご老人の頭に飛び込んだ。
そんな感じがしています。
不思議なこともあるものですね。


DSCF9313

今回お買い上げいただいた流鏑馬の写真です。


流鏑馬祭準備が始まった

毎年5月5日に行われる浅間大社流鏑馬祭。それに奉仕する流鏑馬保存会の会合が昨夜行われ、準備予定が決まりました。

yabusame

浅間大社流鏑馬保存会の面々です。

DSCN6506

昨年の白糸牧場での練習風景です。
始まりは馬に親しむ会ということで、馬のブラッシングです。
乗馬やバーベキューをしながら親交を深めます。

DSCN7044

4月13日には白糸の滝で弓道会と合同で「草鹿の巻」を行います。

11

昨年の白糸牧場での「行い」の練習です。

56

昨年の長泉まで出かけての「本乗り」練習です。

そして5月5日の本番を迎えます。
DSCN7387

古式流鏑馬の「行い」です。昨年は私が務めました。



家内に撮ってもらった動画です。
写真で見ると気づきませんが、馬が落ち着かないのがよくわかります。

DSCF9166

そして古式流鏑馬の「本乗り」です。


DSCF9186

昨年の保存会記念写真です。

DSCF9242

正午より市内練行が行われ、保存会員は乗馬してこれに参加します。

DSCF9313

練行より帰着後、神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。
流鏑馬保存会は馬場に分散して警備を行います。

今年も無事に流鏑馬を迎えられますように。


お祭り ブログランキングへ

浅間大社流鏑馬祭前日祭奉仕

浅間大社流鏑馬祭と言えば、5月5日に行われる古式流鏑馬と神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が広く知られていますが、前日と翌日も祭事が行われています。

 

5月4日に行われる前日祭をご紹介します。

 

DSCN7223

流鏑馬保存会の詰め所前で奉仕予定の確認。

 

DSCN7227

富士市旧国一富士川橋東の水神社に移動し、これより川原祓いを行う。

 

 

DSCN7233

富士川川原で川原祓い

 

 

DSCN7235

水神社に移り神事を行う

 

 

DSCN7248

浅間大社に戻り前日祭を行う

 

 

DSCN7253

古式流鏑馬射手に委嘱状が授与される

 

この後末社巡拝で小泉の若宮八幡、淀師の金の宮、福地の冨地神社の三社を巡る。

 

DSCN7269

浅間大社では午後小笠原流流鏑馬斉藤一門による馬ならし

 

次いで古式流鏑馬の「行い」の練習が行われ、

 

DSCN7310

最後に古式流鏑馬射手による練習が行われました。

 

夜7時からは参集所に於いて、翌日の神事流鏑馬奉仕者による練習の習礼がおこなわれました。

 

 

 

平成25年浅間大社流鏑馬祭神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)

平成25年浅間大社流鏑馬祭の神事流鏑馬の記録です。
DSCF9300
馬場入り
DSCF9303
神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の射手たち
DSCF9305
馬場元より馬場末に向かう一行
DSCF9310
「流鏑馬始めませ」の指示を受け配置につく諸役
DSCF9313
一の射手の流鏑馬

DSCF9316
二の射手の流鏑馬
DSCF9318
三の射手の流鏑馬
DSCF9326
以後的中だけご紹介します。
DSCF9330
DSCF9334
DSCF9335
DSCF9342
流鏑馬の動画はほとんど撮影できましたが、平騎射最後の一騎だけビデオが間に合わず撮れませんでした。

浅間大社流鏑馬祭報告-2 流鏑馬練行

5月5日の流鏑馬祭は古式流鏑馬に続いて正午より市内練行が始まります。
DSCN7392
西門通りに整列し、出発の時を待ちます。
DSCN7398
花火の合図で出発し、一路西へ進みます。
DSCN7425
西富士宮駅前から今度は東に進む。
DSCN7434
宮町商店街を行く
DSCF9198
浅間大社前を進む練行一行
DSCN7445
進む一行の前に「馬刺し」の幟が。 お馬さんも字が読めないから良いような物の・・・。
DSCN7447
休憩所までもう少し。
DSCN7457
農協駐車場と市役所駐車場で休憩。
DSCN7460
休憩を終え出発準備
DSCN7461
練行後半は馬に乗せていただいた。
DSCN7462
電線と道路の線が美事な遠近感を
DSCN7465
本町通を行く。 浅間大社目前の御手洗橋からコンデジでムービーを撮影してみました。 馬の上下動でかなりぶれた画面でしたがYoutubeのブレ止め機能で見やすくなりました。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ